日本の教育はお金について教えてはくれない

shutterstock_179400563 (1)

あなたは学校や家で「お金について」を学びましたか?

日本の経済状況が悪いから日本人はお金に困っていると言われていますが私はそうは思いません。

私は日本人はお金についての教育を受けていない人が殆どだからお金に困る人が増えているのだと思います。

学校において教育でもそんな事は習った記憶はありませんし、家庭においても殆どの家庭で、お金についての稼ぎ方はもちろんの事、使い方や得がたさがはっきり言って全く教えられてはいません。

むしろ江戸時代など現代より前ならある程度はお金についての教育と言うのが日本でも為されていたと言えるでしょう。

義務教育の段階の学校で教わることは全部が全部社会に出てから役立つことばかりで無いと言うのは良いとしても、専門学校でさえも職業に必要なスキルは与えられたとしても肝心のお金について学ぶことなど殆どありません。

大学の経営学部や経済学部での内容についても同じことが言えます。

日本人はあまりにもお金について学ぶ機会が遅すぎるのからこそ社会に出てから詐欺にあったり、金銭管理が出来なくて苦しい思いをすることになるのです。

そこで今回は一体ここで言う「お金について」と言うのはどういう事なのか?を説明し、日本の教育に足りないと思われるものについて考察し、今後の教育についてどうして言ったら良いのかという事を述べていきたいと思います。

もしこの記事に興味が出た方は一度自身のこれまでの人生を振り返ってみて下さい。

あなたは学校や家で「お金について」を学んだことがありましたか?

意外と足りないお金の稼ぎ方についての教育

最初の教育の問題点についてあげるとするならお金の稼ぎ方について教わっていないという事が言えます。

勿論ここで言うお金の稼ぎ方とは何も物を売ったり、労働したらお金がもらえるとかそういう事ではないです。

社会において何がお金になるのかという事や、お金を稼ぐのに実際に必要になるようなことです。

そうだからこそどれほど良い大学を出ていようが新卒採用されない卒業生が登場したり、資格コレクターと言うような状態の無職の人が登場するのです。

例えば大学や高校を卒業後に一般企業と言われるところで働くケースが多いのですから、パソコンの操作や最低限の書類作成技術と形式、社員になることが前提なのですから部下や上司との人間関係構築スキルやマナーや常識として求められるもの。

そうしたことぐらいは即戦力を求める企業の多さからして絶対に必要な事となります。

しかしそうしたこと自体の教育はおろか、そうしたことがどれほど重要な事柄となるかを学校や家庭では教えてはくれません。

医者や弁護士、教師などの資格が必要となる職業に進む人、専門学校を出てそうした技術でもって食べていこうと言う方にしても「お金の稼ぎ方」の教育に関しては行われません。

技術や知識がいかにあろうとその業種において生活する上で注意すべき事や常識は勿論、必要なのは過去の歴史よりも大事な今の業界についての情報や平均収入、あるいは評価されている企業などの事。

そうしたことを学校で教わった方は恐らくいらっしゃられないでしょう。

接客やサービスについての職業がこんなにも多く存在するのにそうしたことへのスキルや知識を教えるという学校がないのも不思議な事です。

お金を稼ぐのに必要な事の技術とそれに関しての知識のみが学校で教育することで、後は社会に出てから独学が当たり前となってきたなら、それは社会の経済状態が悪くなってきた時に一部の人だけがお金について安心できる社会となってくるのも当たり前です。

お金の使い方を日本の家庭では教えてくれない

次に挙げられる教育の問題点として子供のころに学校でも家庭でも基本的にお金の使い方が教えられないことにあります。

基本的にお金の大切さや使い方と言うものについては子供のころに学んでおかなければ中々身につかないというのは良くある話です。

子供の情操教育がどうとかの話はネットや各種メディアでも良く耳にしますよね?

