植木屋に見習え

shutterstock_300425066

この不景気にも負けないほど繁盛する商売とは?

お金を稼ぐやり方は、組織に入りサラリーを貰うと言う方法と直接御代と言う形で報酬をもらう方法が一般的です。

サラリーは固定給ですから、アップがなければ多くはなりません。年に二回の賞与も決まった内容ですから懐が大繁盛になるとはいきません。

かわりに、自営や個人事業であれば、安定はしないものの、やり方や努力次第で、軌道にのり、それこそ繁盛となるチャンスは大いにありえます。

そのチャンスをつかみたいがために、誰しもが様々なスタイルで特化しているといえます。

とくに、注目したいの職種に植木屋があるのはご存知でしょうか?

造園と植木

造園業と植木屋には大きな違いがあります。

植物を管理するのが造園になります。

一方、頼まれて処理をするのが植木屋です。

もう少し突っ込んで話すならば、一般的に造園業は、住宅の庭園造りや公共施設である公園の緑化整備などを行う業者です。

故に国家資格というものも必要になったりします。

理由は勝手気まま、理由が職人の個人の感性に頼られては統一がとれなくならからです。

平たく言えば資格を持ったサラリーマンということになります。

また、企業ですから、業務内容も多岐にわたります。

植木の販売・剪定などの手入れはもとより、木々につく害虫駆除、雑草対策、芝刈りにいたるまで緑地の全般を視野に考えられる内容になります。

もちろん、庭のアレンジや成形、生垣の作成など不動産の空間プロデュースまでさまざまです。 

植木屋の仕事はどうでしょうか?

庭の木や植木の剪定であったり、垣根を整備したりすることがメインになります。

個人経営の類あるいは職人の総称として使われる言い方故に、請け負う仕事も家庭や会社という個別的なものが多いそうです。

もちろん、除草・植樹・芝生の刈り取りなどの草木の取り扱いもありす。

管理と言えば造園てすが、頼まれた通りに作業するのが植木屋ということになるでしょう。

また特別な資格は要らず、実務経験と腕さえあれば仕事ははいってきます。

造園は公園や街路樹などの植栽を扱うことが主だっている反面、経営で複数職人を抱える植木屋てあれば、同様な希望の仕事を請け負うことは可能です。

どんな資格?

庭や不動産緑地を管理するための資格とは?

