ビジネス用語「マネタイズ」の考察!これから廃れていく言葉なのかそれとも…

マネタイズと言う言葉を知っていますか?

マネタイズと言う言葉を知っていますか?

数年前辺りから耳にするよう事も多くなったインターネットビジネスの中で出てくるようになった言葉で、今ではビジネス用語の一つとして会議の場などでも使われることもあると言う言葉。

和製英語のようなもので、「基本日本人以外に意味は伝わらないが、マネタイズという言葉は英語である」と言うちょっと変わった言葉でして、新しく登場した方の「マネタイズ」の意味については知っているようで意外と知らないビジネス用語であると言えるでしょう。

インターネットでこの言葉を調べてみると46万件ほどこの言葉はヒットする単語でその多くが「出来ないといけないもの」「成功の鍵」「お金持ちに共通の意識」とまで言われているようで今後の日本において知っておいて損になることはなさそうな言葉であるようです。

ところが逆に中にはマネタイズを毛嫌いする人が居ます。

そうした人たちに多い決まり文句は「金儲けの事ばかり考えたくない」「利益を追求することばかりが成功の鍵ではない」というもの。

どうやらマネタイズ=ズルい金儲け、という方程式がそうした人たち、広く言えば日本人の多くに存在しているような所も見受けられます。

良い意味の言葉なのか?悪い意味の言葉なのか?そもそも一体マネタイズってどんな言葉なのか?

そうして考えてみると私自身もそんなにマネタイズと言う言葉について意外と知らないことが多いと気づかされました。

そこで今回はそうしたマネタイズと言う言葉についてマネタイズと言う言葉を知る4つのポイントに分けて考察してみました

あなたはマネタイズと言う言葉をちゃんと理解していらっしゃいますでしょうか?

マネタイズの語源と意味

マネタイズと言う言葉について知る最初のポイントとしてはやはりその語源についての理解をする事が必要でしょう。

英語においてのマネタイズとは、「金属から貨幣を鋳造すること」あるいは「通貨基準を定める貨幣を鋳造する」という意味の言場です。

そうした事を簡潔に言えばマネタイズは「お金を作る事である」と言え、それが転じてビジネス用語としては、無収益のサービスから収益をあげたり、無収益事業を収益事業に変えたりすることを指し使うことが多いようです。

段々そうしたことから「やっている何かをお金に変えること」や「価値のないと思われるものに価値を持たせること」などとなり、中には「お金を稼ぐ思考」としても使われているようなところも見受けられます。

要するにいつの間にやら本来あった言葉の意味を敢えて変わった解釈をする事によってや、比喩表現などで使っているうちに段々と「お金にすること」に近い言葉になった言葉こそが今よく言われるマネタイズです。

その為、マネタイズと言う言葉を日本語で耳にしたならその意味として「お金に変えること」や「お金になるという考え方」などのような大体コここまでご紹介してきたようなものだと理解しておくと良いでしょう。

最も和製英語のような日本語ですので海外の方はそれを耳にすると頭にクエスチョンマークが浮かぶのが幻視できる顔をする事も多く、あくまでマネタイズに「お金に変えること」といったようなそうした意味合いは日本でしか通じないという事も抑えておくと恥をかかずに済みます。

「マネタイズでお金儲け」をそのままの意味でとるのならば「貨幣を鋳造することでお金儲け」と偽札作りのような話に聞こえるようであったり、「通貨基準を定める貨幣を鋳造する事でお金儲け」で壮大なスケールの話のどちらかにしか解釈できない訳ですから。

どういったものがマネタイズと言えるのか?

マネタイズと言う和製英語のビジネス用語が大体どんな意味なのか分かってもらえたところでどうした事をするのがマネタイズになるのかを少し詳しく考察して見ます。

最初の方で触れたように基本的にインターネット上の無料サービスから収益をあげる方法のことを指している事が主流。

収益の事業化ということもかなりメジャーな意味とされているわけですが、やはりインターネット用語として使用されるようになった訳で、インターネット上で何かする事に対しての意味合いで使われることが多い言葉である面は強く、インターネット上の活動がマネタイズである事が多いです。

インターネットには数多くの無料サービスが存在しており、インターネットサービスを無料で提供している側は様々な方法で無料サービスからの収益をあげる工夫を行っています。

Yahoo!やGoogleをはじめとするポータルサイト、FacebookやLINEなどのソーシャルネットワークサービス、Youtubeやニコニコ動画などの動画サイト、各社が提供している無料のブログ開設サービス、モバゲーと呼ばれる無料ゲームサイトなど挙げていけばキリがありません。

こうした無料サイトはインターネット上のほとんどの分野に存在し、その大手として高い認知度を誇りますがこうした企業が慈善事業でやっていると思っている人はいないでしょう。

