金持ちは絶対に幸せで貧乏人はかならずしも不幸なのだろうか?

shutterstock_324079568

周りのみんなは貧乏じゃない?

皆さんは普段「お金」について考えることはありますか?

おそらくほとんどの方が毎日考えるのではないでしょうか。


テレビや雑誌を見て、「この芸能人はいくら稼いでいるんだろう?お金になんて困らないんだろうな、羨ましい」などと考えたりしたことはありませんか?

私は毎日思いますね、

芸能人だけでなく周りの友人や知人に対してもふと考えてしまうことがあるのです。

お金に困らない幸せな生活をするには

あなたは、今、貧乏でしょうか。 

お金持ちになりたいでしょうか。

今よりもっと楽しい人生を送りたいと思いませんか?

ではどうすれば更にお金を手に入れられるのでしょうか?

真面目に仕事と向き会うことができれ大抵はなれるでしょう。

働けばお金は貰えるのだから。

しかし実際お金は手元に残らない・・。

大半の方は、衣・食・住ある生活を毎日過ごしていると思います。

しかし、今、目の前にある全ての物が、いきなり消えたとしたら、どうしますか。

きっと考えられない方が、大半だと思います。

実は私は、いきなり全てを失いドン底に落ち自殺までも考えたことがあるのです。

ですが、そのおかげで幸せになる方法を見つけました。 
 

いきなり全てが消えた日

実体験の話ですが、約一年前の話です。

私は、結婚をし子供も居て、普通の暮らしをしていました。

ある日、いつも通り家を出て仕事を済ませて帰宅をしました。

そして玄関を開けた時、足がすくみ言葉も出ない現実を見たのです。

朝まであった全ての物が、無くなり、空き家状態になっていました。

家族誰一人いない、持ち金も無い、あったのは、私の布団だけでした。

私には、両親、兄弟も居ないので相談出来る人さえ居ません。

何が起きたのか自分でも分からず、ただただ、無言のまま朝を迎えました。

会社に行き同僚や上司に話しましたが、誰も信じて貰えず私の家に来て皆、言葉を失いました。
 

誕生日の日に生まれ変わる

数日後、私は誕生日を迎えました。

仕事から帰宅した自宅に、寂しく静まり返った家に突然来客がありました。

こんな時間に誰だろう?と玄関を開けると幼い我が子が『お誕生日おめでとう』と折り紙をクシャクシャにして作ったケーキを持って来てくれたのです。

私は、人生最大と言っても良いくらいの喜びを感じました。

すると子供が『僕、ここで一緒に住みたい。一緒に居たいよ』とテレビも家具も食べ物も何も無い家、そして、私の所に戻って来てくれたのです。

離婚成立後、私は自分を選んでくれた子供の為に必死になりました。

人に頭を下げることが、大の苦手な私でしたが、とにかく周りの人達に頭を下げ、余った食材を頂き子供だけは、何か食べさせようという一心で毎日を過ごしました。
 

お金が無いから気付けた大切さ

皆さんは、「ありがとう」「ごめんなさい」を素直に言えていますか。

感謝の気持ちを持って人と接していますか。

私は、今まで、何度「ごめんなさい」「ありがとう」と言った事が、あったでしょうか。

人を大切に思った事が、あったでしょうか。

おそらく無いに等しいくらい少ないでしょう。

しかし、離婚を期に言葉の大切さ周り人の重大さに気付けました。

子供は、小さいから留守番は、出来ません。

からと言って、私は、子供を育てる為に働かなければいけません。

そんな時、子供の世話をしてくれた勤めていた会社の上司でした。

お金も食べる物も無く、水だけで子供と過した日もありました。

そんな中何かしら食材を分けてくれた近所の方々の暖かさ。

今では、心の底から「ありがとうございます」「ごめんなさい」と言えるようになりました。

出会えた一人ひとりの人達を大切に思えるようになりました。

意地を張るのは簡単な事で、素直になるのはとても難しい事ですよね。

しかし、本当に幸せな道を歩みたいのであれば、素直になることだったのです。
 

お金の恐ろしさ

ときにお金は、恐ろしい武器になることもあります。

人との繋がりをいとも簡単に壊してしまったり、人間の性格を変えてしまうことさえあります。

もしかするとそれがその人の本性であったのかもしれません。

給料前の金欠時など金銭的余裕が、無いだけでイライラしたりしませんか。

子供や親、大切なパートナーに当たったりした事は、ありませんか。

金銭的トラブルが、発生すれば些細な事で親友を失ったり、死に追い込まれたりもします。

お金が理由で自殺する人も多いのが現実です。

その反面、笑顔にしてくれるのもやはりお金です。

小さい子でも、お小遣いを貰えば、とびっきりの笑顔を見せますよね。

