働き方をかえていく~在宅ワークの仕事とは

shutterstock_168161747

最近耳にする在宅ワークで働き方を変えてみる

一昔前は在宅ワークというと、内職などがあげられて、補助的な仕事というイメージが強かったのですが、東日本大震災以降、会社員であっても在宅ワークができるように会社が制度を整えたりし、出社しなくても仕事ができる仕組みを作っているところもでてきたりしています。

これから少子高齢化になる日本、女性は、結婚や育児などでフルタイムで働くことを断念せざるを得なくなってきています。

しかし、少子高齢化により雇用者の減少を食い止める為にも、これからの働き方に在宅ワークというのは欠かせなくなってきています。

欧米などでは、在宅ワークを専門に行って生計を立てている人もいます。

これからの日本も在宅ワークも一つの働き方になる可能性が高い仕事だと思います。

在宅ワークにはどんなものがある

一言で在宅ワークといってもいろいろあります。

今までは、データ入力やテープおこし、シール貼りなど内職に近いものがイメージつきやすいと思います。

今でもこの仕事は、在宅ワークや副業として人気の高い仕事になっています。

その他にもインターネットが当たり前になっている現代ならではの仕事として、webデザイナーやライター、webサイトなどのディレクションなどのような仕事も在宅ワークとして目立ってきています。

また、在宅ワークというほど収入にはならないですが、モニターやアンケートサイトに登録することで、新商品などのいろいろな商品をいち早く試すことができます。

アンケートに答えるだけでポイントがもらえて知らない間にポイントがたまって商品券などに変える事ができれば、楽しみながらおこずかいをもらうことができます。

おなじく、ネット系の在宅ワークの副業となっているのが、アフェリエイトです。

自身のブログやメールマガジンなどで、商品のバナーを貼って、ブログを見た人などがその商品を購入した場合に、その広告収入がはいってくる仕組みになっています。

手軽にできてすぐに収入になりそうな感じですが、成功している人は少ないのが現状です。

そんな在宅ワークの中で、最近の新しい働き方として注目されているのが、テレワークという在宅ワークです。

テレワークというと電話の仕事のようにうけとられがちですが、テレワークのテレは離れたところを意味し、ワークは仕事を意味する造語です。

テレワークは、時間や場所にしばられず仕事をする働き方を意味します。
http://www.japan-telework.or.jp/intro/tw_about.html
日本テレワーク協会

在宅ワークのひとつテレワークとは?

在宅ワークとテレワークの大きな違いは、今まで会社で行ってきた仕事を会社から離れた場所で行えるということです。

ITCを活用した新しい在宅ワークとして注目されてきています。

ITCというのはInformation and Communication Technologyの略で、日本語では情報通信技術という意味です。

インターネットなどのネットが発達した今、仕事の内容によっては、必ずしも仕事場にいって仕事をしなければいけないということがなくなりつつあります。

テレワークを活用することによって、個人にとって働きやすくなる環境が整う他、会社にとってもコストの削減などのメリットがあります。

例えば、地方にいても本社の人とITCを利用して同じように在宅ワークで仕事ができる。

あるいは介護や育児の必要がある人などもITCを利用して在宅ワークをする人が増えてきています。

欧米ではこういった働き方を導入している会社がいくつもあります。

また、在宅ワークの仕事を専門的に行っているバーチャルアシスタントやパーソナルアシスタントという名前として専門職になっており、その仕事で生計を立てている人もいます。そのくらい在宅ワークというのは、海外では普通のことになっています。

働く時間やお給料は自分次第の厳しい一面もあり

データ入力やテープおこしなどの在宅ワークは、単価が安い所が大半であり、量をこなさないと一定のお給料になりません。

好きな時に働くことができますが、量をこなす必要があるためスピードと時間が必要になります。

テレワークにしても、仕事場が会社でないだけで仕事の内容は変わることはないので、それだけ効率性を求められます。

さらに、テレワークをする必要がある人は、介護や育児などのなんらかの理由で会社に通勤できないという人なので、仕事プラス用事もこなさないといけないので在宅ワークにしていても自分が時間を管理して仕事をこなしていかないといけないので、大変です。

在宅ワークのメリットデメリットとは?

