世界平和を実現させるにはお金儲けは悪という洗脳を解け!

shutterstock_345188828

お金儲けが悪いことだと考えるから貧乏になる

今やお金儲けが悪いことという風潮は日本だけでなく世界的にも根強いです。

私は彼らを「悪金主義者」と呼んでいますが、近年では勢力を強めているように感じられます。

しかしそのような考えは逆に貧困を招き、お金儲けを正しいことと思わなければ豊かにはならないでしょう。

世界中の人々がお金儲けは正しいことだと誇れるようになれば世界平和が実現します。

お金儲けは悪という風潮はいつからか?

不景気が続く現代ではお金を稼ぐことに血道を上げることが嫌厭されるようになりましたが、かつてはそれが当たり前の時代がありました。

バブル時代(高度経済成長期)では多くの人がお金を稼ぐことに心血を注ぎ、まるで人の心すらお金で買えるような時代でした。

しかしバブル崩壊と共に時世を見誤った大勢が転落していく様を見ながら、自身も苦しい生活をしている人たちはどう思ったでしょうか。

お金は人の心を狂わせる恐ろしいものだ、この悲劇を子供たちに引き継いではならない…このような考えになったはずです。

そして生まれてくる子供たちにお金は悪いものだ、恐ろしいものだと吹聴して育てるようになりました。

自らが悪金主義者となって歳をとり、洗脳を受けた子供たちが成長して世の中に出てきます。

日本全体で悪金主義者の割合が多くなり、お金儲けは悪いことだという空気が蔓延するようになりました。

その結果お金儲けは醜いものとなり、誰も彼も大っぴらにお金の話をしなくなっています。

足るを知る人こそ性根が貧しい

しかし現代で暮らしていく上でもお金は無くてはならないものですし、誰しも少なからずお金を稼ぎたいという願望はあることでしょう。

そこで出てきたのが「足るを知る」、最低限食っていけるだけの稼ぎがあればいいという人々です。

一見すると欲深でない、程度を弁えた賢人のように見えますが私にはとんでもない自己中心的な人間に見えてしまいます。

例えばそのような人の元に生活苦から借金を申し込んだならば、どのような答えが返ってくるでしょうか。

同情はするがこちらも一杯一杯、悪いが貸せない…。他を当たってくれ。

相手を慮っているように聞こえる言葉ですがその実、自分を最優先に考え他者を平然と切り捨てる本性が透けて見えます。

次にお金儲けを是とし、食っていける以上のお金を持っている人に借金を申し込んだらどうでしょう。

人間関係もあるでしょうがこちらの信用があるならば幾分かは貸してくれるはずです。

世の中ではお金儲けを考える人は利己主義者だと言われますが実際の所は逆となります。

更に足るを知り、現状に満足してしまう人間は進歩する上で重要な向上心が失われます。

会社員ならば今の生活、貰える給料で満足しているから更に努力しようとはしません。

雇う側からすれば成長しない社員など要りません、今は良くてもいずれ解雇されることでしょう。

給料以外に仕事の価値を見出せず、現状で満足しようとするほど貧乏になっていくわけです。

お金は道具であることを忘れない

私は拝金主義者こそが悪金主義者が生まれる根源で、いなくなるべき存在だと思っています。

拝金主義者とは「お金こそ至上の存在」と考える人ことで、お金儲けを考える人とは異なる存在です。

簡単に言うと雑誌の裏によくあるお札のプールに入って悦に浸っている、またはそれを目標とするような人たちです。

お金は道具で使わなければ何の価値もありませんが、彼らはお金で満たされることを望んでいます。

拝金主義者は文字通りお金に目がくらんでいるので、正しく使う術を知りません。

悪金主義でなくともそのような人々を快く思う人はまずいないでしょう。

対してお金儲けを考える人はお金を正しく使うことを常に心がけています。

包丁が料理にも人を不幸にも使えるように、お金を正しく使うことを常に考えています。

そしてプロ選手が道具を大切に扱うように、人を幸せにする道具としてお金を愛しています。

お金儲けを是としている人と忌み嫌う人、どちらに多くのお金が集まるかは言うまでもありません。

自ら遠ざけているのですからなかなかお金は増えません。

お金が汚いものだと拒絶する人々が多い世の中は貧しくなりますし、素直に喜んで受け入れる人々が多い世の中は自然に豊かになります。

お金の使い方にもキレイ汚いがある

お金は道具ですが使い方にもキレイや汚いが存在します。

拝金主義者や悪金主義者は当たり前の様に汚い使い方をし、お金儲けを考える人はキレイな使い方を心掛けます。

