知ってると得する愛車をできるだけ高く売るコツとは!?

shutterstock_303365888

車を売るときの注意点を覚えておこう

大切な愛車をどうしても手放さなくてはならない時。

少しでも高額で買い取ってもらいたいですね。

生活のために車を手放す方も増えていますが、どうすれば高く車を売却できるか、知っておきたい裏技をご紹介したいと思います。
 

とにかく綺麗に乗る

車を買った時に覚えておきたい点は、いずれ将来手放す時がくるかもしれない、という点です。

一度買ってしまえばそれは自分の持ち物なので、好きなように乗る事ができますが、必ず後悔するのが売却の時です。

中古車買い取り専門店に査定をしてもらったら、思ったよりも値段が安かったなんてことがありませんか。

乗り換えをする予算にもならないほど、評価が低くなってしまう場合があります。

そこで日頃から注意しておきたい点が、いつも綺麗に車を維持することです。

中古車を購入する人は、メカに詳しい人もなかにはいますが、外見だけで気に入ってしまう人も決して少なくはありません。

女性や若い年齢層の人にとっては見た目が優先されてしまうのです。

そこで買い取り額が少しでも高くなるように、常に車の清掃や掃除はこまめに行いましょう。

基本的には中古車の査定は年式や車種によって決まりますが、もちろん内装や外装も価格のポイントになっています。

シートのタバコあとや破れなどは早めに修理しておきましょう。

車を大切に乗っていると査定額にも必ずメリットになりますよ。

中古車買い取り専門に行くときは、特に注意して綺麗に洗車をしておきましょう。

またタバコの臭いがついているなど、乗る人の立場になってデメリットになる点は必ず改善しておきましょう。

愛車は毎日綺麗に大切に乗ることが基本です。

売るつもりがなくても、車はどうしても手放す可能性もありますよ。

もっと大事に乗っておけばよかった、なんて後悔してもそれは時はすでに遅し、なんて残念な結果になってしまうのです。

査定額の相場を知っておくこと

車は車種や年式、走行距離によっても買取価格が異なります。

またその時代の人気車もありますので、意外な車種が高く値段がつくこともあります。

そこで覚えておきたい点は、自分の車の最低査定額を知ることなのです。

家計が苦しいので車を手放す、という場合は少しでも高く売りたいですよね。

でも一般的な相場を知らないと、本当はもっと高く売れるはずなのに損をしてしまう場合もあります。

またディーラーで車を買い替えるときに、いま乗っている愛車を下取りにする時は、必ず買い取り業者などで査定額を確認しておきましょう。

ディーラーの下取り価格はメーカーによっても異なりますが、買い取り業者に比べると安くなってしまいます。

ディーラーで新車を買うことが条件で高く下取りをしてもらうことも可能ですが、純粋な車の価値としてではなく、ディーラーは新しい車を売る為に下取り車を利用してアプローチしてきます。

