お金を稼ぐ行為は積極的で人に対する思いやりがある人にだけ運が味方をする

確実にお金をつくりたいなら…

お金を稼ぐことにこだわるとしたら、稼ぎの良い、つまりギャンブル並みに一気に大金を掴む方法か、コツコツ貯める方法かしかないでしょう。

その中で確実性を追求するならば、法にも触れず、誰にもとがめられないもので取り組みたいものです。

そのやり方がこれらです。

困ったときのオタスケマン

便利屋という仕事はご存じでしょうか?

その業務内容はたきにわたるものです。

庭の手入れ、粗大ゴミ回収、部屋の掃除、蛍光灯などの交換、屋根上清掃、水漏れ修理。

スズメバチ駆除やネズミ駆除もあるほどです。

大概はお年寄りなどの体が不自由な人だという事が考えられがちですが、今や都会の主婦や一人暮らしの若者からも依頼が多いといいます。

その多くは清掃だそうです。

業者に頼む清掃とは一般的に専門分野ということで、例えば水回り。

トイレや流し、洗面台、風呂場のパイプ汚れ。

特に下水までの臭い取りは普通の人でなくともやりたがりません。

その他、換気扇やキッチン周りは重労働故に時間もかかりますし、次の日の仕事に支障をきたしてしまうほどの作業でしょう。

こうしたよくいう3Kを一手に担う仕事が便利屋なのです。

専門職はその仕事はやるが、それはやらない。

その仕事は専門外なので“何かあったら”を理由に絶対に引き受けません。

しかし、便利屋は“何かあったら”を“何かあっても”の姿勢で引き受けてくれます。

問題があれば、責任は負いかねませんがやれることはやりますというスタンスです。

しかも、以外にそうした引き受け方でも問題にならない事の方が多いものです。

そして、頼む方は頼みやすいので“ついでに”の発想と“また頼みたい”という一貫した共通点を生み出してしまうそうなのです。

この困ったときのオタスケマンを引き受けられる人は、その報酬としてお金を稼げるチャンスが多いと言うことです。

もちろん資格がなければ出来ないものには例え得意であっても手をでしてはいけないルールはありますけれど。

DJまがいな方法も?

