追証などの信用取引の大事なところを理解して株式投資をレベルアップ!

shutterstock_196922900 (1)

追証などの重要ポイントを理解して、投売りを拾えるようになろう

追証を使うことにより、下げ相場での寄り底から入れるようにしましょう。

追証が発生したことによる強制的な投売りが出される時間はおおよそ決まっています。

むしろ、ある時間に集中的に売り玉が出てきます。

そのような時間を捉えて、買い向かって正常な値段になったときに売れば利益を上げることができます。

また、追証だけでなく信用規制を理解して明日からの相場に備えましょう。

  

追証とは

追証とは、委託保証金が規定の量に満たない場合に、規定の量まで増やすことを求められることです。

信用取引をしているときにのみ発生して、現物取引では追証が発生しません。

信用取引では、現金や株券を保証金、担保として証券会社に渡して、買い付け代金や売りつけ株式などを借りて、取引を行っています。

注意すべきは、担保としている株式は、時価で評価されることと、信用買い、売りした銘柄の含み損はその全額が保証金から差し引かれます。

このとき、全銘柄の合計の含み損と含み益を合算して、それでも含み損が多いときにその超過している含み損が保証金から引かれます。

追証と委託保証金

信用取引を行っているときには、追証に注意をしなくてはなりません。

追証が発生するときは、代用有価証券を委託していて、その代用有価証券が評価損を計上しているときに保証金としての評価が減り、追証が発生します。

次に、信用買い、売りの合計が含み損になりその含み損は保証金からすぐに拘束されて引かれるため、委託保証金が減ります。

委託保証金には、「最低委託保証金維持率」が定められています。

最低でも維持をすることが求められる保証金の維持率です。

この「最低保証金維持率」に達する額の保証金を「最低委託保証金」といいます。

「最低委託保証金」と今現在の「委託保証金」との差が最低委託保証金のほうが多いときにその差分が追証として支払いを求められます。

また、信用建て玉の多寡によらず、30万円は保証金として必ず求められます。

この追証は、正式名称は追加保証金といいます。

この追証を支払わなければ、強制決済が待っています。

強制決済は、FXのロスカットとは違って損失を限定するために行うものではありません。

つまり証券会社はもう守ってくれません。

強制決済は、寄り付きで成り行き注文により行われます。

追証が発生したときの各社の対応

松井証券では、維持率が25パーセント未満となった場合には、速やかに追証の差し入れか、既存建て玉の返済が必要になります。

また、維持率により追証の差し入れ期限が異なっています。

維持率が10パーセント以上、25パーセント未満の場合には追証発生時の翌々営業日の11時30分が期限となっています。

維持率が10パーセント未満となったときには、追証発生時の翌営業日の11時30分までとなっています。

追加保証金額は、追証発生日の審査時点の31パーセント回復相当額が求められます。

既存建て球を返済する場合には、返済した建て玉の建て約定代金に31パーセントを乗じたものが追証解消金額となります。

もし追証を支払わなければ、強制決済になります。

松井証券の一日信用取引では翌営業費の寄り付きで建て玉が強制的に決済されます。

SBI証券の場合を見ます。

SBI証券では、追加保証金の発生日から起算sにて、3営業日目までに追加保証金の解消が確認できないときには、4営業日目の寄り付きですべての建て玉を反対売買による強制決済が行われます。

反対売買により発生した決済益は追加保証金から控除はできません。

追加保証金が発生すると追加の売買はできなくなります。

楽天証券では、際入れ期限までに追証の解消がない場合には、すべての信用建て玉を任意で決済するものとしています。

受け渡し日までに不足金が必要になったら代用証券を任意で売却します。

売買手数料は、通常の料金ではなくオペレーター料金が適用されます
マネックス証券では、委託保証金率が25パーセントを下回った場合は翌々営業日が入金期限となり、追加保証金の入金、代表有価証券、建て玉評価損の減少、一部建て玉の決済などで保証金率が30パーセントを回復したら解消とする。

