セミリタイアをしても大丈夫にするために必要な事

セミリタイアを目指す方に

セミリタイアと言う言葉を聞いたことがありませんか?

セミリタイアとは、文字通り、セミ(半分)リタイア(引退)をすることを指した和製英語です。

その意味は定年退職の年来が60歳や65歳など企業によって異なるものの、用はそうした定年退職前に会社を退職してしまい、何かしらの手段で収入を得るか、築いた財産によって生活をし、気ままに暮らしていくことを指します。

ちなみに正しい英語ではアーリーリタイアと呼ばれる行為がこれです。

サラリーマンとして定年まで働き続けなければならないというのは中々やってみずとも大変なことが分かるように、話したくない人とも上手く付き合っていかなければならず、人間関係にストレスを感じているという方は多くいらっしゃいます。

人間関係が原因で会社を辞めたいと感じている方も非常に多いでしょうし、ストレスを感じていないように思っていても体の方がついていかずに体の方を壊してしまい働けなくなると言う人もまた今の日本企業では起こっています。

精神的な疾患うつ病や自律神経失調症になる危険性もある、働いても働いても楽にならずに頑張っていたが、ついには体が壊れてしまう。

そうした可能性がある中、セミリタイアというこの言葉が今の日本で憧れと言うか夢となっているのも納得です。

恐らく誰もが一度は考えた理想と言うか夢の形の一つであると言えるでしょうこのセミリタイアと言うものを今の世の中では50歳といわず30歳でしていると言う人もいらっしゃいます。

そしてそれを成している人と言うのは何も特別に素晴らしい才能がある人だけという訳ではないのです。

では何がセミリタイアに必要なものなのかと言いますと、その答えはずばり段取りです。

勿論才能や経験、コネが最初からあるに越したことはありませんが、しっかりとした段取りなくしてセミリタイアをしても大丈夫な状態と言うのは作り出すことが出来ません。

恐らく今の社会の中で最も贅沢な選択肢であるこのセミリタイアと言うものに向けて必要なこととは何か?

少しでもセミリタイアをして見たいと思う方のために今回はそうしたセミリタイアをしても太政部にするために必要な事について考察してみました。

もしかしたら、自分にも出来たなら、心のどこかでそうした思いを抱いているなら是非見てみて下さい。

セミリタイアに向けた目標設定

まず最初にセミリタイアをするための段取りとして目標を立てることが必要です。

そして目標設定をするためには必要なものを考えなくてはいけません。

とりあえず誰にでも思い浮かぶのがお金と言うもの。

お金については後ほど詳しく取り上げますのでここでは一旦おいておきます。

住居も確実に必要です。

セミリタイアした後にはかなり多額の金額が必要となってきますので、出来れば持ち家がある方が好ましいのですが、そうでないとしても自分の活動拠点となるべき住居は心身の健康のため、社会で生きる上での身分証明のためにも絶対に必要な要素です。

万が一多額のお金を持ってセミリタイアしたとしても住所不定無職ではセミリタイアした人とはまた違った存在であると思われます。

そしてまたセミリタイアをする事がプラスになる要素がそもそもなくてはセミリタイアする必要性がありません。

例えば仕事をする事こそが生きがいの人ならセミリタイアするのは苦痛でしかありませんし、人と一緒に過ごす、あるいは何かする事が好きだという人が独身のままセミリタイアしたところでなにが楽しいのか分からない状態になるだけです。

そうしたセミリタイアしたい理由がプラス方向でないと折角セミリタイアするだけの状態が整っていてもそれをする価値がなくなるので、明確なセミリタイアする理由と言うのがセミリタイアした後それを幸せだと思っていくためには必要な事です。

こうした何がどういう状態こそが幸せかと言うのは人によって変わってきますので何を用意して下さいとは言えませんが、自分に何があったら幸せなのかを明確にして億個とは絶対に必要な事です。

もし仮に只今仕事をするのが嫌だから、ただなんとなくセミリタイアできるというのはいいことだと言われるからと言う理由からセミリタイアをしたところで1年持たずに後悔することになります。

そうしたセミリタイアしたいプラス方向への明確な理由、が見つかったのならいよいよ具体的に段取りを考えていく段階に入っていきます。

この段階で最初に考えたいのはお金の事です。

セミリタイアするのに必須なお金

続いてセミリタイアに欠かせないものの筆頭候補として挙げられるお金の話に入っていきます。

お金がなくては人間は生きてはいけないのは当たり前の事であり、セミリタイアした後生きていくためにお金はなにより重要な要素です。

海外で生活したほうが楽な場合もかなり多いですが、今回の記事を読むのは日本人が殆どであり、日本で生活していきたいと言う人が多いでしょうから日本で過ごすために必要な目標金額を考えて見ましょう。

