フリーランスになるとはどういうこと?仕事内容と確定申告まで大公開


フリーランスとは?

フリーランスの意味

フリーランスの仕事と種類

フリーランス 職種

フリーランス 求人

フリーランス 案件

フリーランス デザイナー

フリーランス エンジニア

it フリーランス

webデザイナー フリーランス

プログラマ フリーランス

フリーランス イラストレーター

フリーランス プログラマ

se フリーランス

フリーランス 英語

翻訳 フリーランス

フリーランス ライター

フリーランス 年収

フリーランス 確定申告

フリーランス 税金

フリーランス 消費税

フリーランス 保険

フリーランス仕事がない

フリーランスと言う職業をどういうものだと思っていますか?

フリーランスと言う生き方を選択している人が今の世の中けっこういらっしゃるように思います。

社会の歯車になりたくない、常識と言う枠組みの中で実力が発揮できない、どうにも企業に勤めることが出来ない、何らかの理由で正社員と言う形での雇用される道がなくなった。

実に様々な理由からそうしたフリーランスと言う働き方をしている人が多い今の社会ではありますが、その中で満足できるだけのお金が稼げている人は決して多くはありません。

それはなぜかと言いますと専門的な知識やスキルが不足している事が原因でもなく、本人のやる気に問題があるという訳でもなく、もっと別な理由があるのです。

そのひとつとして言える要因こそが社会経験。

それが嫌だから、それが手に入らないからこそフリーランスになったという人もいると思いますが、それで成功したいのだと言うとなると本当にずば抜けたスキルや知識、または人脈などの人とは一線を画す資本を持っていなくてはなりません。

その為、フリーランスとしてある程度の成功をしたいと思うのならばやはり何らかの形で得た社会経験が必要になって行きます。

勿論正社員に一度なってみて暫く働いたほうが効率としては良いのですが、絶対にならないといけないとまでは言いません。

何らかの理由から正社員になれないのならば、正社員として労働する人との交流を強くするなどして擬似的に自分が正社員になったつもりでアルバイトをしてみたり、正社員の人の話を真剣に聞いてみたりして正社員として必要な感覚を知ることが出来たのならば全く社会経験のない人よりかはフリーランスである程度の成功をする事ができるようになります。

どうしてここまでフリーランスと言う就業形態での成功に社会経験を私が推すのか?

何故私がそういう結論に行き着いたのか?

今回はそうしたことを中心にしてフリーランスで生きるために強い武器となってくれる社会経験と言うもののお話をさせていただこうと思います。

どうにも成功できない方、フリーランスと言う就業形態を勘違いしてはいませんか?

社会経験のないフリーランスで働く人の問題点

最初に何故私がここまで社会経験をした方が良いと言うのかについてお話します。

例えばフリーランスで仕事をしている人が、依頼人に対しての連絡で口語を使い、良く分からない理論展開からの値上げ交渉がきたとします。

その依頼をするにあたっては、いくつか似たような依頼を出している人の依頼料を見たりネットで検索するなどして現在の相場と言うものを調べ、相手との合意の上でその仕事をしてもらっていましたので自分に非があるとは思えません。

しかし相手方の主張としては「依頼された仕事の内容はオリジナルでしっかりと調べて作ったものだし、納品予定日よりも早く納品したのだから報酬を上げてほしい」という事でした。

誰かから頼まれて仕事をする上で、責任を持つのは当たり前の事であり、こちらの依頼内容を作るにあたってしっかり調べるというのは当たり前の事であると思います。

納品予定が早いと言うのは確かに助かることですが、こちらが指定した納品予定より早くても意味がない事だってありますし、言い方は悪いですが、勝手に早く送って、早くしたのだから値段を上げろと言われても値段こそが重要であった場合であったら交渉するに値しません。

勿論コレは極端な話しですが、誰が聞いても社会経験があるのであればちょっと常識がないなと言うのが正直な感想ではないでしょうか?

では一般常識とは何を指して「一般」の「常識」と言うのか?常識とはどう作られているものなのか?と考えてみるとやはり社会での経験なのではないだろうかと思います。

良くも悪くも社会に出るとそれまで知らなかった常識や暗黙の了解と言うものに出会い、時には怒られ、時には恥ずかしい思いをするものです。

その繰り返しで所謂「常識」と言うものが人には身についていく訳ですが、社会経験が0であったままフリーランスとして何かの仕事をするのであればそうした常識と言うものがずれていたり、知らなかったとしてもある意味で仕方のない事ではないかと思います。

勿論色々な仕事においての常識と言うものはそれぞれ違ったものでしょうが、そうした常識と言われるようなものがどの仕事においても存在していると言うことには変わりなく、そうした常識と言うものを浅く広く形成してくれるものこそが社会経験であるために、フリーランスで生きるためにもやはりある程度の社会経験が必要なのではないかと思うに至った訳です。

納品期間の勝手な理由での引き延ばしや、いい加減なものを成果物として提出することは勿論論外ですが、細かいところで言うのであればある程度はその場に合わせた丁寧な言葉遣いをする事や、相手が求めているであろう文字や言葉になってはいない思いを汲み取ることもフリーランスとして生きていくなら必要でしょう。

