営業マンが絶滅する日が来る未来

shutterstock_70933528

営業マンと言う職業の需要が下がる現代

日本で特に不足し、多くの企業が戦力になる人こそを欲している職業の一つとして営業職と言うものがあります。

そしてその営業職を行う人を指し日本には営業マンと言う言葉があります。

過酷な労働でありながらも、自分の腕次第では高額な給料を勝ち取ることも可能であり、ビジネスマンの代表として多くの社会人の、サラリーマンの代名詞とまで言われたこの営業マン。

実はこれからの社会の中で不要となって絶滅する恐れがあるのです。

実際アメリカでは今後5年間で営業マンの約22%にあたる100万人が仕事を失うと言うような調査結果を技術や市場の調査を得意とするアメリカの独立系の企業フォレスターリサーチ社が発表しました。

そしてコレはアメリカに倣えで国のシステムを作り、企業の形を整えてきた日本においても決して他人事ではありません。

一体何故営業マンが不要とされる社会になって行きつつあるのか?

どうしてこれからその傾向が強くなると言えるのか?

今回は日本人の多くが生活するために選んでいる職業でもある営業マンと言うものが不要となることについて説明し、これからの社会を考察してみました。

営業マンの精神根性論は受け入れられない社会

営業マンはどれほど多くの顧客を獲得するかが仕事に求められるものであり、スキルを磨くことよりも、そのあり方として精神根性論が日本では特に求められていました。

そうした顧客を訪ねてなんぼ、一年間に何足靴を履きつぶしたかで評価される、どれほど可能性が低くても食らいつけ。

と言うようなものが今の世界では当然通用いたしません。

そんな従来型の根性営業セオリーが段々通用しなくなって来たら今度は誰にでも有効とされる対人スキルを磨き、統計を取り、しっかりと検証した上で効果を発揮することが知れ渡ったものを武器とする量産型営業マンのような人たちが登場しました。

理論的なものの考え方と情報収集こそをメインとしたスタイリッシュなスタイルもまた多くの人の憧れの姿となった面もありますし、バブルがはじけ日本の経済状態が悪くなって来た頃から情ではなく利こそが優先されるようになったのは実に当たり前の事。

感情に訴えかけるのではなく理論に訴えかけて、共感よりも納得することで結果が出せるようになってきました。

しかし量産型の営業マンは直ぐにその価値を失いました。

誰にでも出来る事に価値はなく、情報化社会になって行きつつある中で、そうした情報は誰でも知れる、誰もが知ってるものとなる速度が加速したからです。

そうした社会の変化の中でも力を持った営業マンはまだ存在しています。

エースや凄腕などと言われるような営業マンは、お土産持っての会社の名前を残すための名刺を出すだけの単なる顔出しあいさつの営業訪問はしません。

顧客がその時に知りたかった情報などをお土産として持っていき、相手に会社だけでなく自分自身に価値があると言う印象を抱かせる営業をします。

そのために必要となるのは顧客の元を訪れる前の下準備です。

いま顧客が抱えている問題はあるか?その問題を解消するためにはどんな物が必要か?顧客が参加している市場はどういう動向をしているのか?競合するライバルについてはどうなのか?

訪れる回数よりも訪れた時の質を優先するのがそうした評価されるに値する営業マン。

何度も意味のないような訪問を繰り返す営業マンは寧ろうっとおしがられておしまい、自分の事を優先してことを進めようとする営業マンもまた面倒くさいでおしまい。

自分にとって価値のあるモノを選び抜いて提供してくれると言う印象を持った営業マンだけこそが生き抜いていける時代が今です。

営業マンを超える自分のために自分にあったものを提供してくれるもの

営業マンが求められるのは自分に必要なものを専門家として探して提供してくれるという事にこそあるという事が理解していただけたかと思います。

例えば自分が「安くて質は悪くても良いから数が欲しい」と思っている時「高いが質が良くて数が多い」自分の企業の物をうまく提供できるところが営業マン腕の見せ所であると言えます。

顧客の意向に完全に沿ったものばかりが自分の企業で提供できるものではないという所に営業マンの弱みがあるとも言えます。

そんな営業マンよりも自分が欲しいもの手に入れる手段がインターネットです。

例えば仕事でなにか抽象的だけども必要なものが見つかった時、営業マンに電話をかけて求めるような製品やサービスについて相談しますか?

