運動部経験者優遇神話崩壊の序曲!収入の高さに影響を受けなくなりつつある社会性

shutterstock_139131800

運動部経験が収入の高さに繋がる日本社会

運動部経験が収入の高さに繋がる。

そんな話を聞いたことはありませんか?

勿論、運動神経が良いとお金を稼げるという訳ではなく、あくまで運動部経験者の方が企業に採用されやすいと言う話しです。

基本的に収入の殆どを労働収入で何とかしなくてはならない社会においては当然どれほど良い会社に勤めることが出来るか?勤めた会社でどれほど高い評価を得られるか?という事が重要になります。

企業が欲する人材に共通している事は当然、「戦力」になるかどうか?と言う事。

そしてどのような仕事であろうとも殆どの場合必要とされるものが社会性、細かく言えば周囲との連携がしっかり出来る協調性や、しっかりと「ほう・れん・そう」を行えること、積極的に物事に当たることが出来るかどうかなどです。

そう考えると確かにそうした社会性と言われる「社会で必要とされるであろう能力」を養うのには運動部と言うところが適しています。

先輩と言う上位者と後輩と言う関係性、同じ組織に所属するものとしての連帯感、当然運動をする目的が多くの場合、競い合うことになるものですから競争意識や積極性も養われるであろうと言うのは誰にでも分かるでしょう。

それ以外にも男性であれば大体の人がそれを経験しているからと言うのもまた理由になるのかもしれませんし、厳しい、キツイと言う状況を経験し続けられるかと言うストレス耐性の目安にもなるのでしょう。

こうしたことから今の日本社会においても基本的に運動部に所属してきた過去があるかどうかと言うのは企業側としては採用する際の基準のひとつになっていると考えられます。

学歴や資格などの要素が同じであればそうした社会性が養われているかどうかと言うのを判断基準にするのも当然の事。

企業は慈善団体ではなくあくまで営利組織なのですから採用する相手に運動部であるかどうかである程度の「戦力になるかどうか?」がわかると言うならそれを基準にするのも批判されることではないでしょう。

そうしたことから子供のころに運動部であると収入の高さに影響が出る。

と言うのはあながち間違った意見ではないのですが、これからの社会ではどうもそれは通用しなくなってきているように思います。

今回はそんな日本の社会にある「運動部であった経験と収入の高さ」と言うものの関係が変わってきているという事について考察してみました。

運動部経験者であろうとも安定した収入に繋がる未来はもうないのです。

変化してきた日本の企業の安定性

運動部経験と収入の高さに相関性があったのは最初に触れてきたように、企業に採用される確立に影響があるからです。

就職して労働収入を稼がなくては収入が得られないと言うのが当たり前の社会で就職率が収入の高さに影響を与えると言うのは当然の事。

しかし日本と言う国の経済状態の悪さが日本企業の安定性と言うものを揺るがしている今の世の中、就職できるかどうかばかりが収入の高さに直結していないという事も多いです。

確かに企業で働くと言うのは安定した収入を得ることができるようにも思えます。

しかし経済状態の悪い今の世の中、満足な収入が得られなかったり、給料以上の働きをさせられたりもしますし、突如として職を失う可能性まであるのです。

こうした企業で働く労働収入と言うものは労働できなくなりさえすれば収入が得られなくなる訳ですから経済状態が悪い国の企業においては採用されたからといって安心してはいられません。

採用された後の評価を上げるため、あるいは下ないためには結果が必要。

確かに運動部経験があると言うのは「一般的」には社会性が養われている可能性があるという事に繋がりますが、企業で働いてみないと「実際」のところは分かりません。

例えばもし営業関係の仕事であったら体力も必要とされますし、上下関係や礼儀などについても叩き込まれる可能性のある運動部経験と言うのは有利なのかもしれませんが、それ以上に自社企業への理解や社会における一般常識などに関しては平等なスタート。

しかもその平等なスタートを切るところの方が結果に結びつく因果関係が高いので運動部経験が役に立つと言うのはあくまで「多少」で終わることなのです。

終身雇用制度神話が崩壊し、更に業績悪化の一途を辿る企業が多い日本においてそう考えると運動部経験と収入の高さと言うものはそこまで比例しなくなっていくのかもしれません。

社会で求められる人材の変化

運動部経験が収入の高さに影響があった理由はそれが企業に求められるものだからという事を説明しました

しかし収入の高さを求めるためにはそうした運動部経験で養われるようなものだけでは足りない社会になってきたことも収入の高さに運動部経験があったかどうかが関係なくなってきた理由です。

