超低位株を使って億れるかも!賢く億をめざす投資方法

shutterstock_349009931

超低位株を使うという投資法

超低位株はものすごく低い値段で取引されている株式です。

見た目の株価も、実際の価値、簿価なども低いです。

そのような株式を超低位株といいますが、超低位株がほかのまともに評価されている株式と同じような値段になったらどうでしょうか。

何倍というレベルでしょうね。

すぐに億を超えることも夢ではないかもしれません。

超低位株投資をお金がない人こそが儲けられる理由とは

お金を大量に持っている人だけが道楽でやるのが株式などと思ってはいないだろうか。

株式でも貧乏人が億る人になることができるものこそが株式なのだ。

だが、十分にいい銘柄などがわからないなどといってはないだろうか。

金持ちやファンド、証券会社などが見向きもしないが、爆発すると何倍にもなる株がある。

それは、売買される額が小さくて証券会社やファンド、基金などが入ったら自分が買ったらあがって、売ったら下がるというぐらいには取引量が少ないため大型のファンドや機関投資家が入ってこない。

そして、金持ちたちは毎日の動きの変動が少ないためあまり入ってこない。

そんな株を持っていて、爆発したとき、多くの裕福な金持ち個人投資家が殺到して買いが買いを呼ぶようなそんな相場をみたくはないか。

自分の手持ち株が二倍も三倍も上げるのを見たくはないか。

この投資方法こそが、貧乏人が、手持ちの金が少ないことを最大の武器にした戦い方です。

10円で1000株買って10,000円の投資ですね。

これが15円になったら、5000円の儲けになって利益率50パーセントになります。

超低位株を探して買うまで

超低位株は、株価が100円を割っているボロボロの株式をいいます。

星の数ほども100円以下の株式は存在しています。

そんなに数多くあるボロボロの超低位株の中からすぐにあがるやつってなんぞや、とお思いかもしれませんが、落ち着きましょう。

株式を探すときには、スクリーニングという便利ツールがあります。

世の中にあまたあるスクリーニングのウェブサイトがあります。

検索してとりあえずスクリーニングサイトにたどり着きましょう。

株価を100円以下に設定して、次のスクリーニングの方法によりボロボロだと評価されているいい銘柄を見つけましょう。

PER(株価収益率)は、10倍以下の収益の10倍未満の株価がついている株式を探します。

次に、PBRが1倍以下の1株あたり純資産額が現在の株価を下回っている株式を探します。

ROE(Return On Equity,資本収益率ともいい、発行済み株式の払い込み額で今年の利益を割ったもの、株式に対しての収益率がわかる)が10パーセントを超えていることも条件に入れます。

財務健全性が高いといいですが、ボロボロに評価されているところで健全性などの指標は役に立たないと思われます。

チャートをチェックします。

毎月上下を定期的に繰り返す銘柄もあります。

そういう銘柄の動きを確認をして、反転をしやすい株価を探します。

買いを入れるときには、株価が下がってきて、過去の底値に近いところで買いを入れます。

 

超低位株を買ってからは

株は、株式の売買をして利益をとるもので、安く買って高く売ると利益が出るようになるようになっています。

これが重要です。

言ってもできていない人が世の中には多いです。

株式を取引するときにはルールを決めてそのルールに沿って動くようにします。

超低位株を取引するときには次の5つのルールに従うようにすると損失を小さくして利益を大きくとることができるでしょう。

まずその一、購入金額の2パーセントを割ったら損切りをします。

といっても、1円下げたら損切りしなくてはならなくなるでしょうから、2パーセント程度を目安に自分でオリジナルの損切りラインをあらかじめ考えて参入しましょう。

その二、購入金額から10パーセントの利益を確保できたら利益確定しましょう。

利益確定とは利益を確定するための売りをすることです。

そして、5つめはとにかく保有銘柄数を増やすことです。

この五つ目はポートフォリオを構築するということです。

ポートフォリオは銘柄をいくつか入れたものです。

そのポートフォリオがプラスになればいいのでどれかわからないけどあがりそうな銘柄をいっぱい持っておくことはあがりそうな銘柄一本槍よりも確実にあがる可能性が高くなっています。