現段階でハッキリしているビジョンとして消費税は10%にまで上がることがわかっており、おそらく18%ぐらいまでは上がることになるだろうといわれています。

大体今の夫婦で生活するなら年収300万円がボーダーラインといわれている日本においてはその10%上げた金額330万円年間で消費すると言うのが基準としましょう。

90歳まで生きるとして30歳でセミリタイアをするなら60年間で必要なお金の目標金額はざっと1億9千800万円。

分かりやすく考えるなら宝くじの一等を2回当てるだけの金額です。

独り身でセミリタイアするというのであれば焼くこの半分とざっくり考えてみても宝くじを一回はあてる必要がある事になります。

だいたいざっとこのぐらいの貯金があればセミリタイア可能ですが、この金額を30歳で稼げると言う人なんてまずいないでしょう。

その為ある程度は継続的に収入が得られる形でセミリタイアをするのが最も望ましい訳ですが、セミリタイアするので働いて収入を得ていく事はしないというのなら不労所得に頼るしか方法はない訳です。

貯金か、不労所得かの二択となるとセミリタイアと言う夢は一気に遠く離れてしまうことになるので、もし実現させようと思ったならば貯金と不労所得の両方を作る必要性があります。

仕事をしながら不労所得が作れるか?

貯金を作りつつ不労所得形成をしようとするのは中々大変な事であり、やれるべき物は限られてくるでしょう。

キャラクターを作ったり、本を出したりと言ったもので不労所得を作るというのは誰もが出来る事ではありませんし、どれほど才能があろうとも所謂コネと言うものがものを言う世界ですから才能があろうとも中々うまくは行きません。

そこで誰もが出来そうで不労所得になりそうなものとなってくるとインターネットビジネスか投資、あるいはネットワークビジネスと言う形が考えられます。

しかしネットーワークビジネスは全体のおよそ1%しかいない最初に始めた方の人にならなくてはいけませんので余程革新的なものに一か八かで手を出すしかなくなります。

その為やはり無難なものはインターネットビジネスや投資となります。

投資はFXぐらいならばともかくとして不動産の購入や株式を取り扱うとなると何よりまずある程度のお金がなくては話になりませんし、やるとなったらインターネットビジネス系統になってくるでしょう。

しかし一定額以上稼げる不労所得となってくるとその種類は限られてきます。

たとえば、誰でも簡単に稼げる「Naverまとめ」というホームページがあり、まとめサイトを作るとそのアクセス数に応じたお小遣いが稼げます。

しかし、実際には100アクセスで1円くらいの収入にしかならないですので月100万人が来るまとめ記事を作ったところで、月1万円の収入にしかなりません。

一時期流行ったYouTube出の広告収入と言うのはどうでしょうか?

この方法ですと1再生あたり0.05円?0.1円くらいの広告収入が得られますのでほったらかしで100万回再生されたとしたら、5万円から10万円の不労所得形成が出来ます。

しかし、所謂ミリオンと言われる世界に足を踏み入れることが出来る動画と言うのは中々作り出せないものでそんなに簡単に100万回再生されるわけがありません。

普通の人がやったところで100回くらい再生されてなかなかと言ったところですので5円から10円くらいの不労所得と言う形です。

最も有名なアフィリエイトやドロップシッピング伴ってくると作業の大変さややるべきことの多さが一気に増えてきますが大成できるようになるとしたらやはりそうした労力を惜しまずやったもの。

腕に自信があってコネもあるとなってきたならコピーライティングや成果報酬型コンサルティングと言うものを選択するのが一番でしょう。

なんといっても億単位に手が届く人も存在します。

と、ここまで色々とインターネットビジネスをあげてまいりましたがはっきりと言えることは簡単に不労所得と言うのは作れません、という事です。

労働しながら不労所得を形成していくことが出来、「不労所得≒生活費」という状態を作り出せたならその時初めてセミリタイア生活ができますが、セミリタイアをどうしてもしたいという強い熱意がやはりここでも必要となってきます。
 

セミリタイアは自ら望んでするべきほどのものでもない

これまでセミリタイアをしても大丈夫にするために必要な事として色々と考察して来ましたがよほど何らかの理由でセミリタイアがしたいのだという人でなければそれをするための労力に見合うだけのものでは意外と無いと思った方も多いでしょう。 実際にその通りで、毎日やりたいことだけ暮らそうとしたところで殆どの人は1年やり続けたら飽きると言われていますし、それだけのお金を作れるだけの何かをする事が生きがいぐらいの人でなければ毎日やりたいことをして過ごせるだけのお金は稼げません。 その為、多くの世の中の人が憧れたり夢だと思っているセミリタイアと言うものは実は自ら望んでやるべきほどのものでもないのだと言えます。 日々の生活の中、たまにある楽しいことだからこそ人は大きな喜びを感じることが多いもの。 そのためセミリタイアとは本当にするより、そうなりたいと思って過ごした方がいいものなのかもしれません。>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

セミリタイアをしても大丈夫にするために必要な事
Reader Rating 0 Votes