不労所得を作るための心得!長期に亘りお金が欲しい人たちへ

不労所得が欲しいとは思いませんか?

不労所得と言うものをご存知ですか?

世の中の所得には大きく分けて2つの所得、つまりお金の稼ぎ方があります。

ひとつは労働してお金を稼ぐと言う方法、これが労働所得です。

それに対してもう一つは働かなくてもお金を稼ぐと言う方法、こちらが不労所得です。

働かないでお金を稼ぐと言われるとなんだか悪徳商法や詐欺行為などの悪い事をしているようにも聞こえますが、そうしたことで稼ぐお金は不労所得ではありません。

利子、配当、賃料収入などの投資による収益や、有価証券や不動産等を売買してのその売買差益、そして権利の売買や使用に関することで発生する収益などこそが不労所得と言われるもので、実は不労所得を得る方法と言うのは意外に多くあります。

金額をいくら以上と決めているわけではないので最低でも銀行や郵便局にお金を預けたことのある人であったならば利子と言う形で一度は不労所得と言うものを手に入れたことがあるとも言えます。

しかし数年かけて100万円預けていて100円、200円の利子では不労所得を手に入れていると言う実感は無いでしょう。

何もしていなくても一月数万円。

恐らくこのぐらいのものになってこないことには多くの人が不労所得を貰っていると言う実感が沸かないでしょう。

でもそれだけの不労所得を作るというのはとても大変。

その「大変」だと言う表現の意味は手段や方法についてもですが、それ以上に日本人として生きてきたことにより生まれた考え方、マインドと言うものの矯正が必要である事についても言えることです。

そこで今回の記事はそうした不労所得と言うものを作るにあたっての心得と言うものをご紹介したいと思います。

不労所得が欲しいとは思いませんか?

金は貯めるものではない

最初に取り上げる日本人にはありがちな不労所得を作れないマインドは「お金は貯めるもの」と言うもの。

このマインドが根付いていると不労所得は作れません。

勿論あったらあっただけ使えとか、宵越しの銭は持つなと言うような江戸っ子の「粋」な文化を見習えと言う話ではありません。

お金と言うものは貯めていると実は減ります。

マイナス金利の影響もあり次々に預けたお金の引き上げに入る方が今では多いので言うまでもありませんが、例え金利がプラスのままであったとしてもお金と言うのはその価値を時間の経過と共に落としているのです。

直接的な要因としては増税が分かりやすいでしょう。

消費税が0から10%になると、0だった時の1000円は10%の消費税になった時900円分しか物が買えないので100円価値が落ちたと言えます。

そうでなくても基本的に社会の発展と共に「最低限文化的な生活」を送るのに必要なものは増え、人一人が1日あたりに使うであろう金額の基準は高くなっているのです。

その為お金は貯めるだけでははっきり言って結果的に数年先にはその半分は使ってもいないのになくなります。

だからこそ、「お金は増やすもの」と言う風に思っておかないといけません。

少しでも増えていくのが普通だと言うのなら変わらないという事が既に異常であると思うようになるでしょう。

実際にアメリカの人たちは国の経済成長は上がって当然だと思っているから、上がり幅が少なくなってきた状態に非常に強い危機感を感じて騒いでいます。

アメリカの経済が突如日本と同じ状態になったら錯乱した人が10人に1人は出るのではないでしょうか?

お金を増やすものだと思っていないので当然の事ながらギャンブルは勿論、投資に対してもついつい二の足を踏むのが日本人と言う人種です。

ただ貯めるだけではなくて、手に入ったお金の一部は増やすためにこそ使うのが当たり前ぐらいの感覚でいないと不労所得で対した金額は手に入れることが出来ません。

銀行、郵便局に300万円貯金すると数年間で発生する利子精々数百円だった時代から今は更に落ちています。

保険につぎ込んでいても同じぐらいのもので精々数千円です。

不動産を買うことでそれを貸したら賃料収入で数万円は一ヶ月につき取れる見込みがあります。

株式投資や外国為替取引だったらもしかしたら一日で数十万円を得るチャンスもあります。

同じ不労所得でも基本こうして安定しないもの、価値の変動が起こるものがやはり大きな収入になってくれるのです。

お金が安定、不変と言われると安心する人も多いと思いますがそれって逆にそのままだと「安定して価値が下がっている」とか「低い価値のまま不変」でもあるという事だけは忘れないようにしましょう。

人に言えることをする

次に取り上げる日本人にはありがちな不労所得を作れないマインドは「儲ける話は秘匿する」と言うもの。

これ要するに専売であるとか独占してこそ利益は上げることができるという、人に知られたらいけないという前提条件があるとても危ういお金の稼ぎ方なのです。

場合によってはちょっと後ろ暗いところがあるとか、聴かれたら嫌な顔をされる恐れのある事をやってでないと大きなお金を稼ぐことは出来ないと言う固定概念が日本人にはあると言えます。