そこでディーラーで提示された金額はその場でOKしてはいけません。

必ずほかの場所で査定をしてもらうか、オンラインの査定などを利用して自分の車の査定額を知っておきましょう。

下取りはどんなディーラーでも行っていますが、予約をして受け付ける場所もありますので、まずはネット検索をして近所のお店を知らべておきましょう。

必ず複数のディーラーと比較をして価格の違いを理解しておきましょうね。

車の査定額は自分の予想よりも高くつくこともあります。

年式が古く、外装に傷があっても人気車種なら高く売れるはずですよ。

諦める前に一度ディーラーや買い取り業者に問いあわせてみましょう。
 

価格交渉すること

中古車買い取り業者はネットで簡単に見つかるほど、今は日本全国あちこちにあります。

ネットの比較サイトは車の必要事項を入力すればすぐに査定価格がわかります。

買取は一般的な買い物をするのと同じで、一つのお店だけで満足してはいけません。

あちこち色々なお店をみて値段を比較して、一番妥当なお店で買うのが基本ですよね。

車の売却も同じなのです。

何社かの買い取り業者で必ず見積もりをとりましょう。

最近では出張見積もりを行う業者がたくさんあります。

見積もりをしたから必ずそこで売却しないといけないということはありません。

また自分の住んでいる近くのディーラーや中古車販売会社など、エリアを決めて価格を比較すれば、他社も競合の為に価格の交渉に応じてくれる場合もあります。

提示された値段ですぐに契約しないこと。

まずは無理と思っても一度は値段交渉をしましょう。

はじめにネットで車の査定額をチェックしておきます。

数社の中から値段が高いところをいくつかピックアップして、出張無料査定を依頼します。

実際に値段が出たら、「ほかの業者とも検討中なので後で連絡をします」、と伝え気になる他社の値段もすべて調べましょう。

そして最終的に満足できる買い取り業者を選んでくさだい。

業者によってはまず希望額を聞いてくる人もいますので、値段に多少プラスした価格でアプローチしてみましょう。

なかにはすぐその場で契約をしたい為に、今売ってもらえる値段を教えてください、なんてプレッシャーをかけてくる人もいますので、相手のペースにならないように注意しましょうね。

あくまでも自分の希望額に近いところを見つけることが重要です。

オークションを利用する

中古車買い取り業者は、独自のネットワークを使用して人気車種を中心に買い取っています。

すぐに市場にだしても売れるような車でないと、査定額が高くつかない場合もあります。

もし買い取り業者で安い値段をいわれてしまった場合や、査定が付かないといわれたような車の場合。

どうやって売るといいのか、それはオークションです。

オークションでは年式の古い車や、走行距離が多いもの、業者が買い取りしないような車種まで色々あります。

最近維持費が安い軽自動車が人気がありますが、名義変更の手続きが普通車よりも簡単であるメリットもあり、個人の方がオークションで購入するケースがとても増えています。

買い取り業者に売るよりも、オークションで売ったほうが高値がつく場合もありますので、まず一度希望額を提示してオークションに出品するとよいでしょう。

オークションでは出品料がかかりますが、もしかしたら高値が付く可能性もあります。

人気がない車をディーラーに下取りに出すと、買取はしてもらっても、新しく購入する車からの値引き額が少なくなってしまう可能性もあります。

しかし人気のない車や年式の古い車だからと言って安い値段で手放してしまうのは大変もったいことですよ。

まずはオークションで出品してみましょう。

大手のヤフーや楽天などいくつかのオークションサイトでトライしてください。

また車を買う時期に当たるボーナス時期や春先など、買い手が多くなるタイミングだと、不人気車でもすぐに売れてしまうチャンスもあります。

オークションは個人間の売買なので注意事項を守って行ってくださいね。 

動かない車は売れるの?

故障している車や事故車など、動かくなってしまった場合の処分方法ですが、もちろん買い取りしてもらえる可能性があります。

車自体として機能しない場合でも、車のパーツだけを海外に販売している業者もたくさんいます。

まずは中古車買い取り業者に問いあわせてみましょう。

絶対に売れない、と思っていても意外な市場で値段がつく場合おあります。

乗らなくなった車を廃車処分するには手続きや費用がかかるため、できれば金銭的な負担がなく処分したいですね。

事故車や故障車を専門に買い取る業者もありますので、ネットで検索して調べてみましょう。

また中古車業者以外には解体業者が買い取ってくれる場合もあり、廃車や税金なども手続きを代行して行ってくれます。

動かない事故車などを自分で処分する場合は、レッカーけん引を依頼して引き取ってもらう必要があります。

解体費用のほかに車の引き取り費用が発生しますので、約1万円前後はお金がかかる計算になります。

この出費を抑えるだけも節約になりますよね。

できれば買い取り業者で値段がつかないといわれても、ただで引き取ってもらうことも考えようによってはお得かもしれませんね。

車の買い取りサイトはたくさんあります。

有名な買い取り業者をはじめ、日本全国に点在している業者。

使いやすい比較サイトなどを活用して、自分の車の値段を調べてみましょう。

思い込みだけの値段は実際の買い取り金額とは大きく異なる場合もあり、思っているよりも高値が付くことがよくありますよ。

古いから、傷があるから、という心配はご無用。

車を少しでも高く売るには色々と比較することが大切ですね。

 

買い取り値段を高くするにはたくさんの情報を持つこと

ずっと乗っていた車は愛着もあり、手放す時は少しでも高い値段をつけてほしいものですね。 ネットの比較サイトやディーラーなど、色々な角度から買い取り価格を比較してみましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

知ってると得する愛車をできるだけ高く売るコツとは!?
Reader Rating 1 Vote