夫婦共働き家庭の経済事情とお金についてまとめてみました!

shutterstock_130173545 (1)

夫婦共働きはもう当たり前!?

昔は夫は働きに出て、奥さんは家にいて家庭を守るというのが日本人家庭の当たり前の考え方でした。

しかし現代、男女平等の観点からも奥さんも外に出て働くというスタイルが定着してきています。

理由は様々でしょう。

不景気の影響で夫の収入だけではやっていけない、妻だから家にいなきゃいけないというのは納得できないなどなど。
皆さんの家庭ではどうでしょうか?

結婚して夫婦共働きになっても社会に出て働くのは女性の権利!!

結婚したから、出産したから仕事を辞める。そういう女性も多いでしょう。

しかし、家庭に入ったからといってもう二度と働きに出ないという考え方には賛否両論あるようです。

結婚や出産を機に「辞める」というのではなく、「休む」という考え方を持つ女性が増えているというのです。

女性だから男性より能力が劣るなどという考え方が昔はあったようですが、それはナンセンスですね。

女性も同じ人間なのですから、力が弱いという体力的な差を除けば男性と何ら変わりはありません。

むしろ女性だからこそ出来る仕事もあるのです。女性が持つ柔らかな接し方や柔軟な考え方は男性にはなかなか難しいものです。

それを活かした仕事で、女性にももっと活躍してもらおうという企業もかなりあります。

結婚や出産を機に、もう働きたくないという女性は別にして、外で働き、収入を得るというのは女性の権利でもあるのです。

夫婦共働きによる家庭の経済事情とは?

夫の収入だけでは満足出来ない、生活が苦しい、という家庭も多い現代。

結婚前は働いていた女性が、その経験を活かして結婚後も働き続けるというのは、家計の観点から見ると、とても有効な手段です。

未経験の仕事に就くのとは違い、勝手知ったる仕事で収入を得る方が圧倒的に有利ですよね?

子供が受験することになった、住宅ローンを組んだ、たまには海外旅行も行きたいなどなど、理由は様々ですが、夫婦共働きを選択する主な理由はやはり、まとまったお金が必要になったというのがあるのではないでしょうか?

子供が小さくて手が掛かるなどの理由から働きたくても働けない女性も多いですが、「女性の就労意識」で検索してみると、やはり「自分も外に働きに出たい」という女性がいかに多いかが分かります。

その主な理由はやはり「夫の収入だけでは生活が苦しい」「働きに出ることでいろんな人と接したい」「自分の可能性を広げたい」が挙げられています。

 

夫婦共働きによるメリットとデメリットとは?

では、夫婦共働きをすると、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

物事には必ずと言って良い程、メリットとデメリットが存在します。

夫婦共働きにも同様にメリットとデメリットがあると考えられます。

まずはメリットから。

夫婦共働きの最大のメリットはやはり「収入が増える」ことでしょう。夫の収入に加えて妻の収入があるわけですから当然と言えます。

正社員・契約社員でなくても、パート労働でも収入が増やせます。これは家計面でのメリットですね。

女性自身のメリットはどうでしょう。家庭に閉じこもっているのではなく、いろんな人との接点が持てます。

人と接するのが好きという方には魅力的です。或いは、先にも述べた通り、仕事を通じて自分の可能性を見出したり広げたりすることも出来ます。

社会に出て働くということは、人と接して人に見られるということで、女性の意識も変わります。これがいつまでも若々しくいられる秘訣になるとも言われているのです。
次にデメリット。

まずは一番考えられるのが夫とのすれ違い生活に陥る可能性があるということではないでしょうか?仕事が違えば勤務内容も時間も違っていて当たり前です。

休みも合わなくなって、ひどいと「ただ一緒に暮らしているだけ」なんてことにもなりかねません。

共働き夫婦の全てがそうだとは決して言えません。

中にはそういった問題を上手にクリアしている夫婦も多いでしょう。

つまり、それだけお互いの話し合いと理解・協力が必要だということになります。

また、経済的デメリットを見てみると、夫の扶養から外されてしまい、確定申告や年末調整を受けて税金を払わなくてはならなくなる場合が多いということでしょうか。

30代以上の夫婦共働きで、女性が選ぶ雇用形態で人気があるのは?

一般に企業での雇用形態には、正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトといろいろあります。

それぞれの雇用形態にはやはりそれなりの制約がありますから、賃金や勤務内容にも当然、差が出てきます。

では、30代の既婚女性が夫婦共働きとして外に働きに出る場合、そのような雇用形態を選んでいるでしょうか?

ネット上で調べてみると、やはり「正社員」は現実的に難しいと受け取られているようです。

元々結婚前から正社員で働いていた会社を休職していて、それを再開するというパターンでないと難しいのかも知れません。

そんな理由からか、圧倒的に人気があるのはやはり契約社員や派遣社員のようです。

パートやアルバイトでは収入が少なく、安定もしないというイメージがあるようですね。
実際、契約社員でも派遣社員でも、お給料は正社員同様ある程度の基準の下ではありますが、比較的安定しています。

また、家計的に問題がないのなら社会保険にも加入出来ます。

夫婦共働きでも夫の扶養から外れない為の基礎知識を復習しておきましょう!

まず知っておきたいのは、夫の会社で扶養対象となるのは2種類あるということ。

1つは税務上の扶養。もう1つは社会保険上の扶養です。

それぞれ、妻の1年間の収入に上限が設けられています。

税務上の扶養を受けるには妻の収入は年103万円以下、社会保険上の扶養を受けるには130万円以下と定められています。

実際はこの税務上の上限103万以下を目安に働く女性が多いようです。

しかし、税金と社会保険では毎月負担する金額には大きく差があります。

であるならば、一概には言えませんが、税金は諦めて社会保険上の上限130万円ぎりぎりまで働いても大きな損にはなりにくいとも考えられます。

夫婦共働きが損か得か、やりたいことがあるのかないのかを慎重に考えてからでも遅くない!?

これまでにも述べてきたように、夫婦共働きにも様々な理由があります。必要に迫られて働きに出るということもあるでしょう。 ただ、やみくもに仕事を選んで働いても、続けられないようでは家計の助けにはなりません。 ですから夫とも充分話し合って、納得して続けられる仕事を選びましょう。 お金は関係ない。ただ、外に出て働きたいんだというだけなら夫さえ納得してくれれば何の問題もありません。 しかし、家計の為にという理由があるなら、収入の金額ももちろんですが、それに掛かる税金や社会保険のことまでをしっかり考えないと、 夫婦の時間、子供との時間を犠牲にして働いているのにたいして家計の助けになっていないなんてことにもなりかねませんよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

夫婦共働き家庭の経済事情とお金についてまとめてみました!
Reader Rating 2 Votes