一つには「造園技能士」があります。

造園技能士は国によって定められたら庭に関するさまざまな知識と技能の検定に受かった人のことです。

大規模な公共工事においては、土木のつぎに現場に参加することが義務づけられるている点においても、その資格の効果はかなり有効であるともいえます。

また、造園技能士になるための検定試験には、1級から3級があり、それぞれ学科試験と実技試験に合格しなければなりません。

実技試験には、実際に庭園を作成する作業試験と樹木の枝を見て樹木名を判定する要素試験があります。

専門職故の当然の課題です。

また、造園技能士は作業の安全性を確保したり効率を高めるためにクレーン車での作業や建設機械の扱い方などの技能講習を受ける場合が多々あります。

そのために、別途クレーン車の資格も取ることが任意であったりもします。

仕事はかなり幅広く

お金をかけて学校に通ったのですから、高い技術力と高度な知識を身につけたものは何倍にもって返ってこなければ意味がありません。

まして、職人として認められれば、必然的に仕事がまわってくるわけです。

さらに言えば、庭園や緑地帯の管理だけでなく、施行段階から深く携わることができます。

実はこの施行のビジネスが今もっとも注目されているといわれています。

街路樹として、様々な気を植える事で、街を活性化させるということです。

最近のブームは、海外の樹木を検疫を通り植えるというものです。

何故そんなに人気なのかと言えば、木々の生命力をマジマジと感じられるというパワースポット要素もさることながら、癒やしを求めるというものがつよいようです。

持ってくる木も、珍しいものがおおいのと、たくさんの食せる実がなることもあります。

また、逆もしかりで、海外では植林は盛んであっても、まだまだそうした緑地化には至っていない分野で未開拓のようです。

つまり研究が日本の土台ほどはないので、日本の造園理念が諸外国でも受け入れられ始めているということです。

もう一つの資格

造園施行管理技士です。

先ほどの緑地植樹にも大いに関わる資格です。

屋上緑化・公園・庭園・道路緑化の工事等、造園工事を適正に施工するために、現場を監督、総括しなければならず、当然計画も含め管理しなければならないわけです。

その責任のある立場として主任技術者や管理技術者がいます。

そのための資格がこれにあたります。

難易度が高いと言われる所以は、実務経験が必要ということプラス、学科も含めたかなり専門的な知識を必要とされているからです。

この資格を元に海外で活躍する人が多いというのもうなずけます。

土木や林業とは何が違う?

土木事業は、主に生活に必要なライフライン整備(ガス・水道・電気)を行います。

また、道路や橋、ダムや講堂、スタジアム施設建設、復旧工事といった公共工事や、宅地造成、マンション・ビル建設などの民間工事などがあります。

庭をつくったり、庭園や造園を作ることではありません。

故に資格も造園で使われるものを持っていても、現場ではつかわないか、違反になります。

また、同じ植物である木々を扱う職業の林業ならどうでしょう?

これは国有地や、私有地にある木を利用して防風、防災、資材になるために管理するのが目的のものです。

もちろん、植林ということはありますが、山や林を管理するための物で国立公園並みの広大な森林が現場になるのです。

なので、ここでも造園の資格があっても、一部の共通点しか当てはまらないということになるのです。
 

見習うこと

儲かるからやる、お金がすぐ作れるからやるという動機では厳しいことはわかるでしょう。

それならば土木の方が日雇いでおこなえますからよっぽどいいかもしれません。

同じように体力も消耗し汚れることなのですから、大金をつかむまでに時間がかるような非効率的なやり方はナンセンスとなります。

しかし、何故造園なのでしょう?

実は、資格が無くてもおこなえるからなのです。

それが植木屋なのです。

職人の粋に行くには時間のかかることですが、手先や感性が整ってさえいれば近道もあるのがこの仕事です。

一人前になるのに三年は我慢するくらいの根性があれば、間違いなく独り立ちしていけます。

植木屋を呼ばずとも、家の剪定や雑草の草取りをやるということを想像すればわかることです。

つまり、面倒くさいこと、やりたくないことをかわりに、やってあげているだけなのです。

きれいな庭園やそれらの設計までを目指すならば、たしかに、物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、それは自分を相手に評価してもらうことである意味納得させてお金をもらうというリスクがあるのです。
トラブルも当然出ます。

理由は感性でも、表現法でも、好き嫌いがあるからです。

自分の表現を押しつけられて納得するのは始めだけです。

長い間を過ごしてみれば飽きたり物足りなさを感じるかもしれません。

それとは違う作業にも似た植木屋の仕事はどうでしょう?

丁寧に言われたこと以上の清潔感な庭作りを心掛けるだけですでにファンになります。

それは、主体が依頼者にあるからです。

その仕組みを肝に銘じ、ひたすら喜ばれることをやる。

やれる人が少なく、知識もなければ出来ない職種故、高額な報酬にもなる。

まして、人の髪の毛のように、自然物ですからのびます。
手入れはなくなるのです。

そうしたことを考えたとき、侮れない職種で有ることに気がつくと思います。

植物ってほんとうに大事なんです

日本が国をあげて植林をしたことはご存知でしょうか? いいか悪いかは別なのですが、杉の木の植林がなされました。 そのおかげで、水を土地にため込むこともでき、緑の多い国になったそうです。 確かに、花粉症やアレルギー性鼻炎を誘発するとさえ言われています。 しかし、これらの植林がなされなかったら、中国や北朝鮮の禿げ山同様、戦後の復興の勢いと同じように加速して禿げ山になったことでしょう。 緑を失うことを嫌う私たち日本人は、切っても切れない植物、木々の恩恵の元暮らしてきた歴史があるのです。 未だに京都や金沢に足繁く通い、冠婚葬祭の場所に必ず庭園があるのも、その憧憬が心の中の古来からの遺伝子に働きかけて作り上げたたまものなのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

植木屋に見習え
Reader Rating 1 Vote