今後のビジネスはゲームアプリで狙え

shutterstock_324269372

アプリの力ご存知ですか?

売上高1543億3000万円。

これどこの企業の数字だと思いますか?

これ実はスマートフォンのアプリにおける大人気ヒット作「パズル&ドラゴンズ」を提供しているガンホーの連結業績です。

しかもこの売上高はこれでも10.8%落ちての数字であり、最盛期はこんなものではない売上高をガンホーは誇っていたのです。

他にもアプリゲームを提供している企業で1500億以上の売上高を発表した企業はいくつかあります。

モンスターストライクが爆発的ヒットとなったミクシィは売上高は1502億285万円。

ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーと言う二枚看板を持つスクウェア・エニックス・ホールディングスは売上高が1527億6000万円。

そしてスポーツゲームを中心として幅広い展開をしているコナミホールディングスはなんと売上高1792億5100万円です。

これらの企業が何によってこれだけの売上高を出しているのかと言えば勿論ゲームが主力です。

そしてそのゲームの中でも最も影響がある、又は最も多くの人に広く認知されているのがゲームアプリです。

スマートフォンが現代社会においてなくてはならないものとなり、多くの人が公共交通機関の中でも、食事をしながらでも、仕事の合間にもアプリを操作している世の中においてゲームもやはりアプリの時代になってきました。

先程触れたようなパズル&ドラゴンズやモンスターストライクなどはこれまでゲームと言うものを殆どしたことがない人もやり始めたと言う人は多いでしょう。

そこでもし、これから何か儲かるようなことをしたいと言う人にオススメなのがこのアプリゲームに関わることです。

そこで今回の記事のテーマはタイトルそのまま「今後のビジネスはゲームアプリで狙え」と言うものです。

たかがゲームと思っている方いませんか?

アプリの力侮っていてはいけません。

何故アプリゲームに目を向けるのか?

最初にまずこれからのお金儲けの手段としてアプリゲームに注目した理由を述べさせていただきます。

まずアプリゲームと言うものの儲けは単純に景気にそこまで依存しないものだからです。

多くのアプリゲームが無料ダウンロードで体験できるという要因もありますが、有料のゲームであっても実は同じ。

意外な事に日本人は景気にそこまで左右されずに娯楽と言うものに対してお金を使うことを躊躇う人が少ないのです。

国民性なのかなんなのか、その理由はおいておき、ともかく日本の景気回復が多くの人に実感されていないと言う中にあってもこうしたゲームに関る会社と言うものはその売り上げを上げてきたという実績があります。

それに加えて日本に限らず、どこの国でもスマートフォンと言うものは社会における必需品であり、特定のゲーム機以上に多くの人がゲームをしようと思った時に簡単に手が出せるハードであるという事ができます。

そうした事情からアプリゲームによる儲けを作ると言う考え方に至った訳です。

勿論これ何もアプリゲーム「開発」でお金を稼ぐと言うことばかりを指して物ではありません。

アプリゲームと言うものは何も一人で全部作っているものではないのですから、そのかかわり方も人それぞれで色々あるのです。

例えばアプリゲームで使う絵を描いてお金を儲けるイラストレーター、アプリゲームで使えるシナリオを書いてお金を儲けるライター、プログラムを組みプログラマーは勿論としてそれ以外でも意外とアプリゲームに関る仕事と言うのは存在します。

そうしたアプリゲームに関るような仕事に焦点を当てて新しい技術や資格を習得すると言うのもこれからの社会でお金を儲ける一つの方法としてありだと言えます。

長くは続かぬアプリの寿命

次にアプリゲームに関るものでお金を稼ぐチャンスがあるといえるところは殆どのアプリゲームの寿命がそこまで永くないところにあります。

ここで最初に触れた色々なアプリゲームを提供しているゲーム会社の連結業績が上がったのか、それとも下がったのかについて注目してみてみましょう。

絶好調といっても良いのがミクシィ、売上高が1502億285万円と言う数字は前年対比120.1%と言う上昇率を誇り、営業利益で673億500万円は124.9%上昇、経常利益:669億9900万円は123.5%の上昇、純利益:440億3200万円は130.5%の上昇と今正に波に乗っていると言えるでしょう。

