宝くじ高額当選者に共通する当たる秘訣について

shutterstock_282085217 (1)

高額当選する確率を高くするコツがあった!

もし何億円もの宝くじが当たったら、なんて夢のような想像をしたことありませんか。

宝くじは日本だけでなく世界各地で販売されていますが規模が日本ではありえないほど、海外の宝くじの当選額は何兆円にもなることがあり驚きですね。

日本では残念ながらそのような超高額な宝くじはありませんが、実は高額当選をする確立を上げるポイントがあるのです。

連番がバラにするか

絶対に当たるワケないと思いながらも、誰もが必ず想像してしまう「もし当たったら」の瞬間。

何億円もの金額がある日突然手に入ったら夢のようですね。

宝くじには当たりやすくなる購入方法があります。

一般的には番号を連続して買う方法と、番号をバラで買う方法があります。

連番は下1桁の番号を連続して、ぶっ通しと呼ばれるものは下2桁を連続して買う方法があります。

100枚を連続番号で購入すると、必ず6等が当たる計算になりますね。

またバラで買う時のコツですが、タテバラと呼ばれる購入方法があり、これは同じ組で前後している番号を購入する方法です。

またダブルやトリプルと呼ばれる方法は、同じ番号を数枚購入する方法で、少額当選しても枚数が多いため額が大きくなる可能性があります。

しかしこの買い方は宝くじの在庫によって買えないこともありますのでご注意くださいね。

当選金額が大きい年末ジャンボではユニットで買えるダブルやトリプルで購入する方も多いようです。

宝くじは夢を買うもの、といわれていますが、当たらなければ単なる無駄使いになっています。

でも買ってみないとそのチャンスはやってこない為、皆さん諦め半分でも心のどこかでも「もしかしたら」って必ず期待していますよね。

宝くじはバラで買うか連番で買うか大変気になる点ですが一番良い方法はバラも連番も購入することです。

これで当たる確率は少しは高くなりますよね。

また当選額の最高額を狙うのかもしくは本数が多い当選額を狙うのか、それによっても購入の方法が変わってしまいます。

今までなんとなく宝くじを買っていた方、今度は注意してみましょうね。

絶対に一等が当たる購入方法

宝くじの購入方法は番号をバラにするか連番にするかが最大のポイントになります。

どうしても1等を当てたい時には実は必ず当たる方法があるのです。

しかしこれは出資額も高額になるため得をする方法ではありません。

確実に高額当選をする方法は1000万枚の1ユニットをまるごと買う方法です。

宝くじの1等は1ユニットに1本になっているため、1000万枚を買えば必ず高額当選することになります。

では一体いくらの金額が必要になるのでしょうか。

宝くじは1枚300円、1000万枚を購入するには30億円が必要になります。

1等の当選額は3億3000万円なので明らかに損をしてしまいます。

しかし、1等だけでなく1ユニットには前後賞をはじめ2等から5等まで、また特別賞も当たる可能性もありますので、合計すると13億円近い当選金額になります。

しかし宝くじを購入するために必要になる金額を考えると、かなりの損失になってしまいます。

絶対に1等がある方法はこれしかありません。

投資のつもりで30億円を使える方は、少しでも当選額がある宝くじに使ったほうが確実ですね。

現実的ではありませんが、宝くじはそこまでしないと当たらないほど確率は低いものです。

でも実際に高額当選者がいるわけですから、いつか当たる可能性が少なからず誰にでもありますよね。

年末ジャンボやロトくじなど色々な種類が販売されていますが、絶対にハズれると思って買ってしまうとちょっとつまらないですよね。

当選した時の事を想像しながら素敵な夢を買いましょう。

また少しでも確率が上がるように工夫をすることも大切です。
 

当たる売り場で買う

年末ジャンボの発売日になると長蛇の列ができる人気の売り場が日本各地にあります。

都内でもっとも有名なのが西銀座のチャンスセンター。

メディアでも取材されるほど大変有名ですが、実際にこちらの売り場からは高額当選がでるスポットで、各地からわざわざ購入しに訪れる方がたくさんいます。

当たる売り場を見つけるには売り場の看板などをチェックしてみましょう。

当選くじがでた場所では、いつ、いくらのくじがこの売り場から出た、と宣伝文句のように書かれています。

このような当たる売り場は購入者が多い為に当選者がでやすいとも言われていますが、縁起担ぎで買っていく人も決して少なくはありませんね。

他にも当たる売り場として有名なのが名古屋名駅前のチャンスセンター、横浜ダイヤモンド地下の横浜ダイヤモンドチャンスセンター、東京都立川駅北口の立川ルミネチャンスセンターなどがあります。