それよりも先にインターネットで何か良いものがないか、あるいはそうした時にどうするかを調べたりを先にしますよね?

仮に最後はプロとしての力に頼ろうと営業マンに相談の電話をかけるとしても、インターネットで集まる情報ですむことなんていくらでもありますし、営業マンの提供するものよりも合致するものが見つかることだってあります。

インターネットで見つかるものは多くの場合、特定の顧客を意識しつつも何を求めてそれを欲しがるか分からない事が多いために、客観的な情報だけが多少装飾して書いてあるモノが多いですし、自分が知りたいことだけを的確に知ることが出来ます。

自分で調べるのはスマートフォンが当たり前の今の日本の世の中であれば、それこそ自分の都合でいつでもどこでもインターネットを利用してできる状態です。

アポイントを取って営業マンを呼ぶよりも、そのほうが便利で、時間を無駄にしない上に、得られる情報も幅広い。

正に量産型営業マンが価値がないとされた理由がそこにはあります。

そして時には量産型営業マン以上の物を提供できるエースや凄腕などと言われるような営業マンをも超えるものがインターネットには存在しているのです。

営業マンを絶滅させるモノ、オウンドメディア

営業マンの仕事を奪い、営業マンと言う職業を不要とさせる可能性のあるモノこそがオウンドメディアと言うものです。

オウンドメディアと言うものは広く定義すれば、自社所有の媒体全てを指していますが、広報誌や冊子、あるいはチラシや雑誌などに加えてWebサイトやブログと言ったものこそが主に注目を浴びています。

似た様な言葉としてPPC(ペイ・パー・クリック)広告、バナー広告等、支払を伴い費用対効果を重視するメディア、ペイドメディア。

ソーシャルネットワークのように、信用や評判の獲得を主目的とするメディアであるアーンドメディア。

などもありますがオウンドメディアとはそうしたWebサイト、ブログ等の自社所有のメディアで、多様なメディアを統合・補完するハブの役割を担うものを指しています。

様々な目的と役割を持つ各メディアを統合・補完しまとめることで、企業の評価を相乗的に高める役割を担うのがオウンドメディアです。

例えばペイドメディアは言ってしまえば看板であり、情報などの伝えたいことを十分に書き込むことは逆効果。

多くの人の目に触れるので印象をつけ、相手の意識に残すことには長けていますが、営業マンのように相手にコチラの伝えることを伝えるには不向きです。

アーンドメディアは、広告ほど字数の制限はありませんが、そもそも相手が見ようとしてくれなければ意識にさえも残りません。

内容を書き込むことに制限は殆どありませんし、熟読したり、一度作ればその後の手間は少ないですが、営業マンほど即応性はないですし、0から自社に興味を持ってもらうことは難しいです。

しかしオウンドメディアはそれら二つのメディアの長所を更に活かし、短所を補うことを目的としています。

それらのメディアの長所を合わせて考えたなら場合によっては、営業マンと言う人間以上に顧客に対して求められる存在となりうるのです。

顧客は自分の都合を優先してメディアを探し、企業は工夫とそれへの応対をするだけで自社の商品を並みの営業マン以上にメディアが売ってくれる。

こういう図式が出来上がったら以下に腕があろうと費用対効果を比べられてはそれ専門でいるわけも行かず、営業マンとしての看板はなくなるわけです。
 

営業マンはインターネット技術の習得をするのがオススメ

今後こうして益々技術の発達に伴い営業マンはその数を減らしていくこととなるでしょう。 確かに対人能力が必要ではなくなることなどなくなることはありませんが、それを直接合うのではなくインターネットを介して発揮する形へと移っていく可能性は否定できません。 過酷な労働であり別の手法で何とかできると考えたら営業マンと言う存在の不要性と言うのは喜ぶべきなのかもしれませんが、それで生活を維持していたり、営業マンである事が良いのだと言う人だっているものです。 そして何より自分が培ってきた経験を無駄にするのは耐え難いことだと思います。 そのため営業マンの方には今後インターネットでそうした営業に関して培われたものを流用するための技術を習得することをオススメします。 なにかが変わるという事は新しいなにかが生まれるという事。 そうしたチャンスを逃さないようにこれからの社会の動きに注目していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

営業マンが絶滅する日が来る未来
Reader Rating 2 Votes