言ってしまうと少し自分の事を低くみていて卑屈なところがあるからこそこんな発想は生まれるのでしょう。

大金を得るためには人に誇れないようなお金の稼ぎ方しか存在しないと言うのであれば、それは日本人にはお金持ちに成ろうとしない人が少ないのも納得です。

しかしそんな事はないという事は誰もが知っている事です。

「インターネットビジネスで毎日遊んでいるのに、毎月いくら稼いでいます。」や「FXで毎月数十万円稼いでいます」などと言う文字をインターネットを探せば河原の小石と同じぐらいの数見かけますが、そうした人たちが堂々と人にその事実を言っているのは後ろ暗いところがあるとか、聴かれたら嫌な顔をされる恐れのある事をやっていないからに他なりません。

そして、そうして人に言えるようなもので不労所得を作らなければ、直ぐに多くの人が同じような方法で不労所得を作り出し、あなたの不労所得と言うのはあってもなくても同じような金額へと落ちていくことになります。

寧ろ逆にそうして自分の不労所得で稼いでいる方法を公開している人と言うのは多くの人がそれをする事や、その情報を人が知ることでお金がより手に入ると言うお金の稼ぎ方をしているわけです。

情報化社会が益々進むこれからの時代、秘匿しないとお金を稼げないような不労所得なんてその寿命は精々1年と言ったところになるでしょう。

不労所得とは言え最低限のお金を手に入れる「何か」はしていく必要があり、その何かから何をしているかを特定するのも解析するのも難しいことではありません。

他にも例えば家族も話せない、後ろめたいことは長く続けていくだけの覚悟が必要ですが、それでお金を手に入れたところで楽しくもないでしょうし、捕まるようなことであったら、手に入れた以上のお金を損失することになります。

儲ける方法を知られてしまうとお金が稼げなくなるような不労所得は不労所得を得ている実感が沸く前になくなるので、人に言える、寧ろ知ってもらいたいようなお金の稼ぎ方で不労所得は作りましょう。

前に出る勢い、最初にやってやるというと言う度胸

日本人の良いところでもあり悪いところでもある「事なかれ主義」や「謙遜」や「譲り合い」の精神がお金を稼ぐ不労所得形成には残念な事にマイナスにしかなりません。

普通に労働するだけであるなら確かに長所にもなりえるところがあります。

その人柄に、その普段の行いから、ビジネスの基本は人対人である訳ですからその「人として」気に入ってもらえる可能性と言う間接的に収入に繋がる可能性のある利点があります。

それに対して不労所得と言うのは「ビジネス」ではありません。

逆に提供している人がどんな人であるかやその人がどこの誰であるかさえも多くの場合関係ない「システム」なのです。

人対人にはならなければ日本人の良いところでもあり悪いところでもある「事なかれ主義」や「謙遜」や「譲り合い」の精神はただ損をするだけになります。

システムである以上は平等に誰もが「した」か「していない」あるいは「出来た」か「出来ない」だけを基準に判断するわけですから、自分を主張しないと誰にも「した」とは思ってもらえず、譲ったらシステムと言うのは一回一回個別で判断する訳ですからその場で損して御仕舞いです。

その為、自分のやったことや作ったものの権利を主張し、時には誰かとぶつかり合ってもそれは守ると言う姿勢でなければ不労所得でお金を稼げるようには成りません。
 

不労所得を作るための心得に最も必要な最後の一つ

以上のような心得が不労所得を作るためには必要であり、日本人の多くが不労所得を作ることが中々出来ないでいる原因でもあるという事ができます。 そして最後にもう一つだけ日本人に多い不労所得が作れない原因について言わせて貰うと「自分では無理」と言う思い込みをするところです。 やってみなければ分からないという事もまた世の中には沢山存在しています。 不労所得を形成する方法も不労所得を得るための手段も沢山さんありますし、誰が何をやったらどうなるかなんて誰にも、自分自身にも分からないこと。 無理だ、無駄だと言う前にまずはやってみる、行動する気持ちが足りないことが何より日本人の多くが不労所得を作れていない理由です。 夢や願いでは中々現実味がないでしょうから、もし本気で不労所得を作ろうと言うならいっそのこと、作るべきものとそれこそ思い込んで、試しに手を出してみることをオススメします。 やってみたら意外とあっさり手にはいる事もあるかもしれませんよ?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

不労所得を作るための心得!長期に亘りお金が欲しい人たちへ
Reader Rating 1 Vote