ユーザー数が2015年5月の段階で中国を除く全世界で3000万人を突破したモンスターストライクが未だ絶好調であるのが大きな要因です。

さらに2015年12月には、同作のニンテンドー3DS版も発売し、業績を大きく伸ばした所にも注目です。

アプリで人気が出た作品はより利益率の高い商品への転用も可能となるケースが正にこれ。

既にパズル&ドラゴンズを追い抜いた存在となったといっても過言ではありません。

ではそれに対してそのアプリゲームの元日本王者パズル&ドラゴンズを提供しているガンホーはどうかと言うと売上高は1543億3000万円で10.8%の下降、営業利益も724億2500万円で23.2%下降、経常利益は726億600万円22.4%こちらも下降、純利益については434億3200万円で最大の落ち込み30.0%もの下降を起こしています。

開始当初より、ゲームの長期的な運営を見据えて、飽きのこないゲーム創りに注力してきたというガンホーですがサービス開始から約4年が経過し、2016年1月に国内「累計」4000万DLを達成したと言うのにガンホーはパズル&ドラゴンズの配信開始以来、初めて減収減益となってしまった現状です。

敗因はずばり後続のアプリが出せなかったことにこそあるでしょう。

確かにゲームの長期的な運営を見据えて、飽きのこないゲーム創りに注力してきたところは見受けられますし、未だになんとかしていこうといった努力は見受けられますが、あくまでゲームは単なる娯楽。

どうしても同じものを数年にわたり、多くの人がやり続けるかと言われたらその答えは「NO」です。

新しいもの、話題が出たもの、どうしてもそうしたものへと人の興味は移り変わっていくものであり、4年と言う期間が過ぎても未だにやり続ける人がいて先程紹介したような数字の収入、利益を上げている事が寧ろすごいことだと言えるでしょう。

しかし流石に今では最早アプリゲームの首位を守るだけの魅力が足りないと言わざるをえないでしょう。

どれほど面白くとも、話題性があろうとも、娯楽である以上は時の流れ、流行り廃りと言う社会の代謝機能の前ではその価値を落としていくものです。

コナミホールディングス、スクウェア・エニックス・ホールディングスと言った日本のゲーム業界の大手が参入してきていると言うものまた一つの要因だといえるでしょう。

アプリゲームに関してはまだガンホーの方が上だとしても、ゲーム会社としての知名度やブランド力、抱える技術、導入できる資本の違いが少々重くなってきます。

しかしそうした大手ゲーム業界の会社も逆を言うとミクシィのモンスターストライクを単体で超えるようなアプリを世に未だに出せてはいないのも確かなこと。

それはつまり、どれほど一時期騒がれたアプリであっても、大手のゲーム業界が出すアプリであっても、それだけで高い評価を長く得続ける事ができないという事であり、どこの企業にも、誰にとってもチャンスは巡ってくると言う可能性があるという事なのです。

アプリゲームは言語を問わない

アプリと言うものが今後のビジネスのチャンスになるであろうというについて言えるのはこの事もあります。

アプリゲームと言うのはシステムさえ分かってしまえば言語を問わず遊ぶことができるという簡単なものが多いです。

どこの国のゲームであってもそれをわざわざ国内向けに編集すると言う必要性が少なく、直ぐにでも海外への輸出が可能と言うのはこれまでのゲーム機のハードよりもかなり優秀なところだと言えるでしょう。

究極言ってしまうと単純かつ、面白いと言うものは国が違えど人種が違えど楽しいと感じることが出来るものであり、小説はもとより、漫画やアニメよりも共感を得られる可能性の高いサブカルチャーです。

ハードを新しく買う必要がなく、無料ではじめることが出来る、単純で誰でも出来て面白い、加えて言うなら現金を課金と言う形で投入すると更に自分に有利にすることも出来る。

そうしたことからアプリゲームと言うものは既存のハード由来のゲーム開発よりも大きな儲けを得ることの出来るチャンスであるという事ができます。
 

やって見なくては分からない世界アプリビジネス

以上の事からこれから何かで収入を得ようと考えている方にアプリビジネスと言うものを選択肢の一つとしてオススメします。 凝ったプログラムやグラフィック、シナリオ、システム。 そうしたものが実は必ずしも必要という訳でもなく、手軽で簡単、でも面白い。 そうしたものなら発想次第で充分大手企業でなくても、大きな資本がなくても作り出すことが出来、意外と大きな利益を上げるものになってくれることだって今やザラにあるのです。 既存のアプリと同じようなアプリが毎日のように生まれているのに、そうした何が違うのか分からないようなものの中にヒット作が出ることもあります。 斬新なアイディアから話題性や意外性で人気の出るようなアプリもあります。 なにがあたるか分からないからこそこのアプリと言うものにビジネスチャンスがあるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

今後のビジネスはゲームアプリで狙え
Reader Rating 1 Vote