戦国武将に学ぶお金の稼ぎ方

shutterstock_169178867

お金を稼ぐ上で一番必要なものを教えてくれる意外な人たち

お金を稼ぐために一番必要なものはなんだと思いますか?

才能やセンス、あるいは資本金、人脈や努力など色々なものが必要な事として考えられますがどれも一番必要なものと言うには少し違います。

では、お金を稼ぐために一番必要な事とは一体なんなのかと言うと心構えや考え方でこそあると言えます。

どんな才能やセンスがあろうとそれをお金を稼ごうとして使う方法を知らなければ正に宝の持ち腐れ、資本金がいくらあろうとその運用方法を誤ったらどんな大金も一瞬で消し飛びます。

どれほど人脈があろうと努力することが出来ようとお金を稼ぐための心構えや考え方が本人になければそれらを活かすことなどできません。

そのためお金を稼ぐのに一番必要なものは心構えや考え方、つまりマインドの部分であるという事ができます。

そしてまた、そうしたマインドの部分であれば何も高いお金を払ってセミナーに参加したり、情報商材を買い込んだり、インターネットに溢れる情報に踊らされることなく得ることができます。

時代が変わろうと、手段が変わろうと人間の本質的なマインドの部分に大きな変化はなく、昔の人の言葉やそうしたことが書いてある本から学べるからです。

今回そうしたお金を稼ぐためのマインドの参考にする人たちとしてなんと戦国武将を取り上げてみました。

戦国武将に学ぶお金を稼ぐためのマインドとは一体どんなものがあるのか興味はありませんか?

何故戦国武将にお金を稼ぐマインドを学ぶのか?

最初に何故戦国武将をお金を稼ぐためのマインドの部分の参考にするのかについて触れていきたいと思います。

戦国武将と言う人たちは今で語られるようになるまでの歴史に様々な背景を背負っている事が最初に言えます。

平民だった豊臣秀吉、うつけと呼ばれた織田信長、壮絶な幼少期を過ごした末に家督を継いだ毛利元就など上げるときりがないほどです。

つまりそうした成功者として名前を残した戦国武将は思考やマインドこそが重要だった職業であったという事も出来るのです。

次に何よりそうした戦国武将たちについての本や、彼らの残した名言などが多く、誰でも簡単に知ることができると言うのも参考にしたポイントです。

どれほど素晴らしい人であろうと、どれほど結果を残した人でも耳慣れない人の言葉だったり本だったりを参考にするのは少し信頼性にかけると言うものですが戦国武将として名前を多くの日本人が知っている人たちならばそのへんの問題をクリアできます。

そして何より、戦国武将たちに必要とされた考え方やマインドが現代社会のお金の稼ぎ方にとても参考になるものが多いからです。

戦国時代が始まった時からその地位が高かったと言う人はメジャーな戦国武将の人には実は殆どいません。

一部の支配者層による独占支配と言う状態が崩れた中、今こそ好機として立ち上がった人が多く現れたのが戦国時代の始まりであり、その中で結果を残した人が今でも多くの人にその名を知られているのです。

情報化社会が進み、大企業の社員の年収を超える収入を得ることができるような元サラリーマンや主婦の方が登場してきた今の日本の社会はそうした時代に似ているとは思いませんか?

誰もが参加できるビジネスが登場し、必要な資本が金ばかりではなくなっている今だからこそ、戦国武将の人たちにお金を稼ぐための考え方やマインドを学ぶことが出来るのです。

では次からはいよいよどんな考え方やマインドが参考になるかを紹介していきます。

戦国武将、武田信玄に学ぶお金を稼ぐためのマインド

お金を稼ぐための最初の参考としてあげるのは戦国武将の中でも知将として名高い武田信玄です。

武田信玄の数々の名言やその逸話がビジネスに役立つとして紹介されている事も多いのでそこまで目新しいことではございませんが、それだけ参考になるところがあると言えるでしょう。

お金の稼ぎ方の参考として最初に参考になるところは既存の価値観に捕らえられることのない発想です。

例えば武田家は源氏の流れをくむ名家の生まれでしたが、人材登用に関して年功や出身は重視せず、実力主義を採ったことで知られています。

他にも当主が全てを決めるのが当たり前の事であったその時代に合議制を採用し、重要事項は会議で決めるようにしたという所、ボーナスを即金で部下に渡したり、福利厚生や治水などに力を入れたと言う革新的な事を実行しています。

それまで考え付かなかったことや実行に移されなかったことを実行してその結果が成功に繋がっています。

インターネットビジネス然り、給料を貰うための労働然り、時代の流れに敏感でないと経済状態の悪い日本ではあっという間にライバルに利益を奪われることになります。

お金を稼ぐ方法として有効なものは、やはり既存にない新しいものの提供にこそあるのです。

勿論武田信玄の革新的な事ばかりが功をそうしたわけではありません。

他にも武田信玄から学ぶことが出来るマインドのポイントは「人間」と言うものに注目したという事にあります。

よく語られる武田信玄の名言に「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり。」と言うものがありますように武田信玄は、結局何をなすにも人が関ることならその本質は人にあるのだという考えを持っていました。