お金を稼ぐことは難しいことですがキレイに使うことはそれ以上に難しいことを知っているからです。

ではキレイなお金の使い方とは何か、自分以外の誰かの喜びになるかどうかです。

まずは自分自身が喜んでお金を払うこと、次に相手も喜んで受け取ってくれなければなりません。

それだけでなく周囲の人々も喜んでくれる使い方が最上です。

例えば値段だけで商品を選んだり、値引きを求める人は汚いお金の使い方をしています。

値段を下げるということは売り手の利益が減ることになります。

自分の都合を押し付け相手に損をさせるので自分以外の人の喜びには繋がりません。

では値段を第一に考えないことがキレイなお金の使い方かというと少し違います。

売り手がどのような背景があってその値段に決めたかを察してお金を使うことです。

特に新しい商品やサービスでは、それを生み出すに至った経緯を尊重し感謝と共にお金を使う意識が必要です。

お金をキレイに使うという思考は稼ぐ上でも大きく左右されます。

例えば何か叶えたい夢があったとして、お金があれば叶えられると思っている人は稼げません。

お金は魔法の道具ではありませんので、使い方によって得られる結果も変化します。

ここで「儲ける」という言葉の意味について考えてみましょう。

辞書によれば儲けるとは「得をすること」とあり、得とは「成功すること」とあります。

お金儲けを考える人は常にみんなが得をする、成功するお金の使い方を考えています。

ではお金を稼げる人の思考はといえば、1+1を3以上にすることを常に考えています。

お金を稼ぐため常に新しい価値、誰かの喜びを生み出すことを考えています。

お金を使うときは自分と、自分以外の誰かが一緒に得をすることを考えています。

自分自身も新しい価値を生み出す苦労を知っているからこそ、価値を提供する人への尊敬も忘れません。

お金を払うとき、自分の都合を一方的に押し付けて相手に損をさせていませんか。

自分の財布の中身や経済状態で購入の基準を決めてはいませんか。

その商品やサービスの価値は値札に見合っているか考えていますか。

お金をキレイに使うことを考え始めると、徐々に悪金主義の洗脳が薄れて来ます。

お金をキレイに使って世界平和を

最初に「世界中の人々がお金儲けを考えれば世界は平和になる」といいました。 戦争ビジネスなどの存在を考えれば素直に頷けない人も多いことと思います。 しかし私は「金持ち喧嘩せず」という言葉の通り、みんなが豊かであれば戦争は減ると考えています。 その大前提として戦争と貧困は切り離せない間柄にあるということです。 歴史上の戦争の多くは背後に敵国の豊かな資源を収奪する意図があり、現在の紛争地帯の多くは貧困で喘いでいる国です。 政治的な背景はあれど戦争に至る動機を掘り下げていけばお金に起因します。 しかし世界中の人々が悪金主義の洗脳から脱し、お金儲けを考えるようになったらどうなるでしょう。 貰ったり奪ったりでなく、新しい価値を創り出すことに腐心するようになったらどうでしょうか。 当然お金を持つ多くの人たちがその価値にお金を払いますから、創り出した人たちは豊かになります。 これまで貧しかった国々にお金が集まれば世界の資産の偏りが是正されます。 価値を創り出せる人と奪うことしかできない人の優劣は決定的です。 そもそも人の頭から生み出される価値は石油や鉱石のように奪うことができません。 力ずくで奪おうとしても、その価値を守ろうとする抑止力が必ず現れます。 世界中の人々がお金にゆとりを持っていれば、力を貸したいと思う人のためにお金を出すことは厭わないでしょう。 そのためにはまず世界中の人々がお金儲けを正しいことだと知ることが必要です。 その下地には教育と、創り出された価値に感謝と尊敬を持ってお金を払う意識が不可欠です。 世界中の人々が次々と価値を生み出して豊かになれば戦争も起こらず、これは人類の進化ともいえるでしょう。 第一歩としてまずは自分からお金儲けに罪の意識を持たないことから始まります。 お金を払うときには購入する商品やサービスの価値を推し量り、感謝を以て対価を受け取りましょう。 お金を受け取るときは相手がどのようにお金を稼いだか、その苦労に尊敬の念を抱きましょう。 お金への罪悪感がない人が増えることで経済は循環し、更に多くの人を豊かにします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

世界平和を実現させるにはお金儲けは悪という洗脳を解け!
Reader Rating 1 Vote