クラウドソーシングの儲けの出し方!クラウドソーシングはどう利用するのが妥当なのか?

クラウドソーシングを利用したことはありますか?

日本において副業として、あるいはそれこそを本業としてクラウドソーシングをしている人の数が年々増えています。

クラウドソーシングと言うものの定義は「仕事を依頼したい企業と仕事を受注したい個人をWeb上でマッチングするサービス」のことであると言えるでしょう。

所謂個人で依頼を受けてそれをするような在宅ワークと言うのも子の中の一つで、そうしたクラウドソーシングサービスを運営するサイトにはデザイナー、エンジニア、ライターなどといった様々な仕事をする人材が、専門知識の無い人からプロのフリーランスまでの幅広い層で多数登録して依頼のやり取りをするものです。

いつでもどこでも、必要な時に、必要な分だけ、必要なスキルを持った人へ仕事を外注することができるため、多くの企業が抱えるリソース不足の解消や、人件費の流動化を実現できるソリューションとして注目が集まっている面。

その逆にいつでもどこでも、必要な時に、必要な分だけ、必要なスキルを持った人が、スマートフォンやタブレットPCの普及が進んだこともあり、在宅で仕事をするインフラが整備され充分な仕事をする事ができる就業形態としての面。

そうしたいくつかの面と社会の流れから今後更にこのクラウドソーシングと言うシステム利用者は増えるであろうという事ができます。

そうしたクラウドソーシングを利用して成功を収めた一例が「ノマドワーカー」と呼ばれる人たち。

働く時間や形態、場所を自分で決めて自宅やカフェなどで仕事をするそうした人たちの中にはインターネットがつながっている場所であれば、極端な話、世界中どこにいても働ける上に、その収入も、毎年数億円の利益をあげる凄腕もいます。

しかしそうした大きなお金を稼ぐことの出来る可能性を秘めたクラウドソーシングと言うシステムは何も慈善事業としてやサービスの一貫として行われているものではなく、あくまでビジネスとして行われているものであり、利用者以上に運営者側が大きな利益をあげているという事を忘れてはなりません。

なぜなら運営者側が確実に大きな利益を上げているという事は利用者は確実にある程度の割合で損をする、または損をしていると言う状態にあるのですから。

その為もしこれからクラウドソーシングでお金を稼ごうと言う方に参考になればと思い今回「クラウドソーシングの儲けの出し方」と言うものについてご紹介したいと思います。

もし現状でクラウドソーシングを利用していると言う肩もクラウドソーシングと言うものは自分の労力に見合う仕事なのか?をこの記事を読んで考えていただけたら幸いです。

クラウドソーシングでの求人の実態

クラウドソーシングで何かしようと思うなら当然はインターネットを利用することになります。

そしてどうせするなら少しでも簡単で多くの収入を求めると言うのが人の性。

その為「簡単」「手軽」と言う言葉や「高収入」「高額」と言うキーワードで仕事を検索すると大体そうした2つの言葉がセットになった情報が出てきます。

「簡単に高収入」「短い作業時間で高額の~」と言う情報が沢山ある訳ですが、そんなに沢山あるのなら日本の景気が悪いはずが無いとは思いませんか? 

そうして客観的に考えればすぐ分かりそうなことですが、インターネットでそうしたキーワードで検索して出てきた仕事の1ページ目に出てくるような情報は、たくさんの人が目にしていますがたくさんの人がおいしい思いができる情報は全く存在していないです。

これは勿論わたしたちがインターネットやテレビなどのマスメディアで目にする情報は、発信者の利益という意図があるから発進されている情報であるからです。

たとえば、典型的なものが口コミサイトや個人運営のランキングサイト。

口コミサイトの多くはそもそも販売促進を目的に作られていますし、個人運営のランキングサイトのいくつかは報酬と引き換えで順位をつけているようなものも多数存在しています。

特に酷いケースで言うなら、販売者が「ヤラセ」のサイトを運営しているケースやそもそも情報自体が詐欺であるケースもあります。

情報を目にした人全員が大勝ちできるようなことはちょっと考えたら分かるように残念ながらありません。

クラウドソーシングもまた同じ事が言え、割の良さそうな仕事と言うのは実績があったり、長く取引を行っている人にこそいく情報で、詐欺やヤラセとまではいかないものの、誰にでも知る事の出来る高額な報酬にはほぼ確実に割に合わない内容だったり大きなリスクの伴うケースが多いです。

