こんなものがお金になるものな時代

今の時代あなたはどんなものがお金になるか知っていますか?

お金が欲しいと思った時にその稼ぐ方法は色々ありますが、一番簡単な世の中でお金を稼ぐ方法とはお金になる物を売ることです。

では一体どんなものがお金になると思いますか?

貴金属や宝石などは確実にお金になる物です。

ブランド品など希少価値や付加価値の高いものもまたお金になる物だと言えます。

そうした物でなくても売れるものは沢山あります。

仕事をするという事は労働力と言う自分の持つお金になる物を売っている訳ですし、著作権のように権利と言うものがお金になるものであるという事もあります。

こうして考えてみると私たちは自分の持っているものでお金になるものは何もないと思い込んでいるだけであるという事ができます。

こうして考えてみると実は私たちは誰もが実はお金になる物を持っているという事が分かります。

意外と自分が気がついていないだけで多くの人が欲しがっているお金になるもの、ちょっと一度真剣に探してみたいと思ったことはありませんか?

そうした人の助けになればと思い、今回はこんなものがお金になるものであるという事を色々とご紹介させていただきます。

実はあなたもお金になるものを持っていたり、簡単に手に入れられたりするかもしれません。

自然物はお金に出来る

まず最初のお金になる物で紹介したいのは自然物です。

徳島県上勝町などの出資によって設立された会社「いろどり」と言う企業をご存知ですか?

この会社一時期とある皆がそれがお金になるものと思っていなかったようなお金になるものを商品として取り扱っている事で
有名になりました。

そのお金になる物とは何かと言うと「葉っぱ」です。

何も特別な葉っぱではなく、本当にただの葉っぱです。

葉っぱビジネスという言葉を聞いたことはありませんか?

一見、日本のどこにでもありそうなのどかな雰囲気を持つこの田舎の町が、ITをフル活用した「葉っぱビジネス」で大成功を収め、日本はもちろん世界中から注目を集め国内外からひっきりなしに視察や見学を目的とした訪問者が訪れている状況を作り出すまでに至ったのです。

ただの葉っぱがなぜお金になる物なのかと言いますと日本料理の飾りに用いられる「つまもの」として価値があるからです。

勿論ただその辺の葉っぱを集めてお店に売ればいいのかと言うとそんなわけではなく、それを商品とするだけのシステム構築こそが葉っぱをお金になるものへと変えたわけですが、それでも葉っぱがお金になるものだとは多くの人は気が付かなかったことには間違いありません。

もっと誰もが手に入れられて参加できそうなものとして面白いものに「流木ハンター」なる物があります。

流木ハンターがお金に買える流木と言うのは、ずばりそのもの川や海に流れてくる木であるあの流木です。

なんとまさかの1万円以上のお金になる物である事もあり、この自然物をただで手に入れてきてネットで販売すると結構高値で売れます。

そんな流木が何故お金になる物なのかと言いますと、オブジェや花器、インテリア、ディスプレイ、そして主に使われる用途として水槽に入れるアクアリウム用と言うものがあります。
勿論1万円以上になるという事がそんなにある訳でもなく、大体の値段は、数百円から数千円程度ではありますが、目利きと塩抜きや灰汁抜きなどの商品用加工ができるようになるとオブジェやインテリア用の大きなものを数万円で売る事も出来るようになります。

同じく実は石なんかがアクアリウム用として数十円?数千円程度で売れたり、数百kg?数トンある岩なんかだと石屋に持っていけば、50万円?200万円という高値で買い取ってもらえる事もあります。

自然物は目利きが出来て、然る方法で売るとお金になる物なのです。

写真を売る

勿論これは芸能人の写真や貴重な情報や資料の写真という訳ではありません。

ではどんな写真家と言いますと本当の光景が写っているようなデジカメでとった普通の写真データがお金になる物なのです。

何故そんなものがお金になる物なのかと言いますと、その主な用途はインターネット上でのサイト。

そうしたサイト運営者達が使うために欲しがるような所謂普通の人でも取れるが、取りに行ったりそれを加工する手間が面倒くさいような写真が実はお金になるのです。

お金に買える方法は簡単、素材サイトと呼ばれるようなところに登録して売りに出すなり、そうしたところを運営するなりして有料会員の方からお金を貰う訳です。

有名な観光地の写真などはもちろんですが、日常の風景などでも、みんなが「使いたい」と思うような写真の場合、定期的に報酬が振り込まれてきます。

勿論取った写真がものすごく高額で売れるわけではありませんが、簡単で手軽に取った写真がお金になるわけであり、何度もダウンロードされたり、センスが評価されたりすると月に数万円稼げることもあります。