私達大人も給料日というのは、笑顔になれる日です。 

人間、笑顔が1番大切です。

笑顔を掴むためには、毎日を懸命に過ごすことです。

仕事が、出来ない環境だと言う人。

それは外で仕事が出来ないのであり、頭を切り替えて家でお金を産んむことができだろうかと考えましょう。

家の片付けなどをしてみて下さい。

使えるけれども要らないという物は無いですか。

それを直ぐに捨ててませんか。

考えなしに捨てるのは辞めて下さい。

全ての物をお金と思って下さい。

今ではリサイクルショップや携帯サイト、色んな場所で色んな物を売ることが、出来ます。

モノを作ったのもまたお金なのです。

そして要らないものは捨てたのだと思って、売れたお金は使わないで貯めておきましょう。

家も綺麗になり、お金も少しずつ貯まる様に工夫するば笑顔になれるのではないでしょうか。

心にゆとりができ、次第に物を大切にする習慣が身に付きます。

物を大切にすれば無駄な出費が減ります。

お金の入口が狭いのなら、節約でお金の出口も狭くするのです。

お金持ちになりましょう

お金持ちになる夢は誰しもが一度は、いえ、常に抱えている夢だと思います。

本気でその夢を叶えたい人は、その為に懸命に働いたり、節約したり努力しているのでないでしょうか。

そして誰しもが最初っからお金持ちな訳ではありません。

苦労したからこそ、お金持ちになれるのです。

今、自分は貧乏だと思っている人、それは今の生活が当たり前になり欲が強くなっているだけなのではないですか?

本当の貧乏なら今ここを見て下さる事は出来ないはずです。

携帯やパソコン、車、自転車、全ての物が、当たり前の所有品になっているだけで、それは贅沢品です。

私のこの文章すら見ることはないのです。

私は、離婚して車も失い会社までの片道約一時間の道のりを息子抱えて歩いていました。

交通機関を利用すれば楽ですが、利用しないのはお金の為です。

バス代を払うお金があれば、野菜がひとつでも買えます。

子供にお菓子を買い与えることができます。

子供の笑顔が見れるのなら私はどんな事でもきついとは思いません。

小さな事でも、ひとつひとつ積み重ねれば大きくなります。

お金は寂しがり屋なので少しづつ仲間を増やしてあげるのです。

裕福な生活を手に入れる為に今日から出来ること

裕福な生活を手に入れたいのであれば今日から感謝の気持ちを持ち素直になる事です。

いきなり自分を変えるのはとてつもなく難しいですよね。

しかし、薄い紙を一枚ずつ重ねるように少しずつなら出来るはずです。

全ての物を大切にして下さい。

綺麗に大事に使えば買ってくれる人が、現れます。

周りの全ての物に感謝し色んな方と素直に向きあえば、相手も応じてくれます。

そこから色んな道が、見えてきます。

そうする事でお金との縁も生まれます。

お金の本当の価値を知りましょう。

いきなりのドン底生活から約一年。

色んな人に出会い色んな人に助けられ私は今、小さいながらも自営を始めました。

子供の事を考えると働ける時間が、限られてきます。

そんな悩みを打ち明け聞いてくれた人が私に起業を進めてくれました。

最初は、その人に付いて回って仕事を覚えるのに必死でしたが接客業で、色んな人と出会いそして、「ありがとう」と言って貰えます。

その言葉、笑顔を見ると今の仕事を始めて良かったと思えます。

今では、あの辛かった日に感謝です。

ドン底生活を味合わなかったら、私は、お金持ちになる道が、開けなかったでしょう。

ドン底に落ちたからこそ上へ上へ登れるのです。

また、落ちたとしても一度、味わっているのですから怖くないですよ。

貧乏人だからこそ立ち向かっていけるのです。

心の財布で笑顔というお金をみんなに配るのです。

    賢いお金との付き合い方とは?

    今この時代は『衣・食・住』で成り立ってますが、前提がお金なのです。 お店や通販で服をお金で購入する。 スーパーやコンビニで食べ物を買う。 家賃を払い家に住む。 全てお金が無いと成り立たないのです。 だからこそ仕事をし、お金を稼ぐ必要があります。 仕事は自分の時間を対価にしてこそ手に入れられる『物』なのです。 時間は自分の生命、寿命までのカウントダウンの数時間、数日、数十年なのですから、私たちは自分の命を売りお金をお金を手に入れている。 私はそう考えます。 時間のある貧乏な私だからこそ価値のあるお金を手に入れられる、そう信じて今日も働くのです。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

    金持ちは絶対に幸せで貧乏人はかならずしも不幸なのだろうか?
    Reader Rating 2 Votes