インターネットビジネスでお金を稼ぐ入門編!文章の書き方

shutterstock_179997488 (1)

インターネットビジネスでお金を稼ぎたい人へ

日本経済が徐々に良くなってきているとメディアや政府は言いますがそれを実感している人はあまり多くはないでしょう。

節約するにも限界が来て、いよいよ更なる増税とマイナンバーなどの導入によるお金の心配をする人の数は更に多くなってきています。

そんな中多くの人が副業などによるお金を稼ぐ方法について注目しており、その中でもインターネットビジネスでのお金を稼ぐ方法に挑戦している人も多いです。

しかし今やインターネットビジネスと言うものの種類はかなりあり、大金を稼ぐのはもちろんの事、1万円を越えるような収入を作ろうと思ったら中々難しいと言う現状もあります。

プログラムやアプリの開発のように専門知識やスキルを要するものや、クリエイターと呼ばれる人やイラストレーターなどの最初に才能やセンスと言う壁にぶち当たるものも多いです。

FXを初めとする投資系はそもそも一定の金額が必要となり失うリスクもありますし、生兵法で手を出して結果損をする人も数多くいます。

投資するためのお金がなくても物さえあればオークションやインターネットショップなどで物を売るという選択肢もありますがそれだって結局は物がなければ始まりません。

これまであげてきたようなものが出来ない、と言う方の多くは誰にでもできる簡単な事と言う選択肢を選ぶ人が多いでしょう。

しかし誰にでもできるような単純作業やポイントサイトでは1ヶ月頑張ってやって3000円前後と言う結果に終わることも少なくありません。

では一体インターネットで稼ぐ方法として何を最初に始めてみたら良いのか?

そう聞かれたらその答えは文章を書くことだと私は答えます。

今回は文章を書くことこそをインターネットビジネスでのお金の稼ぎ方をするのに最初にやるのをオススメする理由を述べ、文章を書く上で必要な事やそれによって得ることが出来るようになるものについて述べさせていただきます。

何故文章を書くことから始めたら良いのか?

最初にインターネットビジネスでお金を稼ぐ方法への入門として、文章を書くことから始めたほうが良いという3つの理由について説明させていただきます。

1つ目はインターネットビジネスにおいてもお金を稼ぐ方法として一番手っ取り早い方法は労働力を売ることにあるからです。

労働力としてそこそこの単価が期待できるのはやはりその労働力の需要がある程度あるモノであるのが当たり前の事であり、現在「在宅ライター」と言う仕事に結構な需要があるのです。

在宅ライターと言うのは呼んで字のごとく、ご自分の家にいながら文章を書く人たちの事。

そうした人たちが何故求められるのかと言うとその理由の殆どは別のインターネットビジネスで使うための「メディアの記事作成代行」のためです。

インターネットビジネスでのお金を稼ぐ方法にサイトやブログなどのメディアを作ることで行うものがある訳ですが、コレにはコンテンツとして記事がある程度必要です。

ようはそうした記事を代わりに書いてくれる人を探しているのです。

その為それをするための労働力が比較的高値で買っていただけるという訳です。

二つ目の理由として殆どの人が文章を書くことや読むことをプログラムを組んだり絵を描いたりする以上には経験値を積んでいるという事にあります。

全く何もしたことが無いと言う人でも日本語が読めないと言う人は日本人にはいませんし、日本語で文章が書けないという人はそもそも日本でインターネットビジネスに挑戦しようと言う人には少ないでしょう。

その為最初はまず文章を書くと言うある程度の経験のある事をするのが、インターネットでお金を稼ぐ方法の最初に専門知識やスキル、あるいは才能やセンスに自信の無いと言う方にはオススメするポイントとなるのです。

最後の三つ目は色々な情報収集をすることになれることが出来るからです。

この事については次のところで深く語らせていただきます。

こうした3つが最初にインターネットビジネスでお金を稼ぐ方法として、文章を書くことから始めると良いと言う理由です。

文章を書く上で必要な事

インターネットビジネスでお金を稼ぐ方法の手始めにまず文章を書くという方法をご紹介しましたが、では文章を書く上で何が必要となってくるのかについて触れていきたいと思います。