保証金率が20パーセントを下回るか、保障金額が30万円を下回ったときには入金期日がよく営業日となります。

期日までに、保証金維持率が回復できない場合には、身や苦情の決済注文はすべて取り消し、任意に建て玉を期限の翌営業日の寄り付きに反対売買により強制決算となるか、現引・現渡しが行われます。

カブドットコム証券では、30パーセントの委託保証金率を回復するように追証が発生します。

委託保証金率が25パーセントを下回ってから、翌々営業日の正午までに30パーセントの委託保証金率を回復せず、その後5営業日が経過するか20パーセントの委託保証金率を下回った場合には、任意に反対売買が行われます。

大体は翌営業の寄り付きです。

大手の野村證券では、追証発生日より起算して3営業日目までに入金されない場合には4営業日目に強制決済となりすべての建て玉を反対売買が行われます。

同じく大手の出し輪証券では、委託保証金が20パーセント未満となった場合には、翌営業日までに30パーセント以上となるように追加保証金を差し入れる必要があります。

追加保証金がよく営業日までの期日に差し入れがなかった場合には、追証発生から翌々営業日にすべての建て玉が自動的に反対売買されます。

GMOクリック証券では、委託保証金率が大引けを基準として委託保証金率が25パーセントを下回ったときには追加保証金が発生します。

委託保証金率が25パーセント未満、15パーセント以上のときには追証発生日の翌々営業日の15時まで、15パーセント未満の場合には追証発生のよく営業日の15時までが期日となっています。

その期日までに保証金の差し入れがなくて維持率を下回った状況が続く場合には、任意に信用建て玉がすべて決済されます。

追証が発生するその他理由、信用取引の代用掛け目

代用か掛け目の変更や増し担保などの理由により、保証金が足りないことがあります。

まず、代用掛け目について説明します。

代用掛け目とは、代用有価証券にかかわる比率です。

代用有価証券は、委託保証金にすることができる有価証券のことです。

証券会社などが代用有価証券のリスクの大きさなどに応じて「代用掛け目」が決まっていて、保証金とするときに時価を100としたときに何パーセントが保証金として認め荒れるかを定められています。

代用掛け目は通常は80パーセントとなっています。

相場の急落などで50パーセントなどに下がるときもあります。

また、いわゆるボロ株は保証金率が0パーセントとなっています。

追証が発生するその他理由、増し担保

増し担保規制とは、証券取引所が行う措置のひとつです。

信用取引における担保を通常よりも引き上げる措置を言います。

委託保証金率の引き上げや現金委託保証金率の設定などの措置がとられます。

しかし、規制前に建てられた建て玉の分に関しては増し担保規制の対象外となります。

これは制度信用取引にのみ適用されます。

一般信用取引ではこの規制によらずに取引できることもあります。

増し担保の規制では、委託保証金率が通常の30パーセントから50パーセントから70パーセントに引き上げられます。

それだけでなく、委託保証金のうちの現金比率までを制限されることもあります。

増し担保規制が行われることにより、売買高、出来高の現象、株価の急落などが発生します。

さて、増し担保規制は、日々好評銘柄として指定された銘柄のうちいくつかの条件を満たすと増し担保規制がかかります。

売買高の対上場株式数比率が15パーセント以上で、売り残高の対買い残比率が70パーセント以上の場合や、3営業費連続して各営業費の株価と各営業費時点の25日平均線との仮意が30パーセント以上のとき。

1営業費の株価とそのときの25日移動平均株価との乖離が40パーセント以上などの時には増し担保の規制がかかります。

追証投げのタイミングは「朝の寄り」です。

そのタイミングで追証投げがきます。 まず、間違いなく成り行きの注文でくることでしょう。 そのため、価格は上下に激しく動きます。 そのタイミングで入ることができれば十分に儲けを達成することができるでしょう。 信用で回転売買をしている人が信用規制の増し担保などを食らったときには買い付けることができる量が大幅に減ってしまうため、増し担保になるとそれまでの価格を維持することが困難になり、下げに転じてしまうことがあることもあります。 ただ、投売りが出るタイミングを理解していることで朝早くおきて板を確認するのが楽しみになりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

追証などの信用取引の大事なところを理解して株式投資をレベルアップ!
Reader Rating 2 Votes