プロギャンブラーと言う生き方

プロギャンブラーと言う人は存在するのか?

世の中にはプロと呼ばれる人たちが存在します。

ではプロとは何か?

プロフェッショナルつまり専門家の事を指し、その専門家として生きる人たちの事を指している言葉であり、多くの場合その専門家としてする事でお金を稼ぐ事ができる人たちの事を指しています。

今の世の中様々なお金の稼ぎ方と言うのは存在しており、実に様々なプロと呼ばれる人たちが存在しているという事は多くの人が知っている事でしょう。

そんなプロの中でも今回注目してみたいと思ったのはプロギャンブラーです。

ギャンブルとは何か?

簡単に言うなら金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のことであり、それを行う人たちの事をギャンブラーと呼びます。

そうして考えるのであるなら金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のプロがギャンブラーといえるのですが、そんなギャンブルと言うものでお金を稼ぎ生きていくことって出来ると思いますか?

普通に考えてできるという人はいないでしょう。

しかしギャンブラーのプロと言われるレベルの人たちはただ遊戯で勝つことだけによってお金を稼いでいるわけではない場合に関して言うならギャンブルをする事でお金を稼ぎ生きていくことが可能であるという事が言えます。

ギャンブルに勝たずともお金が稼げるという事はどういう事なのか?

プロギャンブラーと言う人は本当に存在しているのか?

今回はそうしたプロギャンブラーと言う人たちとそのプロギャンブラーとしての生き方と言うものについて考察してみました。

ギャンブラーもプロと言うレベルになればそれは立派な職業となることもありえるのです。

ギャンブラーのプロとアマの違い

プロギャンブラーと言うものについて考察する上で一番大事な事はそもそもアマチュアと何が違うのかと言うことです。

例えばプロボクサーとアマチュアボクサーの違いで考えるなら資格と言う明確な基準があります。

しかし当然ギャンブラーと言うものに資格なんてありません。

ではアマチュアブロガーとプロブロガーと言うものを例にとって見て考えて見ましょう。

その違いはお金を稼ぐことができるかどうかであると言えますがギャンブルが基本的に賭けて勝負を争う遊戯であり、運の要素が強いものなのでアマチュアだろうがプロであろうがお金を稼ぐ事ができると言えるでしょう。

では何がプロとの違いになるのか?

そう考えた時に候補として残るもののひとつが取り組み姿勢と言うものです。

例えばアマチュアギャンブラーであるならば勝負に勝つという事や単純に遊戯をするという事を目的としてギャンブルをするわけですが、プロと呼ばれる人たちは更に違う視点を持っています。

どんな視点かと言いますと自分がギャンブルをする事で何を得ることができるのかという事を考える事ができる人であるといえるでしょう。

例えば大衆娯楽で建前的にはギャンブルではないとされているパチンコと言う遊戯を例にとって考えてみましょう。

お金になるかも、このパチンコと言う遊戯が好きだから。

そうした気持ちはパチンコをする人なら誰もが持っているといえます。

しかしプロともなってきたならパチンコと言う遊戯をする事で得られるものを考慮します。

パチンコと言う遊戯をする事でもらえるものは何かと言うと基本的にはお金意外にはあんまりないような気もしますが、遊戯をする事で得られるデータ、知ることが出来る情報、遊戯をしたお店についての事など実は遊戯の勝ち負け意外にも得られるものはいくつもあって、そうしたものをお金に変えることができる人がプロと呼ばれる領域であると言えるでしょう。

勝率が違うのは当たり前

プロと呼ばれる人は当然アマチュアの人よりできるのが当たり前。

ではプロギャンブラーは勝率が高いのかと言うと当然高くなくてはプロは名乗れません。

それと言うのもギャンブルにだって勝率を挙げる要因であるものと言うのがいくつもあるからです。

例えば昔から漫画にもなることの多いギャンブルの一つマージャン。

システムを理解していれば誰でも参加可能ですが勝つために必要な知識や気にしておかなくてはいけないことなど実に多い頭の良さがものを言うギャンブルの一つです。

運否天賦で数回の勝利を収めることは出来たとしても、10回もやればシステムを理解している人と勝つために必要な知識や要素熟知している人であったら明らかに後者の方に天秤が傾きます。

