フリーランスと言う仕事のあり方、フリーランスで生きるために原点から考える

フリーランスと言う仕事をどう思いますか?

フリーランスと言う言葉を聞いてあなたはどんなイメージを持ちますか?

「自由がある」「自律している」「実力がある」などといったポジティブなイメージでしょうか?

それとも「安定がない」「社会に馴染めていない」「収入が低い」と言ったネガティブなイメージでしょうか?

おおよそ今の日本においてはフリーランスと言う言葉に対してのイメージは後者のイメージの方が多いようでそんなに望んでこの就業形態をしていると言う人は多くないようです。

その理由はやはりなんといっても収入の安定性が良くない事と収入の金額が低くなりがちな事。

必要となるお金の額があがり続ける今の日本においてこれほど恐怖を抱えるような就業形態も恐らくないという事ができます。

しかし、それはフリーランスの何たるかを抑えることが出来ておらず、フリーランスと言う生き方をする上で間違ったことをしているからに他なりません。

何も一部の権力や才能がある人だけがフリーランスと言う就業形態で成功を収めているという訳ではなく、フリーランスと言う就業形態をちゃんと理解し、如何にその形で生きていくかを考え、その形で生きていくために必要な力をつけることが出来るかという事ができていたら実はフリーランスと言う就業形態である程度の成功、ありていに言えば生きていくことは可能です。

そこで今回はそうしたフリーランスと言うものについてその仕事のあり方と、フリーランスで生きるために必要な事について考察して見ました。

フリーランスと言う生き方に興味はございませんか?

フリーランスとは?

フリーランスと言われても実際のところどういう形の就業形態をそう呼んでいるのかをご存知ではない方が意外と多いのが今の日本の社会です。

日本語では自由契約、一般的な職業分類では個人事業主や自由業に該当するのが基本的にフリーランスと呼ばれます。

しかし厳密に言うのであれば、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である事を指しています。

要するに企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ訳であり、厳密に言うと自由業と言うのは少し違うことでもあります。

その語源は中世にまで遡り、王や貴族が戦争の度に契約した傭兵団を離れて戦場に臨む兵士達を指した言葉です。

そうした人たちは当時は槍騎兵が自分の従卒として歩兵や弓兵を連れている形態が多かったため、契約の際には槍の本数こそを1単位としてカウントし、兵士をランサーと呼んでおり、まだ敵勢力と契約を交わしていない兵士を指す言葉として「freelance」が用いられるようになりました。

そして当時は兵士を指していた「free lancer」が、近世以降組織を離れて働く状態を指す言葉に変化しフリーランスな人物、フリーランサーは「拘束されない労働者」という意味で使われるようになりました。

基本的に組織の運営と言うのはその組織に所属している者たちによる統一された意思による集団行動により行われます。

しかしそうした集団行動を支えていくためにはどうしても多くの資本が必要であり、集団行動を維持するためにはそれを支えていけるだけのものを消費し続けるという犠牲を払うことになります。

そう考えた時にその集団行動を維持する必要のないようなものだけを対象として、管理を行わないことでその消費し続ける犠牲を軽減するシステムこそがフリーランスと言うものです。

そのため「拘束されない労働者」と言われる表現が多いですが、フリーランサーを正しく日本語で表現するなら「管理されない労働者」であるという事ができるでしょう。

フリーランサーの意味を考えるのなら

フリーランサーというものを「管理されない労働者」と考えるのであるならば、自分で色々管理する必要があるという事ができます。

生活する場所も、生活様式も、生活するのに必要なお金も自由な時間と言うものが多ければ多いほどに自分で決める必要性がそこには出てきます。

その為フリーランサーは企業に所属して働く人たちよりも恐ろしく多忙な状態に耐えられるか、自己管理をしっかりすることができるかのどちらかの人でないとやっていくことが出来ません。

実際に体を壊して起業から離れ、フリーランサーの道を歩んだ結果、管理されることに慣れすぎていたがあまりに自己管理が出来ず、中々成果を挙げることができないと言う方もいらっしゃいます。