言ってしまうなら社会性の高さ以上にIT関連の知識や工学系のスキル、あるいは外国語がどれほど話せるかなどの方が収入の高さ、給料が高い仕事に就けるかどうかに影響を及ぼすようになって来ていると言うことです。

基本的に経済状態が良い社会であったなら、企業は「維持」をするための人員を欲しがりますし、何らかの形で就労さえしていたのならば生活していくことが出来ます。

維持する人員として求められるのは何よりも社会性。

企業の方針・目的のための「使い勝手の良い」人材育成を受けたかどうか運動部経験があるかどうかで分かる。

という事も出来ますので「運動部経験=生活を安定させられる収入の高さ」であるという事ができました。

しかし、経済状態が悪くなってきたのならば企業は「向上」をするための人員を欲しがり、そのための貢献が出来ない人材に対しては金銭を払うことを惜しむようになって生活が厳しくなっていきます。

向上するための力になる人材は残念ながら「使い勝手の良い人材」よりも一点何かに優れた人材。

今の時代のトレンドで言うならITや工学関係についてのそうした優れた人材を必要とするわけですが、残念な事に運動部経験ではそうしたものが養われません。

更に言うなら「使い勝手の良い人材」に求められる、目先の事に集中して言われたことをただやるという事が今の社会では損をすることになるケースが多いです。

一生懸命やりさえすればある程度の結果は出る、今辛くとも耐えてさえいればその辛さにも終わりは来る。

学校の運動部であったのならば確かにそうかもしれませんが社会に出て、企業に勤めた場合においてそんな事は通じません。

一生懸命にやっても結果が出なければ無意味、今の辛い状況を耐えていても辛い状況を起こしている原因が取り除かれなければ終わりはきません。

結果を得るのに効率的な方法を考え、辛い状況を起こす原因を取り除く手段を講じることが出来なければ自分の消耗の果てに待っているのは評価の下がる未来です。

こうしたことから収入の高さに運動部経験を頼りにするのが危険であるのが今の日本の社会の現状であり、これから益々その傾向は強くなっていくことでしょう。

社会性が高くなくとも高い収入を得られる世の中

運動部経験が収入の高さにそこまで影響しないと言うのはここまで出理解していただけたかと思います。

そしてそのことは社会性が高くなくとも高い収入が得られるという事でもあります。

例えば株式やFXなどの投資。

社会性がどれほど必要な事でしょうか?

自分のサイトやブログ、SNSなどを使ったインターネットビジネスの仕事に社会性はどれほど大事な要素でしょうか?

ここ近年副業として収入を稼げると話題に上るプログラマーやイラストレーター、ライターなどの仕事をするにおいても社会性以上に成果物がどれほど優れたものであるかが重要であり、そうしたことに運動部の経験と言うのは必要とされません。

勿論どんな仕事も最終的には人と人とのやり取りを必要とするわけですから社会性はあったに越したことはありません。

しかしそれ以上に、収入の高さに影響を与えるのは個人のスキルの高さであり、時代の流れに合わせて行動できるための情報収集能力です。

大企業勤めの中間管理職の年収以上の月収をインターネットビジネスで稼ぐと言う人も実際にいますし、投資の運用次第では日給6桁という事も充分ありえます。

良くも悪くも今の世の中、収入の高さを決めてくれるのは運動部経験が養ってくれる社会性よりも、自分が持った資本の力であると言えます。
 

これから社会に出る人は

これまで運動部経験と言うのはこれからの社会の中で収入の高さを決める要因足りえないという事を説明してまいりました。 勿論運動部経験と言うのをすることが損になるという事はありませんし、企業で働くだけでなく、生きていくのに社会性はあったに越したことはないので運動部経験は無駄であるという事はないです。 しかしそれ以上に一点誰にも負けない何かを持つことこそが今後の社会で収入の高さに影響を及ぼすものであるという事が言えます。 将来困らないためにも何か運動系の部活ぐらいさせたほうがいい。 そんな発言を目にすることがネット上ではありますがそれにばかりこだわっても結局安定した収入の高さには繋がりません。 もし今まだ社会に出ていない人でいやいやながら運動部経験を積もうと言うなら、それ以上にこれからの社会でお金になりそうなことの知識の習得や、インターネットビジネスで必要となる知識の習得などをした方がかえっていいかもしれません。 日本と言う国においてはこれから益々社会に変化が起こるという事は間違いなく、これから必要とされるものも今までの社会とは変わるでしょう。 そうした時に収入の高さにつながるものは多くの人がもっていなかったこれを読んでいる方の何らかのスキルになるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

運動部経験者優遇神話崩壊の序曲!収入の高さに影響を受けなくなりつつある社会性
Reader Rating 1 Vote