バイトでばっくれる前に考えて欲しい5つのこと

shutterstock_283787861

問題提起・共感

あなた自身に経験があるかどうかはわかりませんが、学生時代を振り返ってみてください。

あなたの周りにもバイトを突然辞めてしまった人がいた経験がある人は多いはずです。

アルバイトとは言っても収入を得る点については仕事の1つことが言えます。仕事と考えると辞めるときにもそれなりにしっかりとした手順を踏むことが必要になります。

それでもバイト自分自身の立場を誤って認識してしまう人のが少なくないのも現実です。

あなたも見たり聞いたりした事があるはずです。

「バイトをばっくれた」言葉を。

社会人の世界において「無断欠勤」といわれる行動を繰り返して、そのままバイトに行かなくなってしまうパターンが「バイトをばっくれる」ことだと言われています。

本人にはそれほど深刻な問題意識はない場合が多く、そしてその被害を受けたバイト先についてもその事によって受けた被害について何かしらの行動を起こすことは多くはありません。

しかし、バイトといっても収入を得る立場である以上は責任をもった行動を取ることが求められている事に対する意識が低い人が起こす行動の典型が「ばっくれる」事です。

それでは、「バイトをばっくれる」行動がどのような人たちにどのくらいの影響を与えてしまうのか、そしてバイト先にどのくらいの被害が出るのかを考えてみるとどうでしょう。

問題意識なく、軽い気持ちでとった行動がどのような影響を及ぼしているのか、そして時にはあなた自身にどのような影響が及ぶものなのかをまとめてみることにします。

①「ばっくれる」とは?

そもそも「ばっくれる」のはどのような状態のことをいうのでしょうか。若い世代の人たちは日常の中で当然のように飛び交う言葉なので説明を受ける必要はないはずです。

同類の言葉として「とぶ」等表現が使われる場合もあります。意味としては連絡なく居なくなり連絡が取れなくなるような意味です。

バイトのケースで言うと無断欠勤のまま来なくなる事です。

バイトで「ばっくれる」のは若い世代では日常的に周りで起こっていると言えるくらい多くの人が自ら行動したり、見たり、聞いたりしている現象となっているのが現状と言えます。

それでは何故「ばっくれる」行動に出るのでしょうか。

アルバイトを休む場合でも通常であればバイト先に連絡をいれて理由を伝えたうえで休むのが当然のことです。

「ばっくれる」人の場合でも、多くのケースでは初めはバイト先に連絡をいれて休む形をとっています。

それが重なり徐々に休みの連絡を入れづらくなってくると「ばっくれる」事になります。

受け入れ先のバイト先側としては「合わない」や「向いてない」など、何かしらの理由があるのであれば辞める意思を表示すれば良いと考えるのが普通ですが、そうならないのが現実です。

なぜ辞める意思表示をせずに「ばっくれる」無断欠勤や退職行動になるのでしょうか。

「ばっくれる」行動を取る側にはその行動を甘く見ている傾向が強いと言えます。

「どうせ会うことないし」「連絡を無視しておけば良い」等といった考えから、わざわざ理由を考えてバイト先に伝えて辞める行動を避けるのがこの行動の傾向だと言えます。

その理由としては「面倒くさい」や「どうせバイトだし」と言った責任感に欠けた考えがある事になります。

これは若い世代に多い傾向はありますが年齢関係なく起こっています。

「辞めさせてもらえないのでは」とか「怒られたり、小言言われたりする」等といった事に対しての不安や面倒さから「ばっくれる」中高年も実は少なくない現実もあります。

「バイトだから」理由で自分には責任や義務はない誤った認識を持っているのが「ばっくれる」人たちに共通している点だと言えます。

②「どうせバイト」考え

私自身もアルバイトをしている時のは頭のどこかで「どうせバイトだし」考えを持っていたのも事実です。

そして多くの人が同じように考えていたり、考えているのが現実と言えます。

この「どうせバイト」考え方にはどのような意識が隠されているのでしょうか。

人によって多少の差はあって当然ですが、共通しているのは「自分には責任はない」考え方です。

確かにアルバイトの人に何か問題が起こった場合の責任を押し付けるケースは多くはありません。

しかし、だからといって全く責任がない考え方は大きな間違いだと言えます。

バイトといっても職場で働き、バイトの職種によっては職場のお客様や取引先と接することになります。

そしてその仕事によって給料を貰っているのがバイトことになるのです。

この給料をもらうことは仕事に対する報酬としては払われていることを認識しなくてはなりません。多くのアルバイトは時給制のため休めば自分の給料が減ることになります。

「自分の給料が減るだけだし」「休んで給料もらうわけじゃないし」考え方を持っている人もいますが、確かに給料はそうですが、その休みや退職によって起こる職場の負担はどうでしょう。

