ネットワークビジネスから考えるお金儲けの心得

ネットワークビジネスはお金儲けの参考になる

ネットワークビジネスと言うと日本人の多くは恐らく嫌な顔をする人でしょう。

詐欺だとかねずみ講だとかと一緒になって日本では広がったことが仇となり、最早ネットワークビジネスに参加している=詐欺師みたいに言われる事もかなりあります。

勿論ネットワークビジネスはあくまでビジネスであり、犯罪行為ではありません。

そうしたネットワークビジネスとそれ以外の犯罪行為を分けるものを本来であれば具体的にご紹介するところなのですが、今回の記事ではあくまで「ネットワークビジネスに学ぶお金儲けの心得」ですのでネットワークビジネスを知りたいと言う方ニは悪いのですがご紹介は致しません。

その代わりそんなネットワーク日にネスと言うものの何からお金儲けの心得が学べるのかという事を中心に今回はご紹介したさせていただきます。

ネットワークビジネスと言うものを詐欺や犯罪と言ったものへの誤解から生じる嫌悪感からただ漠然と良くないものだと思って損をしていませんか?

ネットワークビジネスで上にいる人は不労所得が手に入る

ネットワークビジネスから学ぶお金儲けの心得その1はなんといっても不労所得を形成するという所です。

リバック、マージン、ボーナスなどその表現は様々ですがネットワークビジネスにおいては自分の紹介したメンバーの働きによって自分は働かなくとも収入を得ることができます。

こうやって聞くとねずみ講とか言い出す人も多いと思いますが、単純に考えてみて企業における役員報酬とか政治家に支払われているお金だって言ってしまうと同じようにやっている事の対価としてはありえないほどに巨額なものだと思いませんか?

世の中にはやっただけお金になるという事の他に、やったこと以上にお金になると言うものなんて実は沢山あるのです。

多くの人が出来る簡単な事だって、最初にそれをする事でお金をもらえる仕組みを作ることが出来た人なら一般家庭の年収を超える月収をもらえると言うのが今の世の中。

先手必勝、やったもの勝ちという訳ではありませんし、それだけがお金儲けをできるための方法という訳でもありませんが、先陣を切って最初に始めたと言うアドバンテージは圧倒的に大きなものです。

軌道に乗ったら独り占めせずに協力者や参加者を集めると言うのも大事な事です。

なぜなら人の儲けだと思うよりも自分の努力が自分の儲けに成ると分かったら人はその分頑張ってくれるから。

協力者、参加者が頑張れば頑張るほどに儲けは増え、増えた儲けで更に協力者や参加者を集める。

この繰り返しをしていくうちに自分の下にいた人たちが段々自分がやっていたことをしてくれるようになって行きます。

そうなるとどうでしょう?

