月収30万円の壁を踏破しお金を稼ぐ方法

月収30万円以上のお金を稼ぐことが出来ていますか?

あなたの今の月収はおいくらでしょうか?

基本的に年収300万円というのが生活が安定させることが出来るかどうかのラインであると言われていますが、今の日本の現状を鑑みるにそれで余裕があるのかと言うと貯蓄を構成していくだけの余裕を作るに当たってはギリギリ。

安定した老後資金の目標金額が3000万円といわれている中月収25万円、年収300万円と言う数字は正直「今」の生活をなんとかするために必要なラインであるだけであるという事ができます。

そこで目指すべき最初の目標金額は1年間通して月収で30万円を超えること、後ほど記述しますがこの30万円と言う金額を越えていけるかどうかに、月収でお金を稼ぐ金額の壁が存在しているため、まずはこの壁の踏破を目指すことが大事です。

しかし正社員であっても役職につくことが出来ていなくてはこの月収の壁を越えたお金を稼ぐと言うのは中々難しいことであり、学校を出て就職をして、正社員となり「普通」と言われる生活を送っていてはとてもこの壁を踏破することは出来ません。

そこで今回はこの月収30万円と言う壁を越えてお金を稼ぐための方法について考察していきます。

月収30万円の壁、踏破して生きたくはありませんか?

何故月収は30万円で壁に当たるのか?

月収30万円の壁を踏破し、お金を稼ぐ方法を紹介する前に今回の記事で具体的に30万円と言う数字を出した理由からご紹介します。

最初の方で述べたように年収平均300万円、つまり月収25万円が大体の今の日本で安定した生活をしていくのに必要な数字とされているのは逆に言うとその月収が今の日本の平均的な月収であるからなのです。

勿論月収5万円と言う人から月収1000万円と言う人までを含めた上での平均ですのでその収入を得ることが出来る人が多いという訳ではありません。

より絞って月収金額の分布を考えてみるならば、今の日本の社会に多いとされる正社員と同等以上の労働時間のアルバイターで大体月収が20万円に届くか届かないかぐらいになるので、足りない5万円を補うために30万円と言う月収のお金を稼ぐ人も大体同じぐらいいると言う計算になります。

とても大雑把な計算なのですが、実際にこれは大きく外れている訳でもなく正社員の方、あるいはアルバイターの人が掛け持ちをしても平均月収30万円と言うのは多くの人が、突破するのにはただ「普通に」働くだけでは超えることが出来ないという事を実感していると思います。

正社員の方がちょっと頑張って残業をした、アルバイトの方がちょっと頑張って多く出勤した。

そうしたことでは中々「年間を通しての平均」でこの30万円を超えることは出来ないのです。

1年間通して無理をし続けるというのは中々出来ないことですし、出来ていたとしても確実に次の年か、その次の年で体を壊す結果になるからです。

こうしたことから単純な労働収入に頼っていたのでは30万円と言う平均月収にはたどり着くのが難しいことからこの記事では「30万円の壁」と言うものを設定した訳です。

月収30万円を超えるとそれ以上に稼ぐことが出来る可能性に繋がる

年間平均月収30万円が大体の人にとっての壁になると言うのはご理解いただけたかと思うので次はその壁を越えるとどうなるのかと言う明るい方向の話をさせていただきます。

簡単に言って30万円の壁を越えた先は100万円まで「壁」と言えるようなものは無いと言えます。

と言うのも30万円と言う年間平均月収を超えるためには多くの場合「普通の」労働収入だけでまかなうことが出来ず、普通ではない労働収入かそれ以外の収入を作る必要性があるからです。

1つ目の普通ではない労働収入と言うのは何も犯罪行為すれすれのものを攻めろという訳では勿論ありません。

人間が作る社会には「流れ」と「流行」と言うものがあり、そうしたものに関る労働所得は必然として収入が高い傾向にあります。

例えば産業革命時代の経営者、エネルギー革命時代の注目される資源に関る仕事の関係者、IT革命時代のIT企業関係者。

そうした人は他の職業の方とは比べ物にならない労働所得を得ることができます。

なんせ儲かる業界ですから、より儲かるために少しでもいい人材を欲し、その対価としての給金を上げるからです。

今の時代、2016年で言うのならIT関係はもちろんの事、プログラミングや機械工学関係のスキルをお持ちの方もチャンスがあると考えられます。

2つ目の労働収入以外の収入を作ることで年間平均月収30万円を超えられる原理と言うのはもっと簡単です。

自分が労働収入を稼いでいる間も、体を休めるため寝ている間にも、心身のリフレッシュのため遊んでいる間にも収入があるのですから単純に労働所得に頼る以上の収入が得られることになります。

こうした労働以外で収入を得られるものを不労所得と言いますが、これさえ作ってしまえたならば自動的にお金が入ってくるようになるわけです。

どちらの方法で年間平均30万円を超えようとするのかは人それぞれで向き不向きは勿論ありますが、今の時代で多くの人が挑戦できる可能性が高いのは後者であると言えます。

不労所得形成は誰にでもできる?