その為クラウドソーシングでお金を稼ごうと思ったならばお金を稼げるだけの実績と信頼を作る事が必要不可欠。

クラウドソーシングでの求人の実態は結局のところサービス提供する企業の利益が最優先なのでやり始めから割りの良い仕事は求めてはいけません。

クラウドソーシングでの基本的なものの考え方

クラウドソーシングと言うものの定義は「仕事を依頼したい企業と仕事を受注したい個人をWeb上でマッチングするサービス」です。

そのため依頼を出すような個人や企業はリソース不足の解消や、人件費の流動化を目的として利用するのです。

何が言いたいのかと言うと、依頼を受ける側としては最低限の出費の中での最大の結果を期待して出された依頼であるという事を意識して行う必要があるという事です。

例えばクラウドソーシングで大きな儲けを得るために「資格を取らなくては」あるいは「専門知識を身につけなくては」と考える人がいますがそれをするのはクラウドソーシングを利用する上で勿体無い発想です。

なぜならそれだけのものを得るための努力をするならクラウドソーシングでは無く、企業に就職すると言う形の方が多くの収入と安定した収入が得られるからです。

クラウドソーシングでは依頼を出す側も依頼を受ける相手に対して自由と言う報酬を与えることで金銭的な報酬を低めに設定しています。

そのため「資格がないと仕事をはじめる権利をもらえない」という依頼でなければ、資格をわざわざ取ってから始めるよりも自分の手元にあるスキルや才能で仕事を請けて数をこなした方が「妥当」と言うもの。

クラウドソーシングと言う就業形態は安定や高収入が長所ではなく、依頼者と受注者どちらにとっても自由である事こそが最大の長所であり、その長所に魅力を感じることが無ければ積極的に利用する必要性がそもそも低いものなのです。

仮に一定以上の収入がほしいと言うのであっても、複数のクラウドソーシング、複数の依頼者から自分の希望に合う仕事のリサーチに時間をつかうか、さっさと仕事をはじめて実務の中で実力を磨いたほうが、より早くお金を稼げるようなるのです。

自分にとって何が一番欲しいものなのかを考えた時、自由や自分の実力への評価であると言う人にはクラウドソーシングはオススメですがそうでない人は普通に就職するほうが希望に沿っている事が多いという事は基本的な考え方として持つべきことです。

クラウドソーシング運営側の儲けを考えてみる

クラウドソーシングと言うサイト運営で利益を上げる方法と言うのは仲介手数料によるものであり、依頼を出す側、依頼を受ける側が多ければ多いほど利益をあげることができて、提供できるサービスも充実していきます。

その為どのクラウドソーシングと言うサービスを提供しているところで仕事を選ぶかという時のコツは基本的に「登録者の多い所=サービスが充実しているところ」である事が多く、ランサーズやクラウドワークスと言った有名どころのサイトを使うことが好ましいです。

しかしそうした仕事を依頼してもらえる確率の高さや確実にこなした分の収入がもらえると言ったサービスを利用するための手数料が発生しているという事を踏まえて考えると、中々けっこうな額を利用者はクラウドソーシングで仕事を依頼するときも受けるときも損をしているという事が言えます。

依頼者は当然、可能な限り出費を抑えつつもある程度の信頼がもてるようにするために、そうしたところを仲介し、依頼を受ける受注者はある程度の安定と自由のバランスを取るためにそうした仲介を利用します。

ですが初心者としてあるいは自己でする管理に自信が無いからそうしたクラウドソーシングと言うサービスを提供する企業を必要とするのであって、自己管理がしっかり出来てリスクマネジメントに自信があるならそうしたクラウドソーシングで仕事をするより、独立するほうが自由に関してもお金に関しても利益が生めるという事も言えます。

そうしたことも踏まえて考え、ある程度クラウドソーシングで経験を積み、自信がついてきたなら更に別のインターネットビジネスへの展望も考慮した方が良いでしょう。
 

クラウドソーシングは使ってもらえたお金になるので

ここまででクラウドソーシングの儲けの出し方と言うものについてある程度は理解していただけたかと思います。 それらの事を踏まえて言うならクラウドソーシングでもっともお金を稼ぐことができるのは運営者側である事も分かってもらえると思います。 そしてそれに続いて安い賃金で人に作業がしてもらえる依頼者、そして最後に来るのが仕事を請ける受注者です。 こうして考えてみるとクラウドソーシングで仕事を請け負いお金を稼ぐと言うのは中々大変な事であると考えられます。 もしクラウドソーシングでお金を稼ぎたいと思うのであれば自分の目的に合った上手い利用法をする事が大事で一定以上数十万円以上の収入を求めるのなら依頼者側の立場、数百万円求めるのならば運営者側に経つ必要があるのがクラウドソーシングと言うものです。 自分がいくらのお金を求めクラウドソーシングと言うもの関っていくのか、自分が提供する労力ともらえるお金を含めた利益は妥当なのか? これから関ろう、これから関り方を変えようという人はそうした事を一度考えて見てほしいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

クラウドソーシングの儲けの出し方!クラウドソーシングはどう利用するのが妥当なのか?
Reader Rating 1 Vote