ゆとり教育世代の特徴と付き合い方を知ろう!実は優秀でお金持ちが多い?

ゆとり教育世代とは?

ゆとり世代 定義

ゆとり世代 年齢

ゆとり世代 年代

ゆとり世代は何歳から何歳までの期間?

ゆとり世代いつからいつまでの期間?

ゆとり第一世代

ゆとり世代の前

ゆとり世代の次

ゆとり世代恋愛の特徴

ゆとり世代の社会人の特徴

ゆとり世代の新入社員の特徴

ゆとり世代 仕事

ゆとり世代との付き合い方

ゆとり世代とさとり世代

バブル世代とゆとり世代

脱ゆとり世代の特徴

ゆとり世代のお金持ちがいるという事を知っていますか?

ゆとり世代と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?

けっこう世間的には良くないイメージを持っている人が多数を占めており、

各種メディアもゆとり教育と言うものを批判するついでのようにゆとり世代と言うものを批判する傾向があるように思います。

しかしそんなゆとり世代と言われる人たちの中には、

ゆとり世代を馬鹿にしている人以上にお金持ちになっていると言う人もまたけっこういらっしゃいます。

勿論、遺産相続でとか、宝くじにあたってと言う話しではなく、

自らの力でお金を稼ぐことでなった正真正銘のお金持ちと言えるお金持ちがいるのです。

  • 社会適正が低い
  • 学力が低下している世代である

など、とにかく酷く悪し様に言う人もいますが、

そうしたゆとり世代のお金持ちと言う人たちがいる以上は、

ゆとり世代と人括りにして低評価をつけるというのは正しくないのかもしれません。

では一体ゆとり世代にどんな問題があって、

どんな人がゆとり世代と呼ばれる人たちの中でお金持ちへとなれた人であるのでしょうか?

今回の記事ではそうしたゆとり世代とお金持ちと言うキーワードについて考察し、

本当のゆとり世代の実態と言うものについての一つの答えをご紹介したいと思います。

あなたにとってのゆとり世代とは一体どんなものですか?

ゆとり世代とはそもそも何か?

ゆとり世代とお金持ちをテーマにする上でそもそもゆとり世代とは何かをまず改めて確認して見ましょう。

ゆとり世代とは「ゆとり教育」と言う取り組みでの教育を受けてきた人たちの事。

ではゆとり教育とは何かと言いますと、

「日本において、2000年度以降2010年代初期、高等学校においては2014年度卒業者までが受けた約10年間で実施されていたゆとりある学校をめざした教育」

のことです。

ゆとり教育は、

  • 校内暴力
  • いじめ
  • 登校拒否
  • 落ちこぼれ

などの学校教育を問題視する声や、

青少年と言うくくりの中で増加した数々の社会問題を背景に、

1996年の第15期中央教育審議会の第1次答申が発表されたのがスタートです。

答申では子どもたちの生活の現状として、

  • ゆとりの無さ
  • 社会性の不足と倫理観の問題
  • 自立の遅れ
  • 健康や体力の問題

と同時に、国際性や社会参加と社会貢献の意識が低いと言う事を指摘しました。

そうした内容を問題とした上でこれからの社会に求められる教育の在り方の基本的な方向として、

全人的な「生きる力」の育成が必要であると結論付け、「ゆとり」を重視した学習指導要領を導入し開始した。

コレがゆとり教育です。

ゆとりとついている事から誰もが連想するように、

ゆとり教育はそれまでの詰め込み教育に反対していた日本教職員組合やその他の教育者、

経済界などの有識者などから支持されていましたが、

いざ始まってみるとゆとり教育を受けた生徒の学力が低下しているという事態を指摘され、

強烈に批判されるようになりました。

そしてついに2008年には、

今までの「ゆとり」を持たせるために内容を縮小させていた流れとは逆に、

内容を増加させた学習指導要領案が告示され、

2009年度以降徐々に施行されていきました。

この動きを各種マスメディアが大々的に取り上げ、

この改定された教育の事は「脱ゆとり教育」と呼ばれ、

ゆとり教育は終わりを告げました。

実際のところそうした教育を受けたゆとり世代は学力が低下したと言う事実があります。

何せ、教えられる内容が減ったので、

人間が突如として進化するわけでもなくそれは当たり前の事。

ゆとりを持たせるとして全体的に教えるレベルを落したことは日本人が大好きな出る杭を打つ行為であり、

教育内容を大々的に変更したわけでもないのでそうなるのはまぁ当然の事だと言えるでしょう。

そもそもの発想として「ゆとりがあれば」と言う結論に行き着いたのが間違いの元であったわけで、

ゆとり世代を悪し様に言う資格はゆとり教育を支持した人にはないでしょう。

しかし実際問題、学力低下は起こるというのが問題視されていなかったのかと言いますと、

勿論問題視されていました。

しかしそれ以上に注目されたのが「生きる力」つまり社会で生きるために必要な力でした。

ゆとり教育、ひいてはゆとり世代が問題とされたのは、

肝心のゆとりによって得られるはずであったはずの「生きる力」がついたと言い難いところであったと言えるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2