年間平均月収30万円を超えるためには2つの方法があり、誰にでも挑戦できるのは不労所得形成の方の方法であると言う話をもう少し具体的に話していきます。

不労所得と言われてその言葉を聞いたことがある人であるなら最初に思いつくのは投資と言う言葉でしょう。

外国為替取引、株式投資、不動産の購入、借金を貸したときのの利息。

そうしたものへ自分のお金を先に支払い支払った以上のお金を最終的に手に入れる。

これが投資の儲け方の基本ですのでこれをするにはまずお金が必要です。

今の生活で手一杯と言う人も少なくないでしょうし、何より読んで字の如く「投資」なわけですからかけたお金が必ず返ってくるという保障はどこにもありません。

ですが不労所得は何もこうした投資以外でも作ることが出来ます。

一番分かりやすいのが「著作権」です。

例えばディズニーのキャラクターを生んだ人は何も毎日新しいキャラクターを考え出して世に送り出さないと生活できないと言う生活をしてはいないという事は誰もがご存知の事です。

有名なキャラクターを使いたい人は著作権と言うものを使わせてもらうために対価を支払ってくれるので、自分が例え寝ていようとも遊んでいようとも自分が一度生み出したキャラクターと言うのが人に評価され続ける限りはひたすら収入を生んでくれます。

ディズニーキャラクターの著作権の高さは皆様ご存知の通りで、ミッキーマウスだけで考えてもその生み出す不労所得は年間平均月収30万円所の話ではありません。

もうお分かりかと思いますが、こうした不労所得は作り出すのに必ずしもお金が必要という訳ではなく、かけたお金以上の損を作り出してしまうというケースは非常に稀です。

こうした投資とは違う不労所得を作ることこそが多くの人が誰にでも挑戦できる月収30万円の壁を越えるための方法です。

月収30万円を超えることの可能性がある不労所得とは?

年間平均月収30万円を稼ぐのに不労所得を作るのが有効な手段で、その不労所得は投資でないものであれば挑戦できる人が多いという事までは理解していただけたでしょう。

ではどんなものが月収30万円の壁を踏破するのに効果的なのでしょうか?

その筆頭候補はやはりインターネットビジネスです。

とは言え当然クラウドソーシングやポイントサイトなどの利用は労働収入ですからインターネットビジネスの中でも何でもいいという訳ではなく物を選ぶ必要はあります。

アフィリエイトでも良いですし、絵を描いたり、文章を書いてそれの著作権や印税と言う方法もあります。

結局誰にでもできるものじゃないじゃないかと言う人もいるでしょうが、最初から自信満々で「私ならこれでお金を稼ぐことが出来る」と始めた人の方が多くの場合失敗しています。

その為まずはやってみること、すべてはそこから始まります。

インターネットでお金を稼ぐことが出来る。

そうした認識、実感が薄い人が多いからこそ誰にでも不労所得を作ることができるという社会の中で多くの人がそれを作ることに挑戦しようとしていないのです。

インターネットビジネスはその内容も手法も日々変化しており、これからの社会の中で益々新しいものが増えていくことになるでしょう。

そうした中でそれが月収を増やすチャンスであると思えない人は損をするとは思いませんか?
 

月収30万円の壁を越えるために本当に必要な事

これまで月収30万円の壁を踏破しお金を稼ぐ方法として色々書いてまいりましたが、実に今の世の中で当たり前のように言われている事ばかり書いてきたつもりです。 しかしそれを実行していると言う人はどれだけいらっしゃいますか? 恐らくこの記事を見た人の半分いるか、いないかです。 インターネットビジネスで稼げる部類と言われるアフィリエイトで1000円以上の月収を作っていると言う人は実は全体の20%以下と言われています。 これは何も難しくて誰にでも出来る事ではないからと言う理由ではなく、本気でこれを月収の足しにしようと思ってしている人があまりにも少ないからなのです。 月収30万円を超えて「生きたい」と本気で思っている人は実際のところ多くはないのです。 今の生活で充分、これが普通だから、何とかやっていけるから。 そうしたことを考えて月収30万円を超えるお金を稼ぐという事をどこか夢のように思ってしまっている事こそが一番月収30万円のお金を稼ぐための壁。 本気で月収30万円の壁を踏破したいと思う事、それこそがお金を稼ぐためにもっとも必要な事なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

月収30万円の壁を踏破しお金を稼ぐ方法
Reader Rating 1 Vote