ネットオークションを利用してみたい方へ!ネットオークションに出品するに当たって知っておきたいこと

ネットオークションに興味はありませんか?

もし、あなたの手元にもう使わないものや、ガラクタだと思っていたのに価値があると分かったものがあったらあなたはどうしますか?

捨てると言う人もいるでしょう、邪魔にならないならとっておくと言う人もいるでしょう、そして売ってお金に変えるという人もいるでしょう。

そんなものを売るときに今オススメされている売り場こそがインターネット。

最近アプリでの利用者が急増しているフリマアプリ、インターネット上のフリーマーケットと言う方法もありますが、それよりも長い歴史を持ち、利益率でフリマアプリよりも上を行くものとしてネットオークションと言うものの存在があげられます。

ネットオークションを利用したことがあると言う人も今では少なくはないでしょう。

出品する側の立場としても一昔前に比べたら圧倒的に多くなっており、物を売るにしても買うにしても価値があるものをやり取りするための手段としてかなり一般的になったと言えます。

このネットオークション、中古ショップに売るよりも当然利益が上げられることも多く、使い方次第では一ヶ月で数十万円を稼ぐと言うのも難しいことではありません。

しかしどうしてもネットオークションを利用するに当たって不安や悩みと言うものを抱える人も多いというのもまた事実。

そこで今回はそんなネットオークションに興味を持って利用してみたいと思う方のためにネットオークションに出品するに当たって知っておきたいことについて考察してみました。

ネットオークションでご自分の物をお金に換えて見たいと思いませんか?

ネットオークションの初歩

ネットオークションを利用するに当たってまずネットオークションとは何かを考える必要があります。

勿論、辞書や教科書に載っているような意味を考えろという事ではありません。

ネットオークションを利用するという事について考えるという事です。

インターネットで展開されるオークションである訳ですから人が欲しいと思ったものを人が欲しいと思えるような価格で販売する必要がまずあります。

物を売る上で至極当然の事ですが、ちゃんとした事前調査なしに良く分からないものを出品している人や、理解不能な値段を出品したものに付けていると言う人もいないわけではないのです。

利用するネットオークションの利用規約にある最低限のルールを守るのはもちろんの事、規約やルールほど厳格なものではないですがマナーを知りそれを守るという事も大事な事です。

盗品、偽物はいけないという事はもちろんの事、初心者に判断が難しいマナー違反として考えられるのは意図的であろうとなかろうと誤解を生むような商品の出品と言うものが考えられます。

そして物を売るために、利益を上げるために最低限抑えておきたいのは可能な限り多くの人に自分が売りたいと思っているものを認知してもらう必要性があります。

利用者のいないようなネットオークションに出品したところで買い手がつかないわけですからこれもまた当たり前の事ですね。

現在ネットオークションで名前の知られているものは3つあって「ヤフオク」「楽天オークション」「モバオク」がそれに該当しますが、ヤフオクが残念ながら利用者数では頭一つ飛び抜けていると言えます。

そして出品者になるわけですから商品にも契約にも責任を持つことが必須。

商品の保管状態、送る状態、契約の確認、相手とのやり取りに対しての責任感が絶対になくてはなりません。

以上の事を読んでみて実に当たり前の事だと思った人も多いでしょうが、逆に言うならば本来これが守れてさえいればネットオークションの利用は誰にでも出来ます。

また購入するときは、こうした当たり前の事を守っていない出品者がいるという事も知っておいて欲しいです。

ネットオークションを利用する前に

実際にネットオークションで何かを出品する前の注意点として、あるいはオススメとしてネットオークションの落札者側の立場になってみることがよく奨められます。

つまりネットオークションで実際に物を買ってみろ、という事なのですがこれで抵抗を覚えると言う人も少なくはないでしょう。

インターネットを調べてみると直ぐに分かることですが、ネットオークションを利用するに当たってお金を損することになるケースとしては圧倒的に出品する立場よりも落札する立場の人に多い話なわけですから躊躇う人の気持ちも分からないでもないです。

しかし「一体どういうものが出品されてどれほどの値段がつけられているのか?」ぐらいであればわざわざ買う必要までないのですが、実際に落札者側の心理や、出品者と落札者のやり取りを知るためにはしておくに越したことはありません。

そしてしておくに越したことはない理由として、商品が売れるかどうかには商品そのものの価値や値段はもちろんの事、出品者の信頼が大事になってくる事も言えます。

信頼できない人からは物を買うと言う行為は誰もが避けたいことでしょうし、一度もネットオークションを利用したことのない人が信頼してもらえるかと言うとこれもまたそうではないところがあるからです。

勿論しっかりした商品と相場を調べた上での安めの金額設定をして、誠実な対応を繰り返して実績を積むこと以上に信頼してもらうしか最終的にない訳ですが、それでもやり取りをスムーズにするためには利用したことがある人であるに越したことはありません。

大事な事は何事もそうですがまず経験すること、それはネットオークションでも同じであり、やって見なければなにが分からないかが分からないという事もまたかなりあります。

最たるものは「落札者の心理」であり「やり取りにかける期間・レスポンスの速さ」「書いてあると安心するような事前説明・注意事項」「どうしたものが価値があると思われるのか」などです。

そのため、やらなくてはいけないとまでは言いませんがやった方が良いものではあります。

どのネットオークションを利用するのか?