インターネットビジネスであろうと、クリエイティブな仕事であろうと結局それを良いと判断してくれる人がお金を払ってくれているのです。

お金を稼ぐのに辺り、結局評価してくれる人、お金を払ってくれる人の事を考える事ができなければ結果につなげることなんてできないのです。

こうしたところが武田信玄と言う戦国武将から学べるお金を稼ぐために必要なマインドや考え方であると言えるでしょう。

戦国武将、毛利元就に学ぶお金を稼ぐためのマインド

次にお金を稼ぐマインドの参考にしたいと思う戦国武将は毛利元就です。

彼は小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大し、中国地方の覇者となったことで有名な戦国武将です。

「戦国最高の知将」「謀神」などと後世評される毛利元就は用意周到かつ合理的な策略及び危険を顧みない駆け引きで、自軍を勝利へ導く稀代の策略家であったと言えます。

そしてそんなところこそが現代社会でお金を稼ぐためにとても参考になります。

例えば毛利元就が残した名言に「一年の計は春にあり 一月の計は朔にあり 一日の計は鶏鳴にあり」と言うものがあります。

これはつまり何事も最初が肝心であり、その段階でしっかりと目標立てや準備が出来ないでいたことはうまくいかないという事を教えてくれる名言です。

お金を稼ぐためのマインドとしてこれは正に至言。

何をやるにしても最初と言うのは肝心で、どれほど人より早くやれるか?どれほど早く取り組むことが出来るかという事はもちろんの事、初期段階の計画性や初手の内容は非常に重要です。

他にも彼の名言として「中国地方の全部とは愚かなことだ。天下を全部持つようにと祈ればよいものを。天下を取ろうとすれば、だんだん中国地方は取れる。中国地方だけを取ろうと思えば、どうして取れるだろうか」と言うものがあります。

これは目標を持つことの大切さ、大きな目標を持ったほうがいい理由、そして明確な目標を段階的にこなすことの大切さを教えてくれます。

現代社会でお金を稼ぐためにはとにかく先ずは目標と手段をしっかりと定めることをしなければ大きな損をしたり無駄な事をする可能性があります。

メイン収入として毎月20万円を目指すと言う目標なのにポイントサイトを一生懸命利用するのは非現実的ですし、計画性もなく100万円を手に入れることを目指すと言う目標を持つのも賢いとは言えません。

いきなりただ「お金を稼ぐ」と言う思いだけで何かをしようとしてもうまくはいかないものです。

実際のところいくらのお金を稼ぐ必要があるのかを考え、そのための手段としては何事もうまくいくと言う甘い考えをせずにややそれよりも大きな収入を得ることができそうなものを選び、それを為すために着実な段階を踏んでいくことが大事なのです。

そうした所が戦国武将、毛利元就より学ぶことが出来るお金を稼ぐためのマインドや考え方です。

戦国武将、豊臣秀吉に学ぶお金を稼ぐためのマインド

最後にこの記事で御紹介するお金を稼ぐために必要なマインドを学ぶ参考にする戦国武将は誰よりも成り上がったとして名を残した豊臣秀吉です。

最初に学びたいと思うようなマインドは時代の流れを読む力です。

彼は織田信長と言う日本人なら知らない人が少ないであろう人物が大成する前から付き従って生きてきました。

時には過激に革新的な事をしたとして有名な織田信長ですが、そんな彼だからこそついていくのに理があると豊臣秀吉は思ったのでしょう。

忠臣として働き続け、彼の側にいる事で次々と色々な事を吸収し成長していったのは歴史を見れば誰にでも分かることです。

今の時代は新しいものが次々と生まれ、古いものはドンドン廃れていく時代です。

例え自分が今は何もそうしたことに挑戦する力がなくとも、成功するであろうことや人物を見出し、それに合わせた行動をすると言うのもまたお金を稼ぐのに有効な手段です。

そしてもう一つお金を稼ぐ為のマインドとして参考になる所は信長亡き後、秀吉の時代が来た時に、自分が吸収したことをそのまま全部使っての統治をしなかったところにあると言えます。

つまり学んだことをオリジナリティを加えたりすることでより良い形にしたところです。

何もないところから何かを生み出すと言うのは誰もが出来る事ではありません。

しかし誰かのまねをしたり、同じ事をしても成功するのは難しいです。

そのため自分が学んだものを基準にそこにオリジナリティを加えて自分のものとすることで、価値ある別のものとするのが有効な手段の一つです。

最初から自分で生み出すことは難しくとも知識や経験を増やす努力で成功を収めることが出来るという事をこの戦国武将からは学ぶことができると言えます。
 

お金を稼ぐのに必要な事は自分にあったマインドや考え方

お金を稼ぐのに参考にとここでは3名の戦国武将を紹介させていただきましたがその誰もが一番重視していたものはそれぞれ微妙に違うのです。 そしてそうしたところもまたお金を稼ぐのに必要なマインドや考え方であるとも言えます。 なぜなら自分にあったお金の稼ぎ方や、それをなすのに必要なマインドや考え方も変わるからです。 自分にあった、あるいは必要なマインドや考え方を学んでお金を稼ぐことを成功させましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

戦国武将に学ぶお金の稼ぎ方
Reader Rating 2 Votes