あなたが休むことで、あるいは急に来なくなって辞めることでその穴は誰かが埋めなくてはなりません。

職場としては新たな採用をしなくてはならない場合も起こり得ることなのです。

例えバイトであっても職場に迷惑をかけても良いことはありません。書面で交わすか否かはバイト先によって異なるのが現状ですが、バイトであっても雇用のは契約によって成り立っています。

無断で一方的に休む、辞めることはこの契約に違反していることになるのです。

「どうせバイト」考え方は多くの人が持った経験があったり、現役でもっているものです。

しかし、バイトにもバイトの範囲内における責任のがある事をしっかりと理解しておくことが大切になります。

 

③バイトの責任

「自分はバイトだから責任なんかない」とか「バイトの自分には関係ない」考え方でバイトをしている人のはいつの時代にもいるものです。

これには企業側の問題もあります。

「バイトのくせに」や「バイトなんだから」と言った発言をする職場側の人間が今も昔も存在しているのは否定のできない事実です。

一方では「バイトだって仕事」発言も出ます。

職場側の都合の良いようにバイト立場は右へ左へ、上へ下へとその立ち位置が変えられてしまうのも現実です。

それが嫌になって「ばっくれる」人も少なからず存在するでしょう。

ここで「バイトの責任」点について考えなくてはならないのはバイトをする側、バイトを受け入れる側の両方だことができます。

お互いの認識の溝が大きいと「ばっくれる」人を生みます。

まずもっとも忘れてはならないことは「バイトにだって責任はある」事です。

この大前提を誤って認識している人は少なくありませんが、まずはそこを正すことが大切になります。

職務上の責任点においては、多くの職場ではバイトにその責任を負荷するケースのは少ないと言えます。

しかしバイトであっても雇用契約である以上は契約上の責任はあるのです。

バイトを始めるときに決められた約束事のはどのような職場であっても少なからず存在するはずです。

「週に何日以上」とか「1日何時間以上勤務」などといった事もその中に含まれます。

そして、多くの雇用契約において決められている項目として「休む場合は」や「退職する場合は」と言った内容があります。

「ばっくれる」行動をとった人や考えている人にも心当たりはあるはずです。

罰則の有無や大小はありますが、契約に違反することは代償を支払う必要が生じることになります。

「バイトに対してそこまで」「連絡無視すれば大丈夫」では済まないケースもあるのです。

バイトの無断退職によって損害賠償の訴訟が起こることがないわけではありません。

これは受けた影響の大小にも関係するのは事実ですがその内容としては退職に関する契約違反となります。

「ばっくれる」経験のある人や今考えている人の中に住所を変え、電話番号を変え、絶対に見つかることの無いようようにする覚悟を持っている人はほとんどいないはずです。

あなたの軽はずみな「ばっくれる」行動も場合によっては思わぬ、予期せぬ影響を引き起こして訴訟に発展する可能性もゼロではないのです。

④「ばっくれる」以外の選択肢

バイトで「ばっくれる」前に考えて欲しいのは他の選択肢がないのか事です。

その理由が正しいかどうかは別として「ばっくれる」のにも何かしらの理由ものが存在するものです。

本来の取るべき行動ではなく、「ばっくれる」行動をとる理由、取ろうとする理由を解決する方法はないのかことを「ばっくれる」前にもう一度考えてみることが重要になります。