このような五つのルールを守って取引をしているとそんなに減ることはないでしょう。

また、超低位株が爆発したときにはその恩恵をこうむることができて、一億も夢ではなくなるでしょう。

超低位株で一番のリスクといえば、下がってもたかが知れているので、下がることはあまりリスクとはいえません。

一番のリスクは、「上場廃止」です。

上場廃止が持っている株式で決まった場合には、まず売りを入れます。

指値注文ではなく成り行きで。

もうこれは1秒でも早く逃げるが吉です。

怒涛の売りが始まり、ナイアガラの滝と呼ばれる、半端ではない下げを見ることができます。

その滝に自分が落ちていかないためにもすぐに売りを入れましょう。

ストップ安といって、取引できる最も下の限界で値が張り付いて動かなくなることもあります。

しかし、成り行きで売り注文を出しておくと、比例配分が行われて運がいいと買ってもらえるときがあります。

ただ、そこで逃げそびた場合には、株価数円からスタートするチキンレースが始まります。

チキンレース専門の個人投資家などがわらわら集まってきてチキンレースを繰り広げてなぜかあがったりすることもありますのでそこが最後の売り時です。

ここで売れなかったら二度と売ることはできないでしょう。

選んではいけない超低位株銘柄

上場廃止になるような銘柄を選んだ時点で自分の負けが決まっているのでそのような銘柄をえら場にことがもっとも重要なリスクヘッジの方法となってきます。

上場廃止になる銘柄の共通点を五つほど挙げます。

まず一つ目は、売り上げよりも有利子負債が多いことです。

特に、短期借入金などの1年以内、正常営業期間に支払いをしなくてはならないのに、すぐに現金化がすぐにできる流動資産の額が少なかったり、流動資産があっても棚卸資産ばかりだったりする場合には注意が必要です。

次に、利益剰余金が少ないというかマイナスがすごいことになっている場合にも注意が必要というか、その会社は今までに利益が出したことがあるのでしょうか。

今までの利益の積み立てが利益剰余金ですので、そこがハイパーにマイナスの場合には何かあるかもしれません。

だから超低位株なのですけど。

はい、次、三つ目は本業以外に手広く業務を広げている会社は、本業が儲かっていない可能性が高いです。

利益剰余金がマイナスでいろいろな滋養をしている会社とか、定款変更をしてこれからほかの事業にも広げることを宣言しちゃうような会社はカナリア歩合企業であると自分で言っているようなものなので、突撃を仕掛けないほうが賢明でしょう。

そして4つ目は、発行済み株式が多いことです。

ちょっと危険でしょうが、あまり気にするほどでもないかもしれません。

発行済み株式が多いこととは株券をすりまくって資金を調達しまくったということです。

事業投資をするときにお金が必要になることは多々あることですが、度重なったりいろいろとあったりするのは危険でしょうね。

そして上場廃止までは行かなくてもやる気のない株は避けたほうがいいでしょう。

やる気がないというのは、50円以下が定位置、定位置となってからずっと変わらずに、仕手筋ですら触ってくれないような株は資金を突っ込むだけ無駄というものですからやめたほうがいいかも知れません。

参考までに価格帯別の超低位株について一覧を作ってみました。

1円から10円で買える、超超低位株は、8107のキムラタン(東証1部)、9318アジア開発キャピタル(東証2部)、9898サハダイヤモンド(JASDAQ)があります。

次に、11円から49円で買える銘柄は25個程度あるのですが、東証1部の銘柄だと、5721エス・サイエンス、8918ランド、9704アゴーラホスピタリティーグループが該当します。

東証2部では1491中外鉱業、1757クレアホールディングス、1844大盛工業、2538ジャパン・フード&リカー・アライアンス、3647コネクトホールディングスなどがあります。

有名企業で200円以下を探してみたいと思います。

1821三井住友建設、2211不二家製パン、3101東洋紡、3103ユニチカ、3864三菱製紙、4004昭和電工、6703沖電気、6753シャープ、7003三井造船などが低位株としての有名企業として上げられます。

取り扱いには注意しよう

超低位株は、上場廃止というリスクを負わなくてはりませんが、それでも十分なメリットがありうることも頭に入れておいて、ニーサにでも突っ込んでおくのが一番の投資法かもしれません。 ただ、超低位株は上げるとすごく儲かりますが、逆も成り立ち少し下げてもすごいダメージを食らいますので、取扱は十分注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

超低位株を使って億れるかも!賢く億をめざす投資方法
Reader Rating 3 Votes