少し専門的な技術もいりますが、かなり需要があります。

今や高校の必須科目にもなっているダンス。

空前のダンスブームといってもいいでしょう。

健康と創造性の育成と一役買っている事は学術的にも認められているこのダンス。

体育教師も昭和のそれとは明らかに異なるステップの進化について行くべく悪戦苦闘の日々だそうです。

中でも団体の振り付けによるダンスは、子供たちもやる気にみなぎるばかりか、その発表の場を探して披露したいといわんばかりの勢いです。

その中で一番重要なのが音楽です。

プロフェッショナルな位置の人ならばどんな音楽でも合わせられるでしょうし、感性で巧みな表現をしていくことでしょう。

しかし、通常は四小節刻みの繰り返してメロディーやフレーズといった単調なサウンドに、しっかりと弾かれるビートがメインになります。

実はこのサウンドにこそ需要があるのです。

今はCDなどの曲をハードディスクに落とすという方法がメインです。

そして、気に入った曲をまとめてiPodなどに入れるということになるのですが、これらの方法では欠点がでてしまいます。

曲の始まりと終わりがそれぞれ販売された状態のままであるということです。

また、曲と曲の間に空白が有るのも必然的になります。

さらには、テンポ(BPM)にばらつきがでてしまうことなどです。

DJはこの欠点を見事に外して、飽きのこない選曲を繰り返していく職人です。

これと同じ事を二時間三時間と連続でミキシングした物を販売すれば良いということなのです。

それぞれのチームにはそれぞれのDJがいるわけではなく、ダビングしたものを用意するか、有名DJの物を買うかということになります。

仕方なく自分で編集したもので我慢するダンサーも多く、つぎはぎだらけでストレスを感じている人達もいます。

練習用というのは、ストレッチやウォーミングアップ、ステップの確認やエクササイズなど、適度な流れを出していればいいものです。

80から90BPMのウォーミングアップまで、そらから100から140BPMの振りや技の練習に使い分けられた音を用意するのはダンサーには打って付けになります。

また、流行りの曲やメロディーラインなどに特徴のあるものは気合いの入ったダンス練習になるので、テンションを上げたい時用に持っていたい気持ちがあるものです。

DJミキサーとCDターンテーブルがなくとも、今ではパソコンでの操作も可能になったので、すこし勉強すれば曲と曲をつなぐことぐらいたやすいものです。

そして、たくさんの曲もYouTubeなどでダウンロード出来ますからただで選曲できてしまいます。

こんな所にも実はお金になる方法が落ちているものなのです。

かなり地味な方法

お隣は中国。

相当な羽振りの良さは一昔前のバブル景気の日本をみているようです。

急速に発達する中国国内は産業、都市づくりを見ればわかるものです。

あの人口全てをまかなうには、地球があと一つなければならないとさえいえるかもしれません。

特に、食物に関して言えば、共産主義でなければとっくに地球上から生物がいなくなるのではと懸念されていました。

大食漢だというのではなく、まかないの方法や習慣がことなるのでしかたありません。

四国の皿鉢料理よのうな振る舞い四六時中しているのですから、お金持ちに成りたいという人への国の歯止めがなければやっていけないことでしょう。

寿司で言えばマグロがその鉾先てあったことは有名です。

中国が乗り出した途端に制限となりました。

かつてはその用な食べ物、生ものなどには目もくれなかったにもかかわらず、世界中の美食家の評判、お金持ちのライフスタイルでの食事など注目されていることへの羨望から寿司に憧れたという分析が述べられていました。

そして、次の食材の中で知る人ぞ知るものが実は、『なまこ』だそうです。

これはマグロとちがい、中国では昔から食べられていました。

なのに何故今ごろナマコなのかというと、『日本産』ということでの珍重ぶりなのだそうだ。

日本でもホヤガイのように一部の愛好家が食す食べ物ですが、ほとんど見向きもされない生き物です。

漁師もとらないものですが、日本産ということで“安心”“安全”“高価”という中国人が抱くブランド志向がそこに隠されているからだと専門家はみています。

これを漁業権のないあるいは取り引きされない地域での採集をして中国人バイヤーに販売している人もいるのです。

砂地の浅瀬に漂流するなまこを丹念に拾うだけでキロあたり数千円で取り引きできるのであればかなりの額になります。

同じように取引金額は少ないですがお金になるものでは、ウシガエル捕獲と言うのもあるそうです。

食糧難の戦後、海外から養殖として持ち込まれたこのカエルがその母国である中国に逆輸入されるというなんとも不思議な光景ではあるが、これもあの大国が求めるニーズであるならば致し方のないことなのでしょう。

料理が得意なら

保健所の衛生管理に引っかからないような根回しはひつようにはなりますが、食品加工の延長にある一品調理があります。

道の駅などで売られる地元食材をつかった加工品です。

アイデアはもとより、見栄えや味わいに特徴がある料理てあればその食品を降ろすチャンスはあります。

日持ちするパイや、総菜パン。

炊き込み系のご飯や冷めも味を損なわない煮付けなど。

店頭で演出販売をするのは様々な制約がでてきますが、保冷ケース販売している店舗内であれば、パッケージ入りして置けますから場所取りだけです。

単価は少なくともリピーターが増えることで、長期的な収入につながるということになります。

ありそうでない和スイーツなど、その分野は開拓の余地がありますからアイデアを出して挑戦してみるのがおすすめです。

共通項

こうした仕事の共通項は、必要としている事を見つけ出せることと、必要とされる人になりたいというの二点と、そして、必要としている人に出会えるという三点が整っていなければならないのです。 どれが欠けていても成立しません。 頼まれたことを嫌々やっていたら、次は頼みたくなくなります。 困ってると言うのに、気がつかずに通り過ぎる人は、仕事になるチャンスを常にのがしてしまっています。 お金になるからと困ってもいない人に無理やりセールスするのは、脅迫や詐欺と受け取られかねません。 結局はお金を稼ぐ行為事態、積極的で人に対する思いやりがある人に運が味方をするわけです。 販売を許可される場所を確保していければ確実に収入に繋がる全く新しい副業という分野なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金を稼ぐ行為は積極的で人に対する思いやりがある人にだけ運が味方をする
Reader Rating 1 Vote