あなたはなぜ、「休む意思」や「辞める意思」をバイト先に伝えずに「ばっくれる」行動を選択するのでしょうか。

人によってその理由は異なり様々な種類があるはずです。

しかし、どの理由を取るにしても「ばっくれる」行動を取るのに正しい理由のは存在しないと考えるのが正しいと言えます。

「ばっくれる」選択は取るべきではないのです。

それでは、バイト先に意思を伝えたくない、伝えられない人が「ばっくれる」選択をせずに済む方法のはどのような方法があるのか事を考えてみましょう。

まず大切なのことは「ばっくれる」選択肢を検討している時点で既にあなたにはバイトを継続する意思がないことです。
辞めることを前提に考える必要があります。

多くのバイトの場合は辞める場合は2週間から1ヶ月前に意思を伝える必要があります。

しかし辞める意思が決まっている人にとってはその期間のは非常に苦痛になるものです。

それを避けるための1つの選択肢が「ばっくれる」となっているのも事実です。

バイト先にもよりますが辞めるまでの期間のは縮めることが可能な場合も少なくありません。

それはしっかりと意思を伝えるからこそ可能になります。

また、縮めることが難しい場合でもバイトに入る日数を減らす方法を取ることが可能な場合もあります。

最低限の出勤に抑える事です。

バイト先にとっても辞めることが決まっている人に頼った仕事の組み方はしない、したくないものです。

そこを上手く利用することでお互いにとってメリットのある状況になることになります。

辞めることを決めて、伝えて辞める日が来るまでのは複雑な心情になるものです。

しかし話をする、意思を伝えることでそれは軽減できることを知ることが重要です。

⑤「ばっくれる」は癖になる

バイトを「ばっくれる」行動を取る人のは1度ではなく、2度、3度と同じような行動を繰り返してしまう事が少なくありません。

その休み方、辞め方が癖になってしまうのです。

それ以外の方法のを取ることができなくなってしまう考え方もできます。

「前回が大丈夫だったから」「今回もどうせバイトだし」等考えが生まれ同じ休み方、辞め方をします。

このような行動を繰り返していくと問題となるのは「いつでも休める」「いつでも辞めれる」錯覚を起こしてしまう点です。

自分自身が間違った方法をとっている感覚が麻痺します。

それは、その後の社会人としてのスタートに影響を及ぼしてしまうケースも少なくありません。

社会に出て社員としての会社勤めが始まっても同じような行動を取ってしまう人がいます。

こうなると、初めのうちに理由となっていた「バイトだから」理由は通用しないことになります。

バイトであっても本来は許されない行動が社員となると更に事は重大になります。

「ばっくれる」行動はあなた自身の休み方、辞め方を社会に適応できない方向へと向かわせてしまう危険性を持っているのです。

その事をしっかりと自覚する必要があります。

社員になって「ばっくれる」辞め方をしてしまうと、その後の再就職にまで影響を及ぼしてしまいます。

そうなると社員での働き口が徐々に狭まり、なくなりバイト生活に戻ることになります。

そのような事態を招かないためにも「ばっくれる」行動については実際にその行動に移る前にもう1度しっかりと考えて、その選択をしない事を選ぶ事がとても大切なのです。

簡単にばっくれる状況を作らないことが大切

バイトを「ばっくれる」言葉や状況のは多くの人が目にしたり、実際に経験したりするのが現代の社会となってしまっています。 その多くは認識の甘さから来るものだと考えれます。 簡単に「ばっくれる」行動を取ることが後後の自分自身にどのような影響を及ぼす可能性があるのかことを考えずに行動することは非常に危険だことを知っておくことが大切です。 当然のことながら「ばっくれる」行動が正当化できるケースのはほぼ皆無だと言えます。 そんな中で覚悟もなく行動することはあなたにとってプラスはありません。 今のホンの僅かな我慢を避けるためにその後のあなた自身を長期間苦しめる必要はないのです。 バイトも立派な仕事であること、そして責任はゼロではないことを認識しましょう。 そうする事で、今あなたの中にあるバイトで「ばっくれる」選択肢はなくなるはずです。 一度なくなれば「ばっくれる」は今後も選択肢にはならないケースが大半です。 あなた自身がしっかりと社会に踏み出すための、社員として働くための準備期間がバイト考え方もできます。 大切にバイトの立場と期間を使うことがあなたにプラスになるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

バイトでばっくれる前に考えて欲しい5つのこと
Reader Rating 1 Vote