今の給料が上がってほしい!と考えているあなたに

shutterstock_235978066 (1)

今の会社であなたは満足していますか?

この不景気な社会で最低賃金だけでも満足したまま昇給も望めず、ずっと同じ環境で働いている事について、おかしいな
と思い始めている方もいるのではないでしょうか。

ひとつ勇気を振り絞れば、あなたの時給や昇給もある可能もある事を考えてみましょう。

もしかすると転職よりもまず先に交渉術を学んでみるのもひとつの「手」かもしれません。

給料に納得していますか?

まず、今このリーマンショック後の就業先において、求人票などで昇給を約束している会社はほとんどありません。

大企業であれば、就業規則にきちんと記入してあり、昇格を望める所もしばしありますが、中小企業で最初から「いくらUPする」など書いてない所がこのご時世ほとんどだと思います。

会社側は不景気だからとか人件費が出せないから等色々な理由を使って、労働者に昇給や時給アップを見込めない匂いを漂わせます。

しかしいつまでたっても同じ賃金で、何年も自分よりはるか後輩と同じなんてケースも。

そのまま転職してしまおうか。

しかしまた違うジャンルの職業について同じような給料だとどうしよう。

転職したいがために今の会社を退職しても他ですぐ雇ってもらえなかったらどうしよう。

そんな不安もあると思います。

よく考えて自分の今まで会社にしてきた事や苦労をもう一度考えてみて下さい。

今のあなたのポジションはあなた以外に該当する代わりの人間はいますか?

会社から見て必要とされている立場なのに、時給や昇給について会社と話し合った事はありますか?

ここで退職して諦めるよりも、今の会社と戦ってみていかがでしょうか?

こういったケースもある?!

以前ある会社に管理職として勤めていた時の話です。

とある従業員のAさんは入社当初から変わらない給料体制で働いていました。

数年たって何人か後輩もできました。

しかしAさんの給料は後輩と同じでした。

会社も不景気だし、仕方が無いのだろう。

Aさんはそう割り切ってさらに数年働いてました。

しかし相変わらず給料が上がる事なく社会全般の不景気の流れに沿って黙って勤めていたのです。

Aさんの仕事内容は模範的で後輩を教える立場にいました。

しかしある時、Aさんは自分の給料がこのままなのは、おかしい。

いつまでもこのままだと仕事も転職したほうがいいのか考えはじめました。

後輩の給与と同じなのに仕事内容は増えていく一方だ。

そこでAさんは会社に訴えたのです。

「私の給与についてお話したい」と伝えました。

会社からの回答は、不景気だから我慢してくれ、と。

会社自体は売り上げも好調でやはり不景気なのか。

しかし今Aさんがしている仕事内容はAさんいて回している仕事内容。

Aさんは退職する事を決め、会社に伝えると会社側はAさんに対して「昇給させるから退職はしないでくれ」と言われました。

Aさんと会社側はお互い納得の上会社にそのまま継続して、勤務する事になりました。

何にもせず辞めるより言って得をする事もあるという事でしょうか。

Aさんは「昇給もなくストレスを溜めて働いていたころよりは昇給して会社にもっとこれからも頑張ってくれよと軽く嫌味をいわれたがそのほうがずっと頑張れる」とおっしゃっていたそうです。

会社側の思惑は思ったほど酷なことも

私は経営している方伺った事があります。

なんで昇給しないのか。

従業員は大切ではないのですか?と。

しかしこういった回答が返ってきました。

「そのまま言われるまではなにもしない方が人件費が削減できる」「特に規則に違反していないから問題ないだろう」「不景気だから他の経費がかかるのに時給アップ等無理だ」
最近では昇給なんてインターネットで相談したら、そんな甘くはないぞ、それくらいが妥当だろう、と今の社会情勢を反映したような罵声が浴びられる事もあります。

しかし、会社は全てを受け入れなくてはならない奴隷社会ではありません。

労働者一人一人の思いがあります。

会社側の思惑に従ってばかりだといつまでたっても低賃金のまま就職先にどっぷり浸かり、ストレスを溜めていく一方です。

以外にも、会社は労働者から話を振ってこないと切り出さないケースが多くなってきています。

しかし、それは間違いです。

会社はあくまでも経営を成り立たせる事を基準に考え、従業員に支払う賃金は二の次になってしまうのです。

しかし、言われるまで待っているや、規則が無いからと言って労働者が我慢ばかりしているのが「日本人の特徴」ではないかと思います。

この社会主義における日本人で会社に対して従順に働く。

とても感慨深い人間性だと思います。

しかし労働者あってこそ会社の経営は回るものです。

お金に対して得れるもの自分の一生懸命働いて得た努力のカタチであり、労働者は会社の事ばかりを考えて我慢するのが労働者ではありません。

もちろん、会社での働き方で訴えれるかは個人によりますが、無遅刻無欠勤で人より多く仕事をし、なお且つ会社にとって貢献しているにも関わらず何年も給料や時給が変わらない人は声を出してみる事をしてみませんか?

