ゲームで養うお金を稼ぐスキルがある!盤上遊戯が養うもの

shutterstock_246851449 (1)

ゲームで養えるお金を稼ぐスキルがある?

特定のゲームにはお金を稼ぐスキルを養ってくれるものがあります。

こうして聞くとなんだかゲームを子供がやるための言い訳のようにも聞こえますが、勿論そうした子供の言い訳のようなことでこんな記事を書いている訳ではありません。

今ではゲームと聞いたらアプリやオンラインのものなどの所謂コンピューターゲームの方が最初に連想されると思いますが今回注目したいのは盤上遊戯、ボードゲームと言われるものの方です。

古代インドの最古のボードゲームといわれるチャトランガを始めとして世界には実に様々なボードゲームが存在します。

私達に比較的身近なところで言うならば囲碁や将棋、チェスといったものでしょうか?

最近の方はそもそもルールも知らないという事の多いこの盤上遊戯の数々ですが、そのゲームで勝つために必要とされるスキルの多くは実はお金を稼ぐスキルでもあるのです。

今回はそんな盤上遊戯の勝つために必要とされるスキルとお金を稼ぐスキルについての関連についてご紹介させていただきます。

古来より有識者達の知的レベルの基準ともされた盤上遊戯と言うゲームで養われるものは、今の時代においてもやはりお金を稼ぐスキルをつけてくれるものであるのです。

ゲームが養うお金を稼ぐスキル「集中力」

最初にご紹介する盤上遊戯と言うゲームが養ってくれるお金を稼ぐスキルは集中力です。

仕事や勉強をする時に大体誰もが一度は注意されたことがあるでしょう「集中が足りない」と言う言葉ですが、誰もが最初からそういわれて集中できるという訳ではありません。

基本的に人間の集中力と言うものは訓練しないと30分が限度であると言われています。

子供のころからそんな短い集中力を少しでも伸ばすために学校で授業と言うものを受け、小学校、中学校、高校、大学と徐々に一回の授業時間が延びていくわけですが結局のところ社会に出るまで集中するための力、集中力を身につけることなく終わると言う方も大勢いらっしゃいます。

社会に出てお金を稼ぐスキルとして当然仕事に集中する必要性がある訳ですからこれは大きなマイナスとなります。

では何故学校の授業だけでは集中力と言うものが養われない事があるのか?

それはそもそも集中力と言うのは必要性がある事に対して働くもので、必要性を感じれないと働きにくく、学校の授業に必要性を見出せないとその訓練にならないからです。

その点ゲームであると大概の方が「集中力」を養うことができます。

誰だってどうせゲームをやるからには負けたくないと言うもので、お互いがそんな状態にありゲームは行われるために、集中しなくてはいけない時間がレベルが高くなればなるほど長くなっていくからです。

勿論それを意図的に自分が必要だと思ったときに働かせることができるかどうかと言うのも訓練が必要で、ゲームをしているとき以外にも集中力を意識的にオンオフできる意識も同時に養う必要性がありますが、ただ漫然と授業を受けているよりも集中力は余程つきます。

自分が一手打つまでに持ち時間がある状態でやったことがある人ならば分かるように、次に指す手をあれこれ考えている時間がもっと欲しいと思うのは良くある事。

そうでなくてもどんなゲームもやっているうちに「えっ、こんな早く時間が過ぎたの?」と、「集中していた」ことに後から気付くことは殆どの人にある事でしょう。

集中力がある程度の時間持続させることができる方が当然の事ながらお金を稼ぐスキルとなりえます。

集中している時の人は思考力、身体能力共に高くなるという事は証明されている事であり、そんな状態でいられる時間が長ければ当然、全般的に他の人よりお金を稼ぐスキルが高い人になる事ができるという訳です。

ゲームが養うお金を稼ぐスキル「先を読もうとする力」

続いてご紹介するゲームが養ってくれるお金を稼ぐスキルは「先を読もうとする力」です。

何事においても物事の連続性と言うものを把握し、事前にどれほど早く準備をする事ができるかで成否や得られる成果の高低と言うのは決まってきます。

その為物事に対しての先を読もうとする力がどれほど高いかという事はお金を稼ぐスキルに直結しています。

どんな盤上遊戯と言うゲームにおいてもそこには相手が存在しており、その相手がどう動くかで自分の動きを決める必要がある訳ですが、ゲームでだって相手がどう動くかを先に判断して自分がそれに備えることができるかどうかが勝敗を決めます。