「拘束されない」と言う言葉を使われると多くの人が魅力をかんじることだと思いますが、フリーランサーは拘束されない代わりに自らを律し、自ら決めることが必要なのです。

そして日本人の多くはそうしたフリーランサーに必要な「自らを律し、自ら決めること」を教育課程では勿論、社会に出てからも養われる機会が極端に少ない人種です。

企業の為、家族の為、家の為、対象こそいろいろと違いますがこのどれもが結局のところ「他人の為」である訳で、基本的には「自分の為」に何かをするという事の必要性を私達日本人は教わりませんし、考えるのが良くない事だと教わります。

その為こうした日本人の多くが苦手な「自分のための決定」がまず出来ること、それを行えるマインドがフリーランサーには必要です。

フリーランサーに必要なスキル

フリーランサーとして生きていくための「自己管理」をするだけでフリーランサーとして生きていけるかと言うと勿論そんな事はありません。

原初のフリーランサーで考えてみても分かるように、そもそも管理できずとも雇いたいと思わせるには3つの要素が必要です。

1つ目の要素は低賃金。

当然管理することをしないのにそれと同等のお金が必要であるとなったら誰も雇いたいとは思いません。

2つ目の要素は信頼性。

管理できない訳ですから信用ならない人物は危なすぎて使いたいと思えないでしょう。

そして3つ目の要素が実力です。

管理できなくとも、多少信頼に欠けるとしても実力があればその実力が必要だと言う立場の人は必ず雇います。

こうした中世の戦争のために必要とされ生まれたフリーランサーと今の時代のフリーランサーもそうした本質は変わらず、この3つの要素がなくては生きてはいけません。

その為この3つの要素を生かすためのスキルが必要。

例えば低賃金になりがちなため情報収集をして少しでも割りのいい仕事を探すスキルは必要ですし、その割のいい仕事に危険がないかを調べることもまた必要なことです。

信頼してもらえるような自分の見せ方もまた必要なスキルでしょう。

重要なのは結果ばかりではありません。

コミュニケーションスキルはもちろんの事、情報開示や仕事の相場のといったものの常識を把握するのも大事な事です。

用は「プロ」だと思わせるスキルです。

結果を出せる実力がいるのは当たり前の事で語るまでもありませんが、強いて言うなら何でもできるというよりも「これだけは負けない」「これには自信がある」といった方向性の実力がある方が雇ってもらう可能性をあげることに繋がることを覚えておくと良いです。

フリーランサーで考えるべき事

フリーランサーとして生きていくなら絶対に心がけるべき考え方と言うものがあります。

それは分かっている事以上の事は下手にしない事。

管理できない戦力と言うのは下手に動かれると組織の運営に支障をきたします。

本当に望まれている事を如何にしっかりと遂行出来るのかを突き詰めるのがフリーランサーには必要な事で相手の希望を読み取り、その希望に沿う形の結果を出すことが期待されることなのです。

例えば顔も知らない相手が100円を求めているのに1000円出すのは正しいでしょうか?

答えはNoです。

100円が欲しいと言っている相手が欲しい理由を知る事なんて言ってくれねば基本理解出来ません。

もしかしたらお金としての価値で100円を求めている訳ではない可能性もありますし、100円を求める理由がハッキリしないうちから相手が求めているものとは違うものを提供するのは実はお互いにとって無駄になる可能性があります。

その為如何に早く相手の希望を性格に読み取り、その希望に沿う形の結果を出すことができるかも実力の一つではありますが、経験を積む前からそんな事に挑戦するのはギャンブルと同じこと。

分かっている事以上の事は下手にしない事。

その考え方を徹底できない人はフリーランサーとして適性が高くはないでしょう。

 

フリーランサーとして生きるためには

これまで3つのことがフリーランサーには必要だという事をご説明して来ました。 一つは日本人の多くが苦手な「自分のための決定」が出来ること。 一つは「3つの雇ってもらえる要素に関るスキル」 そして「分かっている事以上の事は下手にしない」と言う考え方が徹底できるかです。 こうして三つ並べてみると分かるように日本人の多くはフリーランサーと言う就業形態に向いていない人が多いです。 しかし、逆に言うなら今の日本の社会に対して肌に合わない、どうにもこの社会が息苦しい、などと考えている方にとっては逆にフリーランサーとしての適正があるという事でもあります。 人の生きる方法はいくつもあり、フリーランサーと言う生き方も選択肢の一つです。 今の社会にどうにも苦痛を感実と言う方、フリーランサーと言う生き方も選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

フリーランスと言う仕事のあり方、フリーランスで生きるために原点から考える
Reader Rating 1 Vote