いつのまにか自分が何もしなくてもある程度の儲けが出てくる仕組みが出来て、自分自身は何もしていなくても収入が得れる。

正に不労所得を作る典型的な形のひとつがこれです。

その為ネットワークビジネスから学ぶお金儲けの心得は誰よりも最初にお金を生み出すシステムを作ることと、それに参加、協力してくれる仲間を作ることだと言えるでしょう。

ネットワークビジネスはものがしっかりしていないといけない

実に当たり前の事ですが、ネットワークビジネスにおいて成功するためには提供する、取り扱っているものが良いものでないといけません。

その為ネットワークビジネスから学ぶお金儲けの心得その2は提供するものの厳選です。

別に多くの人に受け入れられる画期的なものを作れという訳ではありません。

ただある程度最初から「こういう人が欲しいだろう」「こういう人が嬉しいと思ってくれるだろう」と言う物やサービスを展開してそれを取り扱うようにすることが大事です。

例えば多くの人が喜びそうなダイエットに関連した商品や、お金儲けに関るようなものであったら多くの人が興味を持ってはくれるでしょう。

しかしその反面競合相手が多すぎて自分がそれらの競合相手と闘えるだけの何かを生み出すのは至難の業。

興味関心を持つ人が多いからと言う理由から自分が取り扱うものを決めてしまってもそれをお金に変えることが難しいのです。

その為、取り扱う商品をいいものにするために自分自身の得意分野やこれであったら誰にも負けない、これについてなら頑張れると言うものを対称にする必要があります。

そうでないと必要としている人の気持ちがイマイチ分からないからです。

自分がして欲しいことや、欲しいものを作り、自分と似たような人にそれが喜んでもらえるかどうかを検討して調整を行う。

コレが何よりもまず最初に必要なもので副業として何かを取り扱ってもうまく行かないという人はココに問題がある事が多いです。

自分自身が使いたい、こうして欲しい、ああして欲しいという事に満足いかないものは他の人にはより満足してもらえません。

提供するものがそもそも良い物である事が成功するために大前提であるために、取り扱うものはそもそも自分がそれに対して何らかのアドバンテージがあるモノを選ばなくては成功までの道のりは遠くなります。

こうした事からネットワークビジネスから学ぶお金儲けの心得はまず自分が好きなものや得意な事でお金を稼げるようにすることを考えるという事ができます。

ネットワークビジネスは拡大するのが一番の難所

ネットワークビジネスで一番大変なのは何か?

それは自分の家族や知人や友人と呼べる相手全員に声をかけた後にやってきます。

拡大政策とか広報と言うものに関してがネットワークビジネスにおいては一番大変なところにあって、どうやって仲間を集めるかと言う心当たりがなくなったときの「他人」へのアプローチの難しさがネットワークビジネスで成功することに対してあると言えます。

如何に良いシステムや良い商品やサービスであろうとも全く知らない第三者が提供しているものを疑うなと言うことがそもそも無理な話であって、詐欺やそれに近いことが横行している日本において警戒しない人の方が珍しいと言えるでしょう。

そうした時にどうするのか?

それは広告宣伝に力を入れるしかありません。

多くの人が認知していて、長く続いているものであればある程度の警戒心を解きほぐすきっかけになり、使ってさえもらえたら、あるいは参加してもらえたら確実に信用してもらえる自信があるならこれ以上にありがたいことはありません。

他にも大手のすでに信用が確立されているようなところが取り扱っているとなったり、有名人が使っていると言うのもまた効果的な警戒心緩和対策です。

そしてそうした事をするにはある程度最初にそんをする覚悟をする必要性があります。

流石にテレビなどのメディアでと言うほどの事を副業でやろうと思う人はいないと思いますが、宣伝するときにはやはりお金をかけるのが一番の方法。

インターネットの普及で今では情報発信が誰でも出来るとは言えそれで多くの人に知ってもらえて信用されるにいたるまでには相当の時間と運が必要です。

お金を最初に払って広告宣伝に力を入れるという事は他人を自分の副業に目を向けさせるためにそうした時間と運の代わりになる要素であり、ネットワークビジネスから学べるお金儲けの心得の一つは広告宣伝に関するお金は払うつもりでやるという事が言えます。
 

ネットワークビジネスはとても成功するのが難しいので

以上の事がネットワークビジネスと言うものから学ぶことが出来るお金儲けの心得であるという事ができます。 誰よりも最初にお金を生み出すシステムを作ることと、それに参加、協力してくれる仲間を作ること。 まず自分が好きなものや得意な事でお金を稼げるようにすることを考えるということ。 広告宣伝に関するお金は払うつもりでやるということ。 以上の三つ以外にも、コレまで気づいてきたお金以外の、ものすべても一緒に無くす恐れがあるので詐欺や犯罪行為の危険性があるモノには手を出さないこと。 具体的なお金を手にする事の出来る可能性を数値化データ化して考えてみることなど上げると実に沢山あります。 勿論中には一度やって見ないと実感できないことや経験しないと分からない苦労と言うのも存在しますが、自分がやらないとしても興味や関心を持ってネットワークビジネスと言うものの情報に触れることで知ることの出来るお金儲けに必要な要素と言うのは実は沢山あるのです。 日本人はどうしても先入観からネットワークビジネスについての情報などを調べることもなんだかいけないことであるように感じますが、ネットワークビジネスはれっきとしたビジネスであり、そこには全うにお金を稼ぐシステムが存在します。 ネットワークビジネスで成功するのはとても難しいことですのでやれとは言いませんが、折角お金儲けの心得を教えてくれるものがあるのに見もしないというのは少々勿体無いとは思いませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ネットワークビジネスから考えるお金儲けの心得
Reader Rating 1 Vote