子供のころに与えられた情報が大人になったときに影響を与えるからとこれほど言われているのにも拘らず、子供のころにお金に関して教育をしっかりしてあげようという事は何故か話題に上りません。

お金がなくなるという事がどういう事を招くのか?お金と言うものを稼ぐのがどれほど大変な事なのか?そうしたことをしっかりと子供のころから教育してあげたら危機感を感じることが出来るでしょう。

お金を稼ぐための発想や、お金を手に入れるためにどんなことをするといいのかという教育は高校生ぐらいになったらむしろしてあげるべきでしょう。

そうでないから40代になってから貯金がなくて焦ると言う人もいますし、計画性なく3年以内に離職すると言う人だって出てくるようになっていると言うところもあるのです。

良くも悪くもお金を稼ぐのに必要なのは知識と慣れと考え方です。

そしてそうしたものは子供の方が大人よりも習得するのにかかる時間が少なく済みます。

実際に稼げるかどうかという事以上にお金について考えたり、損をするという事を体感させてあげた方が大人になってから始めるよりも効率的な所があるのです。

お金についての教育をする大人に教育するスキルがない

私は子供に対してしっかりとお金について教育していると言う人もいらっしゃるでしょう。

しかしその教育が果たして子供のためになっているのか考えてみて欲しいと思います。

例えばお金がないとイライラしたり憂鬱になった状態で「お金は大事だ!」という事をいくら子供に言ったとしても子供にはお金がある状態が良いと言うのを知ることが出来ません。

子供と言う経験値が何に対しても不足している状態において何かが良くて何かが悪いという事を両方見せて、その違いを教えてあげないといけないのです。

ないと辛いという事ばかり教育したとしてもそれでは「そういう大人が悪い」「そういう事を言わない大人が良い」と言う認識をされることになるだけです。

他にも例えば、自分が見せてあげられていないものばかりを如何に良いものだと語ったところで子供はその良さが経験値不足によって想像することができません。

少ない経験値で理解するために必要な事は体感させてあげるか、示して比較してその差を教えてあげるかしないと難しいのです。

大人になっても初めてするような仕事をする時同じような事を感じたことってありませんか?

具体的に見せてもらってもよく分からなかったけど、やっているうちにやっと理解できた仕事の仕方、どうなるのが正解か分からなかったけど成功例と失敗例を出されると直ぐに分かったこと。

ある程度生きて経験を積んで大人になってからだって、そうしたことがあるのです。

それなのにそれより圧倒的に経験値がない子供に同じ事をしても効果が無いと言うのは当然です。

お金についての教育の必要性を感じれていない

日本がお金についての教育をしないのは殆どの人がその教育の必要性を感じることがないからでもあります。

日本人は基本的に「普通」や「常識」と言うものを好みますが そのことがお金について教育を必要だと感じさせない要因にもなっているのです。

例えば自分が年収300万円で低所得者だと知った時に、「多くの人がそうなっているんだから仕方がない」と思ったことはありませんか?

あるいは「学校では教わることをただ勉強して、大学まで出てから社会に出てから社会について学んでいくのが普通だ」と思っていたり、今思っている人はいませんか?

今やグローバルスタンダードな世の中において競争して勝ち取る精神がなければ辛い目に合うというのにも拘らず、日本において自分の周りだけを見て「自分は普通だ」と安心してしまってはいませんでしたか?

こうして聞かれたときに思い当たるところがある人だったなら、その多くの人はお金について教育する必要性を感じれていなかった人です。

少しでも人より有利になろう、普通という事を越えていこう。

そうした思いがあったのならば自分自身もそうあろうとするだけでなく、自分の子供にもそうなって欲しいとお金について教育する必要性と言うものを感じることが出来る人が多かったはずです。

まっていたところでバブルの時代はもう日本にはやってきません。

お金についての教育の必要性を理解して普通以上を目指す必要が今の日本社会にはあるのです。
 

お金についての教育をちゃんとしてあげたなら

ここまででお金についての教育が如何にされていないのかが分かっていただけたと思います。 これは何も子供にして挙げられなかったと反省すべきことでも、自分がされなかったと嘆くべきことでもありません。 もし子供に関る機会がある人ならばこれからしてあげたら良いでしょう。 もし部下として入ってきた人に思うところがあったのならば、不足していたお金について教育してあげることも出来るでしょう。 自分が不足していたと思うのであれば身につける努力をすれば良いのです。 お金についてそうした教育と言うものがさなれるようになってきたなら今の日本の経済状態で「どうしていったら良いのか?」「何をするべきなのか?」という事を最低でも考えて行動できるようにはなるでしょう。 嘆くより、憤るより、何かを為すことができるという事こそがお金に困っている時に必要な事です。 お金についての教育がしっかりするのが当たり前の世の中になれば人生をもっと楽しむことが出来る人が増える国に日本もなるに違いありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

日本の教育はお金について教えてはくれない
Reader Rating 3 Votes