相手が次にどのような手を指すのか?自分がどうしたら相手はどう動くのか?過去に似たような状態になったことはないのか?そうしたものを予想・想起しながら、自分の手を考えなければ中々ゲームで勝つのは難しいものであり、行き当たりばったりで動いたところであっさり負けます。

現実の世界でも同じ事があるのは社会人なら誰もが知ってのとおりの事で、先の事を考えずに行き当たりばったりの行動だけで生きていられるほど人間の社会と言うのは簡単には出来てはいません。

特にお金を稼ぐという事に対しては人はどこまでも貪欲になり熾烈な取り合いが行われていく訳ですから、お金を稼ぐスキルとしてこうした先を読もうとする力は必須のスキル。

先を予測して行動する力は何が起こるかわからない未来に対してこそ必要であり、可能な限りの準備をし最適解に近づく為の力です。

今後の変化の激しくなる社会において確実に有用なお金を稼ぐスキルとなるのも当然の事です。

ゲームが養うお金を稼ぐスキル「諦めない力」

最初からやることなすことが全てうまく行き即結果に繋がる。

そんな事は空想の世界でしかありえないことであり現実の成功者、お金持ちと言う方の多くは失敗と成功の繰り返しをして今の姿になっています。

時には諦めが肝心ですが何かがうまく行かないとき、何でもかんでも直ぐに諦めていては殆ど大きな結果に結びつくという事はありません。

寧ろ何か一つの大きな結果を出すために他の事をあきらめることであきらめることは力になるのです。

仕事をするのにも投資をするにも失敗することから学び、トライ&エラーや地道に下積みを経験することでこそ結果をもたらすことが現実の社会では実に多く、「諦めない力」粘り強さと言うものがお金を稼ぐスキルと成ります。

相手のある盤上遊戯に限らずどんなゲームであっても時に最適な選択に迷う、難しいシチュエーションに出会うことが誰にでもあったと思います。

そんな時にはじっくりと腰を据えて考えることができるかどうか、情報収集と情報分析がどれほど落ち着いてできるかこそが成功に繋がることがほとんど。

そうした焦ることなく確実な結果に繋げると言う「諦めない力」粘り強さが大事になる事が多いです。

盤上遊戯のような相手がいるゲームにおいてはコンピューターゲーム以上に情報収集の手段と一手を打つまでの要求される早さが制限されており、やり直しが聞かない状況が多いため、負けるとしてもその負けを有意義なものとするためになおの事諦めない力が必要とされます。

またそんな諦めない力が必要とされる状況の中、次の一手に集中し、しがみつくように考え抜いて、導き出された答えであれば、たとえそれが間違いであっても得られるものがあると考えられるようにさえなれば後悔はしなくなっていきます。

諦めない力とはそうした次への意欲と言うのも同時に与えてくれるお金を稼ぐスキルとなるのです。
 

ゲームが養うお金を稼ぐスキルを活かすために

ゲームで養うお金を稼ぐスキルがあるという事は以上の事から分かってもらえたと思います。 その他にも勝ちたいと言う競争意識、情報収集の大切さ、全体を広く見るために必要な大局観や瞬間的な判断力など盤上遊戯と言うゲームが養うお金を稼ぐスキルと言うのは実に多くのものがあります。 しかしそれがゲームでしか活かせない様であればそうしたゲームを生活の糧にするしかなくなるというものです。 ゲームが養うお金を稼ぐスキルを本当にお金を稼ぐために活かすのならば、自分の身につけているスキルがお金を稼ぐスキルであるという事を意識し、他の事に活かすための方法を考えていくことが必要です。 どんなスキルも身につけていただけでお金が稼げると言うのであればお金に困る人なんて世界に誰一人存在してはいないでしょう。 お金を稼ぐスキルを身につけていると言うことを意識し、実際にそれをお金を稼ぐためのスキルとして行動に活かしていかねば結局お金は手に入りません。 ゲームをしているときもどうしたことが必要なのかが分かっていれば勝てると言うものではない事からも結局のところお金を稼ぐスキルを如何に使っていくことができるかこそが分かるというもの。 この記事を呼んでいる方の中にも実はお金を稼ぐスキルはあるのに活かしていないだけであるという人もいるかもしれません。 盤上遊戯と言うゲームが養ってくれるお金を稼ぐスキルの最たるものとは、そうした身につけるスキルを活かすことの必要性であるとも言えます。 身につけたお金を稼ぐスキルは折角なのでちゃんと活かして行きましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ゲームで養うお金を稼ぐスキルがある!盤上遊戯が養うもの
Reader Rating 1 Vote