写真と言うのは、独自のサイトで自分自身の写真をメインにブログを書いたり、写真集を出すと言う方法でもお金になる物であると言えますが手軽さではこうして欲しがる人に売ってしまうのが一番楽です。

人間はその全てが全てがお金になるもの

自分には何もないと諦めている人も自分自身と言うお金になる物があります。

例えば体を売るというと聞こえはかなり悪いですが、新しく開発した薬や海外から輸入してきた薬のモニターをして報酬をもらう方法である治験モニターと言うものがあります。

冗談でも比喩でもなく薬の臨床試験の対象となるため、まさしく体を売ることになるわけですがその対価として報酬が高い場合は、3日で数万円以上稼ぐこともできます。

多くの場合製薬会社の施設に寝泊まりし、指定された薬を摂取しながら、定期的に健康診断を受けると言う内容で飲酒や喫煙などの直接健康に対して影響が出そうなことでなければ基本的に許されますが、外出の制限があったり、検査が続いたりする事で精神的にストレスを感じる人も多いです。

医学・薬学の専門家によるシミュレーションや、実験用マウスなどで何度も実験し、「人体に悪影響無し」と判断した薬のみが治験に使われるとは言っても形式上「治験で死亡しても責任は問いません」という書類にサインはさせられることや、なにか体の具合が悪くなるたびに「あのときの治験の薬の副作用が出たのか?」と怖くなることもあると言います。

しかしその報酬の魅力からか抽選になることも多いほどやると言う人が多いので、体や気が弱い人にはオススメできませんが、こうした正に体こそがお金になるものと言うお金を稼ぐ方法もある事を紹介させていただきます。

そうした体とまでは言わなくとも基本的に何らかのスキルはお金になる物です。

クラウドソーシングと言う形で仕事を請け負う人も今では多くいらっしゃいますし、変わったところですと「ココナラ」という「自分のスキルを500円で売る」というフリマも存在しています。

このココナラと言うものの面白いところは簡単なイラスト制作、キャッチコピーなどの他にも人生や恋愛についての相談、占いなんという事を売っている方もいらっしゃるところ。

自分がスキルを売るつもりも、人のスキルを買うつもりもなくても中々新しいお金になるもの探しの役に立つサイトですのでもしお金になるものを更に追及していきたいという方にでしたら一度はのぞいてみることをお勧めいたします。
 

お金になるものは人が欲しいと思うもの

今回の記事では3つのお金になるものをご紹介してきましたが他にもお金になる物と言うのは意外に存在しています。 例えば論文代行、Airbnb(エアービーアンドビー)などの空き部屋貸し、家事代行サービス、覆面モニターなどもちょっと変わったお金になるものだと言えるでしょう。 そうしたお金になるものの共通点はそれを求めている人がいると言うこと。 自分が生活しているときや仕事をしているときに、「コレ誰かかわりにやってくれないかなぁ」「アレを誰かしてくれたらなぁ」と思う事があるように、自分が求めるようなものと言うのは他の人にも大体欲しいと思われるものである事が多いです。 しかしそうしたものよりも、人は趣味やこだわりに対して意外なほどにお金を出してでも手に入れようとすることので、お金になるものの中でも特に価値を高めるのはそうした必要性とは無縁のものである事も多いです。 広い対象に安い金銭で売れるようなお金になるものを追求する人も、極限られた人に対して高額な金銭と引き換えてもらえるお金になるものを探す人もいると思いますが、「これはお金になるかもしれない」と言う発想に至れるかこそがお金になるものを見つけるチャンスであるのは同じです。 そのため、もしお金になるものが欲しいと思った時は自分が物を買ったときや買うときの気持ちを一度思い返してみたり、目に付いたものがお金になる物ではないかを先入観に囚われることなく調べてみると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

こんなものがお金になるものな時代
0.0Overall Score
Reader Rating 1 Vote