何せそれが出来なければいつまで経っても所謂お得意様が出来ないからです。

フリーランスと言う職業で生きるためにはお得意様が必要である

フリーランスで生きていくと言う生き方は非常に不安定な生き方です。

仕事をもらうことが出来なければお金が貰えず、仕事で悩んだときも自分で人脈を作っていなければ同僚も後輩も先輩もなく誰も助けてはくれませんし、自分に何かあった時には何も保障がありませんので全て自分でなんとかしていく覚悟が必要な事です。

しかしどれほど「自由でいる」という事を求めていたとしてもできればそんな不安定な状態をある程度は安定させたいと思うのは普通の事でしょう。

色々と不安定なところがある中一番に安定させておきたいのはやはり収入であると言えます。

こんな言い方をするのもどうかと思いますが、究極言ってしまうのであれば人はお金があれば最低限生きていくことは出来るのですから最初にそこを安定させたいと思うというのは実に当たり前の事。

フリーランスで仕事をある程度安定させていくためには何が必要なのかと言うとやはりお得意様ができるかどうかにかかっています。

勿論自分の力に絶対の自信があって誰も彼もから仕事をして欲しいと求められていると言うなら話は別ではありますが、そうでない以上はなんとかして仕事を自分からもらえるようにしていく必要デイがあるのがフリーランスと言う就業形態。

ではどうやったら仕事をもらえるのかと言うと何よりもまず実績こそがものを言います。

しかし依頼をしてくれているのは人間であり、そこに私的な感情が全くないという事はありえませんし、実際の実績を詳しく知っているほうが安心感を覚えると言うのが人間です。

その為、満足いってもらえるような仕事をこなし続けていればいつかは「フリーランスに頼むのであればあの人にしよう」と言う評価をもらえるようになり、お得意様になってくれる依頼人が現れます。

そうしたお得意様になって貰うために必要な事とは相手に好印象を与えることが最短の道のりであり、どうやって好印象を与えるのかという事を教えてくれるのが社会経験である訳です。

勿論、依頼人一人一人で個性はあるでしょうし、自分の積んできた社会経験が全く通用しない場合もあるでしょうが、同じ日本の社会と言う中で積んできた社会経験ならば汎用性が高く、それがあるなら大きなマイナスの印象を相手につけないようにするための心得ぐらいは身についている事でしょう。

実際問題フリーランスと言う就業形態である段階で特定企業に正社員として働かせてもらっている人物に比べたら信用と言うものがない中ですので、相手が自分の常識が通じると言うだけでもある程度の安心感を持ってもらえるようになるものです。

そうして社会経験があると何故依頼者からそうした形で優遇してもらえるようになるのかという事はとても簡単な理由です。

フリーランスに依頼をしてくれる依頼人の多くは社会人であるからです。

相手の立場に立って考えるためにはフリーランスはやや不利

フリーランスとして生きて行こうと思った時に社会経験が必要な理由はフリーランスに依頼を出してくれる人の多くが社会人である人、又は社会人であった人が多いからでもあります。

基本的にその時点で依頼者と社会経験のないフリーランスでは大きな違いがありますし、フリーランスと言う就業形態で長く働いていると言うならばともかく、自分を中心にして考えて行動する職業である為に依頼者側の立場に立って物事を考えるという事が難しいのがフリーランスと言う就業形態。

しかし相手の立場に立って考える事ができなければ相手の望んだ結果を依頼で出すというのは実に難しいことであり、相手の立場に立つためには相手と自分との共通点が大いに越したことはないと言えます。

こうした共通点が何一つなく、初めて会った相手の立場に立って考えるというのは非常に難しいことであり、ましてや自分でネットワークをしっかりと形成していなければ情報のやり取りも出来ないのがフリーランスと言う働く形なので社員として上司から言われた仕事をする以上に実は相手の思ったとおりの結果を出すのが難しいのです。

フリーランスは起業するのとは違って、あくまで所属をすることなく誰かに雇われ従う立場と言う形です。

更に依頼を受ける相手が決まっていないのが殆どであり、どうしても相手の望む成果と言うのにたどり着く難易度が高い。

その為最低限の共通点、共通認識として社会経験があると言うならないよりもはるかに相手の望む成果に近い成果物が出せるようになり、いずれその中からお得意様としてある程度の安定をフリーランスで働く人に与えてくれる確率が上がるという訳です。

フリーランスでも仕事をするなら社会経験があると強い

フリーランスと言う仕事は一般的な社会から離れた就業形態であると思われがちではありますが、結局のところ自分が企業に所属していないと言うだけ社会の中で仕事をすることには違いがない就業形態であると言えます。

その為自分の持つ何らかの資本に余程の自信がない場合はやはり社会経験があったほうが有利だと言えます。

フリーランスで生きることにこだわりがある人もいるとは思いますが、成功するための要因を増やすためにも一度社会経験を積んでみると言うのも一つの選択として考えてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

フリーランスになるとはどういうこと?仕事内容と確定申告まで大公開
Reader Rating 1 Vote