在宅ワークのメリットは、通勤時間がなくなるので通勤に時間をかけている人などはかなり時間を有効につかえるようになります。

特に、天候や事故で電車が遅れた場合などは、満員電車などで通勤するハメになってしまい、会社に行くだけでかなりの体力を消耗することになります。

そういった通勤時のストレスから解放されます。

介護や育児などを行っている人は、いつもケアしなければいけない人を見守りながら仕事をすることができます。

在宅ワークなので、自分で仕事のスケジュールなどを組め、ネットや電話などで会社とも連絡をすぐとることができます。

逆に在宅ワークのデメリットは、自分1人で仕事をこなしていくので、ついついテレビをみてしまったり、私用電話がかかってきたり、仕事だけに集中できる環境をつくりだすことが難しいことがあります。

計画的に仕事を進めていかないと仕事も遅れてしまうし、納期などがある場合、相手に迷惑をかける事になってしまいます。

一方、テレワークという在宅ワークを会社が導入することは、さまざまなメリットがあるといわれています。

例えば、電力消費量の削減によるCO2の削減、オフィススペース、社員の交通費やペーパーなどの色々なコストの削減につながります。

また優秀な社員を流出しないというメリットもあります。

しかしその反面、みんなが会社という場所にきて一緒に仕事をしなくなるので、社員のチームワークや共感がうすれてしまうのではないかという危惧もあります。

在宅ワークに向いていない人は

ほとんどの人間は、誘惑に弱く、意思が弱いものですが、在宅ワークに向いていない人は、自己管理ができない人です。

在宅ワークは、自分の仕事を見ている人はいませんので、どんな格好でもどんな状態で行っていても文句はいわれないので、その分自分に甘くなってしまいがちです。

在宅ワークを行う必要がない人やさびしがり屋の人などには1人でもくもくと行う在宅ワークは向いていないかもしれません。

自己管理に厳しく効率的に仕事を行う人が在宅ワークには向いているといえますが、そうでなくても、介護や育児、その他病気などでどうしても在宅ワークが必要な人は、テレワークを行うことで、効率的な仕事の仕方などに変わっていかざるをえなくなるかもしれません。

人間は、その時の状況に応じて適応できる能力をもっています。

その為、在宅ワークに向いている人や向いていない人というのは基本存在しないのかもしれません。

在宅ワークを行うにあたって必要なことは

在宅ワークといってもさまざまな仕事があります。

データ入力などネットで気軽にできる仕事から、テレワークのように普通に仕事をこなす方法などがあります。

自分がどのくらいの収入を得たいのか、何が得意なのかを見極める必要があります。

もし、おこずかい程度で気軽にはじめたいのであれば、アンケートやモニターから登録してはじめてみることができます。

インターネットがあれば、手軽に在宅ワークを場所をとらず手軽にはじめることができます。

最近は、クラウドワークスなどで簡単な在宅ワークを紹介しているサイトなどもあります。

もしくは、会社で働きつづけたいけれど将来的に会社に通勤するのは難しいということであれば、テレワークができる会社で働くということも選択肢のひとつだと思います。

テレワークを導入している会社は、日本テレワーク協会のホームページや総務省のテレワークのページで探すことができます。

もしくは、自分の会社にもテレワークを導入するよう会社に提案することで会社の働き方全体がかわるかもしれません。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/index.htm
総務省ホームページ
http://www.japan-telework.or.jp/intro/tw_effect.html
日本テレワーク協会ホームページ

今後の在宅ワークの動き

さまざまな在宅ワークがありますが、今国をあげて推奨しているのが在宅ワークのひとつテレワークです。 日本は少子高齢化を迎えて、人口構造が急激にかわりつつあります。高齢者の方が若い人よりも多くなる将来においては、働き手が減少していくことが予想されます。そのためには、 さまざまな働き方が必要になるからです。 また、今東京一極化になっており、地方の過疎化が深刻になっています。国全体を活性化させるためには、やはり地方の活性化がかかせません。 その為にも場所を必要としない在宅ワークは必要だと考えられているのです。 また、地球温暖化などでの二酸化炭素の削減が日本だけでなく世界中で求められています。 地球にも優しい働き方をする必要がでてくるようになってきたからです。 欧米では普通になっている働き方が、今後日本でも近い将来普通になってくるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

働き方をかえていく~在宅ワークの仕事とは
Reader Rating 1 Vote