子供がお金持ちになれるかどうかは親が決めている3つの理由


お金持ちになるのに育ちと言うのは重要です

人類は誰もが平等である。

素晴らしい言葉ではありますが、そんな事を心の底から信じれているのはどちらかと言うと自分が上位者であり、

平等の立場ではない人にこそ多いという悲しい現実があります。

ある程度の平等と言うのは確かに今の世の中、殆どの国で確立されてこそいますが、

お金に関しては全くもって平等とはいえないところがあると言うのは恐らく誰もが思っている事でしょう。

それもそのはず、子供がお金持ちになれるかどうかは親が決めていて、

お金持ちである要素を持つ人が育てた子供はかなり高確率でお金持ちになりますし、

お金持ちではない人になる要素がある人に育てられた子供は基本的にお金持ちになれません。

勿論お金持ちになれる要素のある人はお金持ちである事が多いわけですし、

親の資産は子供の継がれることが多いです。

そして殆どの場合、自分の親に子供は育てられるため、生まれた段階である程度、

いってしまえば殆ど全部のお金持ちになれるかどうかの要素は決まってしまっています。

例外と言うものもありますが、基本的にこうしたことは世の中の真理であり、

それを語ることを避ける人は多いですが純然たる事実として言えることなのです。

勿論お金持ちの家に生まれてもお金持ちになるように育てられなければ遠くなくお金持ちではなくなります。

そしてそれは逆に言うなら例えお金持ちの家庭に生まれたわけでなくとも、

お金持ちになれないように育てさえしなければ、子供は充分にお金持ちになれる可能性があるという事もできます。

今回はそうしたお金持ちになれない子供の育て方をしないために注意するべきことと言うものを考察してみました。

自分の子供をお金持ちにできなくしたい親なんていないことでしょうが、

気がつくとそうしてしまっていると言うことをあなたはご存知でしたでしょうか?

家族仲が悪いとお金持ちにはなりにくい

まず最初にお金持ちになれないようにしてしまう子供の育て方として家族中が悪い状態が上げられます。

家族仲が悪いという事は基本的に子供は安心感を持つことが出来ず、

知能の発達に影響を与えるという事が言われてもいますがこの記事で注目すべきところはそこではありません。

この記事で注目するのは家族仲が悪いとお金を使ってしまうことになるため子供もお金を使う生活が普通となる事に注目します。

ではまず何故、家族仲が悪いという事は多くのお金を使うことになるケースが増えるのかという事を考えて見ましょう。

一番最初に考え付くのは外での時間の増加です。

誰もが分かると思いますが、

家にいた方が外で活動するよりも消費するお金に関してだけ見ると圧倒的にお金は使いません。

しかしそれが分かっていても、お金を使うことになってもストレスを晴らすためや、

ただ家にあまり居たくないという事のため外で過ごす時間が増えるという事が家族仲の悪い家庭には起こりがちです。

他にも考え付くものとしてプレゼントやお小遣いなどでの消費と言うものもあります。

人間関係を円滑にするためには相手の事を知り、

相手にあわせた行動をするのが基本ですが、

あまり深く考えないでも相手との人間関係を円滑にする事ができる方法の一つが相手が欲しいものを与えるという事。

勿論ものすごく嫌いな相手からのものであったら何を貰っても嫌だという事もあるでしょうが、

そこは一応家族であるという事でそこまでのことは考えないで下さい。

相手の機嫌をとる、あるいは相手に何かしてもらうために必要となるのが基本お金となってくるのですから

家族仲が悪いと言うのはどうしても家族仲の良い家庭に比べてお金を使ってしまいがちです。

そんな中で育つ子供は親と同じように基本的に外で過ごすのが普通となり、

人間関係を円滑にするのに必要なものはお金であると無意識のうちに学習します。

その為、家族仲が悪い中で育つ子供には浪費癖がつくことが多く、

お金持ちになりにくいという事が起こるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2