最初に必要とされるものは勿論「言語力」です。

日本語が分かって書けたらお金を稼ぐことができるかと言うともちろんそんな事はありません。

表現力や語彙に乏しく、言葉遣いや言い回しがあまりにも稚拙であったり、文章構成がおかしいものでは評価に値せずそもそも価値がつきません。

そのため「言語力」に自信のない方はまずそれを身につける必要があります。

どうするのかと言うと文章をまず読むこと。

本などでも勿論良いのですが、インターネットビジネスで使うための「言語力」ですから、インターネットで文章を読み込むようにした方が効率的です。

そして次に必要となるのが「情報収集能力」です。

何かについて書こうと思った時に自分の既に知っている事ばかりで文章を構成することができると言うのは中々に稀な事であり、古い情報については知識としての価値はあっても情報としての価値がありません。

一般的に需要のあるのはインターネットビジネスにおいては情報についての事です。

そのため如何に必要な情報を早く確実に集めることが出来るのか?集めた情報の何が必要な事なのか?集めた情報をどう活用するのか?

そうした「情報収集能力」がインターネットビジネスに役立てる文章を書くためには必要不可欠であると言えます。

それらを身につけようと思うならとにかくやること以外に方法はありません。

慣れと経験こそがものを言うので、まずは自分の興味のある事や知りたいことなどから情報を色々調べることに慣れることから始めてみると良いでしょう。

そして最後に挙げる必要なものがオリジナリティです。

纏めるだけのサイトに使うコピー&ペーストなら誰でも出来ますし、引用だらけの文章と言うのはその文章を書いた人以外への興味をもたれておしまいです。

知識や経験もそうですが、書き方やモノの捉え方や表現の仕方を自分にあったものを使い「自分の成果」として文章を作り上げるためにオリジナリティと言うのはどうしても必要となってきます。

これに関してはとにかく興味関心を持ったものに対して考える癖を付けることです。

文章化するのにも慣れが必要ですが、それ以上に何かの情報に触れたときに自分の思考がどれほど動くかが現代社会に生きる人はどうしても鍛えられにくい環境化にあるからです。

こうしたことを鍛えつつ、文章を書くことを始めていくことをインターネットビジネスでしていくことにより、文章を書くことで鍛えられたものがより大きなお金の稼ぐ方法へと繋がることになって行きます。

文章を書くことで身に付けることの出来るもの

インターネットビジネスにおいて文章を書くことで1ヶ月数万円まで稼げるようになるだけの状況になってきたとしたなら更に纏まったお金を稼ぐ方法に挑戦するという事ができるようになってきます。

そのまま誰かに記事を提供するライターを続けていてもより割りの良い仕事が判断できるようにもなっていますし、評価されれば依頼料もまた増えていきます。

別のインターネットビジネスとしてアフィリエイトやグーグルアドセンズを初めとするアドネットワークを利用したインターネットビジネスでの収入を獲得するのに挑戦することも出来ます。

少し変わったところだと小説などを書く方向性に転向しての印税と言う不労所得獲得に回ってみると言うのも一つの手です。

文章を書くという行為は誰もが出来る事でありながらもそれがお金になるほどのものだと評価されるようなレベルになるまでにはかなりの経験と習熟が必要ですが、逆に言ってしまえばそこまでのレベルになりさえすれば他のインターネットビジネスでのお金を稼ぐ方法への挑戦権が獲得できるようにもなることであり、正にインターネットビジネス入門として相応しいことの一つだと言えます。
 

文章を書いてお金を稼ぐことが出来るようになると

インターネットビジネスでお金を稼ぐ方法全般において言えることですが、可能な限り新しい情報を確実に掴むのが成功の鍵なのです。 そしてその情報を如何に自分の利益にすることができるかと考える事ができる人こそ成功者となります。 文章を書くことになれるという事はそうした新しい情報に気を配ることと、物事についての素早い思考と理解を養ってくれることの訓練になり、多くの人が価値を感じることが出来ない情報の中から利益を見出すことが出来るようになれる可能性が大きくなることなのです。 そうして考えたなら、文章を書くということは何もインターネットビジネスにおいてのお金を稼ぐ方法の糧になるばかりではありません。 お金を稼ぐ方法として当たり前に私達がしている労働収入を得るときにも、新しい制度やシステムの導入が始まることで増える税金に対する対策にも、普段の生活の節約にだって情報収集能力と思考力を活かすことはできます。 スキルも知識もまだないけれど、インターネットビジネスをこれから始めようと思う方は是非一度この文章を書くという事から始めてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

インターネットビジネスでお金を稼ぐ入門編!文章の書き方
Reader Rating 1 Vote