大きな企業であればあるほどしている事も働いている人も多く、維持費や設備費をどれほど削ろうとも0には出来ませんし、人件費だって開発費だってかかります。

むしろ質の高いサービスを安定して供給するため、収益を上げることは必須事項と言るぐらいのものであり、どうにかして収益を上げる必要性があります。

しかし勿論、無料サイトなわけですから直接収入を取ることなんて出来ません。

そこで間接的にお金を稼ぐため、無収益のサービスから収益をあげたり、無収益事業を収益事業に変えたりする「マネタイズ」が必要となってくるわけです。

最も古典的な手法としては、バナーなどの広告、テナントやアイテム販売などの方法ですがこうした方法だけで巨大化するインターネット業界全体の中でやっていくには十全な収益の確保が難しいため、様々な工夫が施されるようになります。

オンラインゲームへのアイテム課金、ファン層の取り込みのためのコラボ企画や、プレミアムサービスといった差別化サービス。

そうしたあらゆるお金を稼ぐための努力や行為、思考と言ったものがマネタイズと呼ばれるものであると考える事ができ、マネタイズとは無料だったもの、無料で提供することから如何に収益を作るかを考え行うことであると言えるでしょう。

マネタイズの必要性

マネタイズの意味と何をする事がマネタイズと言えるのかを理解していただけたところでどうしてこのマネタイズが必要な事なのかと言う話に入っていきます。

簡単に言ってしまうなら何かをするのに必要なお金と言うものがどんどん多くなっているからで、日本においてはそれがより顕著になっているからです。

例えば税金の事を考えて見ましょう。

日本には過去消費税と言う税金は存在していませんでした。

日本政府と言う組織はそれでも運営していけたからです。

しかし今では億の単位を超える税金を消費税と言う形で集めないと日本政府と言う組織はやっていけない状況です。

その為私たちは過去には無料で行えていたお買い物に手数料を払う必要性が出てきてそれを払っているわけですが、喜んで払っていると言う人なんて極々少数でしょう。

あまりにも税金が高くなったら日本から海外移住する人も今以上に増えることでしょう。

でも日本以外の国に移り住むと言う選択肢が私たちはできるのに、それをしないで日本に住み続けているのは日本で生きて生きたいというからに他なりません。

この話を日本政府をインターネットサービス、税金をマネタイズとして考えると、日本で生きると言う「サービス」を提供する代わりに日本政府と言う「企業」は「サービス」を提供するためにお金と言うものを必要としていると考える事ができます。

コレがもし、税金というマネタイズをしない代わりにサービスも行わない、あるいは質が下がるとなってきたら日本で住みたいと言う人がどれほどいると思いますか?

犯罪行為を取り締まる警察官は税金で雇っていますので犯罪被害に合っても誰も助けてはくれないですし、犯罪者は増えることになるでしょう。

保険も税金で賄われているシステムですので怪我や病気をすると今の倍以上の料金が病院で見てもらうためにかかります。

税金として集められている金額が正しいか正しくないかはともかくとして、日本で生きていくために日本政府と言う組織が提供するサービスと言うものの質が下がったり、一部がなくなったりすると国民と言う「利用者」は魅力を感じずいなくなっていくわけです。

利用者がいなければ収益は生まれず運営は出来ず、やがて存在がなくなります。

こうして考えると理解できたでしょうか?

何かを提供するにはお金がどうしても必要であり、お金がなければその何かを提供する事が最終的にはできなくなります。

その為、企業も個人も何かやりたいこと、やらなくてはならないことをするためには利用者が可能な限り納得してもらえるような形でお金を貰う必要性があるのです。

そうしないと最終的にはやっていけない提供者とサービスを受けられなくなる利用者と言う両者への損失となるのでマネタイズは必要であると言われているわけです。
 

マネタイズと言う言葉を知ることで

マネタイズへの考察という事でマネタイズと言う言葉の意味と、何をする事なのか、そしてその必要性について触れてきました。 そこから分かることとして言えることは「これからまだまだその必要性と重要度は上がっていくもの」と言えるでしょう。 マネタイズと言うものが当たり前になればなるほど当然の事ながらありとあらゆるものにお金がかかるようになり、お金をなんとかして稼ぐことが必要になります。 そして利用者は可能な限り何事もお金をかけないで済む方法を求めるのでマネタイズの質の向上が求められていく訳です。 そうしたことからこのマネタイズと言う言葉、コレから益々聞くことになると考えられます。 知らないと恥になる前にちょっと深く掘り下げた知識を持っていたほうが得だとは思いませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ビジネス用語「マネタイズ」の考察!これから廃れていく言葉なのかそれとも…
Reader Rating 1 Vote