会社に聞いてみるタイミングと術

上司にこのように伝えてみましょう。

「給料の件でお話したいのですが。今まで働いてきて○年経ちますが、○○○という仕事や、○○という任務をしてきたのですが、給料をあげてもらえないでしょうか」など、
会社へ伝えましょう。

そして具体的に自分がどういった事で会社に貢献してきたかという事も伝えます。

自分の勤務に対しての自己アピールは必ず必要です。

しかしこれは自画自賛ではない事を頭に入れて置きましょう。

経営者はあくまで会社全体をまとめ、従業員一人一人の日々の態度や仕事での実績は立場を把握する事はなかなか難しいものです。

そしてタイミングも重要です。

周りの人に相談「タイミングがわからなければ、周囲の社員に聞いてみたり家族などと相談しましょう。

会社がトラブルで大変な最中や上司が忙しくしている時は避けたほうがよいでしょう。

そして具体的な昇給の金額も視野に入れておきましょう。

金額がわからないのにただあげて欲しいではルーズに思われます。

金額は回りの上司のだいたいの給料や周囲から得た話など会社になるべくあった昇給額を提示しましょう。

わからなけれは、求人雑誌などを見たり同じような業種、職種の情報を得て提示する事もいいと思います。

会社や経営者側は、給料アップについて労働者から申し入れがあるかもしれない可能性はもちろん抱いてるはずです。

経営は長年しているものです。

「給料を本当はあげたいがこの先が不安だ」「これ以上は人件費は出せない」本当にそうであれば納得する回答がもらえるはずです。

もしも、会社からの回答が、昇給、時給アップは難しいと言われた場合、拒絶の返事を受け入れるのは簡単ではありませんが、そこで折れてはいけません。

「今後、昇給するためには、私にはなにが必要でしょうか?」と尋ねるのです。

上司がその質問に答えられないとしたら、その上司は管理職として優秀ではなく、また組織がうまく機能していない可能性があります」質問に対して上司が説明をしてくれたら、次にあなたがやるべきことは明確です。

その後も挑戦を続ければいいのです。

今のお給料に不満がある方へ

今の時代なんでも我慢して、節約したりお金を増やす方法ではなくお金をどうやって減らさない事に必死になりすぎて少しの交渉で生活が変わったりするんです。

今回のAさんのケース以外にも店長の業務をやらされているにも関わらず店長給にならないまま働き、交渉した結果、給料がアップしたというケース等ほかにもたくさんあります。

なぜ自分が上がらないのか、自分にはまだ努力が足らないのか、落ち度があるのではないのだろうか、と切り出せない人がいると思います。

しかし生活のためであって働く側の人間がやる気を失っては、いつまでもそこの会社にいても評価はされず将来において不満が募るばかりだと思います。

中には、横暴に会社に向かって給料が低すぎる!これではやっていけない!と無謀にうったえてその要求が呑まれることなんて例もあります。

自分の成功は自分で勝ち取るべきです。

他人や待っていても動いてくれません。

今立ちあがってあなたの希望を伝えてみる事は絶対に不利益ではありません。

もちろん希望が通らなかった方もこれを機会に新しい一面や考えを直してみる「きっかけ」になることでしょう。

そして希望が通った人方は申し訳なく思わず、会社に対して感謝し、これからより一層経営が上手くいくよう気持ちよく努力できることだと思います。

また、近年労働問題が多発しており、過労や残業代未払いなど日本の法律や労働基準法を掻い潜ったやり方で雇用している企業も少なくありません。

そのような事を暗黙の了解で就労させている問題もあり、話題になっています。

不当な雇用によって雇われる事を受け身として流してしまう私達の性質自体悪いのかもしれません。

だからこそ一人一人が、声をあげて取り組むべきではないでしょうか。

最後に

1 会社に対して交渉してみる決断と行動力を 2 自分の今までの実績と会社への貢献度を改めて振り返ってみる 3 話し合った結果がどうあっても自分への挑戦をしたという経験値がアップする 4 自分のお給料は自分の手で増やしていく考えを持つ 5 努力した結果は必ずなんらかの形でかえってくる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

今の給料が上がってほしい!と考えているあなたに
Reader Rating 4 Votes