機械相手の先程出てきたパチンコやスロットに関しても実は同じ事が言え、絶対に負けないというレベルにはなれなくとも知識や経験を積むことにより負ける回数を減らしたり、負ける金額を低くすることは実は可能です。

どの分野においてもプロと言う人は高いスキルを求められ、アマチュアよりもできるのが当たり前であるため、プロと呼ばれる人と言うのはギャンブルと言うものについてその遊戯の仕組みや要素と言ったものの知識はもちろんの事どういったことが勝ち負けを決める要素となるのかを調べるあるいは経験し、その要素を手に入れるスキルを磨くのです。

そうした事をする人たちがプロギャンブラーと呼ばれる人であるために、当然プロギャンブラーと呼ばれる人たちはそうでない人に比べて確実に勝率が高いという事が起きる訳です。

ただ運がいいから、ギャンブルが好きだからと言う理由ではプロギャンブラーになるどころかギャンブルで身を滅ぼす人になるでしょう。

プロとつくのは伊達ではないのです。

プロであるが故に

基本的にプロと言うのは自称するものではなく、周りの人にプロだと認められてから本当のプロになれると言えるところがあります。

プロギャンブラーだって同じ事が言えます。

誰もがあの人はギャンブルをする事でお金を稼ぐことが出来る人だと認知され、それがある程度の人に知れ渡り、知名度を持ってからがプロのギャンブラーになったという事ができるでしょう。

そしてそうした知名度の高さと言うのはそれだけで何をするにおいても武器になりえます。

例えばインターネットで活動するのも、古典的に本を書いてみるというのもそれが売れるかどうかは知名度によるところがおきな問題。

知名度が高く、注目度が高くなったらメディアへの露出と言う形でギャラをもらうことができるという人も実際にプロギャンブラーの中には存在しています。

自身の書いた本による印税が7桁と言う人も、雑誌の載ったりすることでの謝礼としてもらえる金額が6桁と言う人もいらっしゃいます。

基本的にプロとして認知されることが難しい世界であればあるほどプロと言う肩書きは絶大な効果を発揮するもので、誰がやっても出来る事ではないものでお金を稼ぐことができるという認識がつくと更にお金を稼ぐことが出来るようになります。

そうした二つの効果から本当にプロギャンブラーと呼ばれるレベルの人たちはギャンブル自体の勝ち負けで発生する程度の金銭のやり取り自体はあくまでオマケであり、ギャンブルをすると言う行為そのものでお金を稼げる人たちが本当のプロと言えるレベルの人であると言えるでしょう。
 

プロと言うギャンブラーになるためには

以上の事からプロギャンブラーと言う人の事がある程度分かっていただけたかと思います。 ギャンブルをするという事で得られることをお金にかえると言う発想力。 ギャンブルをする上で勝率を高めるために努力することが出来る事。 そして知名度を獲得できるだけの長い活動。 そうしたものの他にもギャンブルにのめりこむことがないようにする自制心や、全うな仕事ではないと思われる事が多いのでそれを受け入れることの出来る精神力、そして何より最低限以上の生活するための生活能力、あるいは自己管理能力が必要です。 こうして考えるとプロと呼ばれるレベルのギャンブラーになることはとても難しいという事が分かっていただけるかと思います。 寧ろなろうと思う人程なるのは難しいかもしれません。 ギャンブルと言うとどうしても運が全てとか全うでないと言うイメージがありますが、プロギャンブラーと言う人になるためには寧ろ全うである人以上の努力と精神力が必要です。 本当に一握りの適正のある人だけが興味を持ち、その生き方を選択すると決めたときだけプロギャンブラーになれる。 最早その段階からある意味ギャンブルであると言えるでしょう。 もしあなたがプロギャンブラーになりたいと思う気持ちがあるのならば目指すなとは言いませんが、そのために払う代償と必要とされる才能が相当あるという事だけは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

プロギャンブラーと言う生き方
Reader Rating 2 Votes