高額当選がでた売り場は意外と各地にありますので、どうせ購入するなら運がありそうな売り場を狙うのもよい方法ですね。

ネットで検索すると高額当選がでた売り場がすぐにわかりますので、いつもの売り場が入っているかどうか、チャックしてみましょう。

どこで宝くじを買っても一緒、なんて諦めないでくださいね。

絶対に当てる気持ちがないと、運気を逃してしまうかもしれませんよ。

年末ジャンボ宝くじは、日ごろ宝くじを買わない人でもついつい気になって買ってしまうほど話題になります。

当たったらまず何をしようか、色々な想像を巡らせておきましょう。

宝くじはそんな楽しいひと時を味わえる点も魅力ですね。

<h3確率の高いくじを買う

年末ジャンボ宝くじは1等3億3000万円。

高額当選をする可能性がありますが、この夢のような金額があたる確率は1000万分の1程度だと言われています。

もしかしたら、と期待したい気持ちはわかりますが、高額金額が簡単に当たる確率ではありません。

そこで結果重視したい人には当たる確率が高いくじをオススメします。

その一つがチャリロトです。

当たる確率は480万分の1といわれていますので、年末ジャンボ宝くじに比べると、当たる確率は高くなります。

当選金額の最高額は12億円ですから、金額も多く当たる確率も高くなるメリットがあります。

しかし、どんな宝くじでも絶対に当たる確率はありません。

ユニットごと買う意外には絶対に当選する方法はないのです。

少しでも確率が高いほうがモチベーションも上がりますよね。

絶対に当たらないと思いながら買うよりも、もしかしたらという可能性を抱いて買ったほうが宝くじをさらに楽しめるのです。

また他にもスクラッチやロトくじなど、色々なタイプが販売されていますので当たりそうなくじを選んで購入してみましょう。

参考までに宝くじがあった場合ですが、当選金額を換金できるのはみずほ銀行のみとなっています。

当選額が1万円以下の場合はどの銀行でも換金は可能ですが、高額当選をした場合にはみずほ銀行に行きましょう。

当選金額は当日に受け取ることは不可能で、はじめは100万円を受け取り、残額は口座に振り込まれるようになっています。

当たりやすい人の特徴

宝くじを当てるならば、高額当選する人に共通する特徴を参考にしてみましょう。

まず最初に注意したい点は絶対に当たると前向きな気持ちを持っている事です。

半信半疑では金運も逃げてしまうのか、高額当選した人は疑って購入した人は少ないようです。

当たった後の予定を具体的にたてたり、お金の使い道をすでに決めている人など、絶対に当たるという強い信念が幸運をもたらしてくれるのかもしれませんね。

また高額当選者に多い苗字ですが、イニシャルがKの人だとも言われています。

男性のイニシャルではTK、女性の場合はMKさんが多いようなので、もし自分の苗字がKが付いていない時は、知り合いのKさんにお願いして買ってもらうのも当たる秘訣になるかもしれません。

名前はあくまでも統計上の事ですから絶対ではありませんが、共通する点としてぜひ参考にしておきましょう。

また宝くじに当選した人は購入歴が10年以上もある人が多く、全体で半分以上となっています。

期間を長く挑戦しているので当たる確率も上がる計算になりますね。

買い始めてから5年以下の方は当選者のうち、10%となっていますので生まれて初めて買った宝くじで高額当選するなんて夢のような話は現実にはおこらないようです。

そして当選者に共通する点が宝くじを買う枚数が10枚と、決して多すぎない点も特徴になります。

たくさん買えば当たる確率は高くなりますが、はずれた時のショックは大きいですよね。

金銭的な損失とともに精神的な落胆のほうが大きくなるかもしれません。

宝くじで億万長者になりたいのはすべての人に共通する夢なのです。
 

当たると信じて宝くじを購入しよう

くじは絶対に当たる方法はありませんが、多少は確率を高くするコツがあります。 次回の宝くじを購入する時にぜひ参考にしてくださいね。 もしかしたら一等当選の夢が叶うチャンスがくるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

宝くじ高額当選者に共通する当たる秘訣について
Reader Rating 3 Votes