今の日本でネットオークションに物を出品してみようと思ったならば先程あげた3つ「ヤフオク」「楽天オークション」「モバオク」がそれに該当すると思っていいでしょう。

その中でも恐らく「ヤフオク」「楽天オークション」のどちらかを最初は使うことになると思います。

なにせヤフオクと楽天オークションを合わせると98%以上のシェアを持っているからであり、そうでなくても90%ほどはヤフオクがシェアを持っているからです。

こうした大手のネットオークションサイトの特徴として「初心者でも取引の操作がしやすい」「扱われる商品の種類とサイトに関する情報が豊富」「出品した商品が落札されやすい」と言ったものがあげられます。

ヤフオクは月額410円のYahoo!プレミアムへの登録が必要になり、ヤフオクを出品者として利用する際の費用として落札額の5.4%の落札手数料が発生し、Tポイントを利用することができます。

正しこちらの場合落札代金は出品者と落札者との直接取引と言うのも注意しておきたいところ、互いの個人情報をやりとりする必要もあるのでそうしたことにリスクを感じる人は避けるべきでしょう。

一方の楽天オークションはと言いますと、まず会員登録が無料であり、落札手数料5.4%と購入者へのポイント負担として1.08%が発生し、当然、楽天スーパーポントが使えます。

また、ヤフオクと違って落札代金は出品者と落札者との直接取引ではなく、楽天を通じて行う必要があるのも安心感があるのも長所です。

落札者は楽天に代金を支払い、利用手数料を引いた代金が楽天から出品者に振り込まれるというシステムであるため必要以上の個人情報をお互いに知ることがなく、素人玄人の間で発生してしまうやり取りでの差を無くす平等感を感じれます。

落札者の代金支払いが完了しないと配送手続きに進めないため、落札者はステップ通りに進めていけばいいので入門者でも安心して取引に臨め、配送が完了して取引成立にならないと出品者に代金は振り込まれず、万が一代金だけを取って故意に配送をしない悪質出品者の場合は、取引不成立として代金は楽天から返金されるので、落札側も楽天が間に入ることで安心感をもって取引できるとも言えます。

また、ヤフオクにはない「匿名配送」ができるのも地味な魅力のひとつ。

あまり個人情報が知られたくないようなデリケートな出品物をやりとりしたい際は、思いのほか利用価値が高いものとなりますがゆうパックや宅急便の対応なので、小さな出品物には対応しないので注意して下さい。
 

ネットオークションはお金を稼げるのか?

ネットオークションについて色々と考察して来ましたが最終的に最も大事な事は「ネットオークションはお金が稼げるのか?」という事に集約されると思います。 勿論お金を稼ぐことは出来ます。 正し「価値ある物を出品し、買ってもらうことが出来たら」と言う前提条件の下です。 物を買ってもらうという事が簡単ではないように、ネットオークションで物を落札してもらうというのは初めて直ぐの人には簡単な事ではありません。 例えば出品しようと思っている商品を欲しがっている人が多そうなオークションを利用することは大事でも、利用者の多いヤフオクを使うのがベストとは限りません。 なにせある程度のやり取りの慣れがなければその時点で個人情報の流出や、直接やり取りでやり込められるなどの何らかのリスクを負うからです。 落札終了の時間を利用者が多い曜日や日付を狙うと言うのもポイントです。 しかし定石通りの「日曜日の夜にする」のが正解とも限りません。 出品されている商品を落札しようと狙う側としてはライバルが少ないに越したことはないのですから、利用者が最終で白熱しやすい=価格が最後に上がりやすくなると言うのは間違った図式ではありませんが、対応できなければ意味がありません。 お金をちゃんと稼ぐにはそうした自分なりのスタイルを商品に合わせて、自分の生活に合わせて組む必要があります。 落札者は商品のタイトルと写真を見て、詳しく見るかを判断しますので目にとまりやすく、商品全体が写った写真を撮影すること。 商品の型番、スペックなどを詳しく書く分かりやすくて丁寧な説明文。 出品する製品のタイトルに検索されすい「1円」「未使用」「送料無料」などの単語を入れる。 そうしたことに加えてなにより取引の実績を積み重ねる事が大事であり、「簡単にお金が誰でも稼げるのか?」と聞かれたならば答えはノーです。 そうしたことを踏まえてもネットオークションを利用してお金を稼いで見たいと言う方は是非一度チャレンジしてみるといいでしょう。 何もしなければそもそも「何が分からないことかが分からない」のですからからまずは一度やってみることです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ネットオークションを利用してみたい方へ!ネットオークションに出品するに当たって知っておきたいこと
Reader Rating 1 Vote