GMOクリック証券口座開設キャンペーンとFX取引完全ガイド


gmoクリック証券 口座開設 キャンペーン

gmoクリック証券 マイページ ログイン

gmoクリック証券 cm 女の子

gmoクリック証券 デモ

gmoクリック証券 手数料

gmoクリック証券fx

gmoクリック証券 バイナリーオプション

gmoクリック証券株式会社

gmoクリック証券 出金

gmoクリック証券 外為オプション

gmoクリック証券 入金

gmoクリック証券 株価

gmoクリック証券 株主優待

gmoクリック証券 年収

gmoクリック証券 2ch

gmoクリック証券 アプリ

gmoクリック証券 スワップ

gmoクリック証券 cm 女性

gmoクリック証券 詐欺

gmoクリック証券 口コミ

gmoクリック証券 fxネオ

gmoクリック証券 採用

gmoクリック証券 nisa

gmoクリック証券 スプレッド

gmoクリック証券 mt4

gmoクリック証券 評判

GMOクリック証券について完全の情報

GMOクリック証券とはいったい何ぞや
業界最安値水準の手数料といって、広告を翼見たり、証券会社の比較サイトなどによく最近は顔を出すようになったGMOクリック証券ですが、実際のところどういった証券会社なのかについて役に立つように調べました。

証券会社を利用する視点から最初は見ていきますが、ホームページ、投資するときの観点などから少しずつ違う視点から見ていったときに何が見えるかについてもなんとなく述べていけたらいいなあと思います。

GMOクリック証券の他者との比較

GMOクリック証券は、いろいろな金融商品の取引手する量をネット証券業界の業界でのもっとも安い基準のあたりで提供しています。

GMOクリック証券は、10万円までで105円でこれはマネックス証券と同じで他の証券会社よりも安くなっています。

これよりも安いのはライブスター証券の84円です。

ライブスター証券は小さいネット証券で手数料は安いですが、取扱している商品がとてもすくなく、情報ツールなども高くなっています。

そして、ライブスター証券では、海外株式、債券、先物、CFDなどの取り扱いがありません。

なので、それなりに取扱数が多い、大きいサイズの証券会社ではGMOクリック証券が手数料が安いです。

30万円までで、260円の手数料でマネックスの262円よりも安くなっています。

そして、50万円まででは、260円で次に安いSBI証券の285円よりも10パーセントほど安くなっています。

100万円までで470円で次に安いSBI証券の511円と比べても安いことが分かります。

そして、圧倒的に差がつくのが、信用取引の手数料と買い方金利の比較を行ってみたいと思います。

SMBC日興証券が信用取引の手数料0円を実施していますが、買い方金利が2.67と少し高めになっています。

GMOクリック証券に波、株や先物をデイトレードなどで取引を多くする人向けの高機能のツールと、手軽に取引を簡単にしたいという人のための簡単なツールを無料で使うことができます。

高機能なツールは、「スーパーはっちゅう君」です。

この「スーパーはっちゅう君」は、板の情報うや、テクニカルのチャート、ニュース等の情報が同時に総合的にみることができます。

気配の板を見ながらつうもんを素早く訂正できるなどの便利な起用がついています。

GMOクリック証券には、iPhone向けのアプリケーション、「iClick株」が提供されています。

Android向けには、「株roid」などが提供されていて、スマホ向けの取引ツールが充実しています。

レバレッジの利いた商品の取り扱いも行われています。

日経225先物御、日経225miniの手数料は、280円と、39円となっています。

これは、他の証券会社に楽辺手管理やすくなっています。

安藤証券の252円、42円ぐらいで二つで業界最低水準を争っています。

日経225オプションは、0.15パーセントで最低水準となっていて、最低210円は他と同じ程度となっています。

GMOクリック証券はFXに関して特に強い会社です。

2012年から2015年までの4年間で年間のFX取引高で、世界で一番の取引を行っている会社が、「GMOクリック証券」です。

年間の取引高は、2015年度でみると、約1119兆円となっていて世界で最も取引量が多く、国内で公開されている会社で比較を行うと、国内取引高二位のYJFX!の402.24兆円の二倍から三倍程度となっています。

また、稼働口座数でみても、GMOクリック証券は四三三三〇七六もの口座をもち国内FX口座数ではトップです。

GMOクリック証券は稼働口座数が多いため、多くの人がメインの口座として利用していることが伺えます。

顧客の預かり証拠金についても見てみましょう。

GMOクリック証券がダントツです。

1176.76億円の預かり証拠金残高を持っているため、非常に大きい額を保証金として差し出している顧客が多いです。

大口の顧客がいるか、個人の少ない資産でも、多くの人が預けていると考えることができます。

二位のYJFX!は、945.76億円で、200億円以上の開きがあります。

また、顧客の取引高で見ても、圧倒的にGMOクリック証券が大きいです。

GMOクリック証券は、低スプレッド、機能と操作性の高い取引ツールを提供しています。

4通過ペアの追加や最大500万通過の発注が可能になるEXモードや細かい発注機能が追加されたなどの特徴をもつ新FXネオへ、システムをリニューアルしました。

スプレッドは、ドル円で0.3戦で、SBI証券のFXTRADEの0.27銭に比べたら若干の見劣りはしますが、ユーロドルで0.5銭、オーストラリアドルと二本円で0.7銭などとなっており、他のFX会社に比べてかなり安い手数料でFXトレードを行うことができることが分かります。

GMOクリック証券はGMOグループの証券会社なので、GMOグループが上場するときには、主幹事にいつもなります。

GMOグループの新規上場案件をすべて扱うので、GMOのグループが上場するときに、IPOを高確率でとりたい場合にはGMOクリック証券を使ってIPOを申し込むのがよいでしょう。

GMOクリック証券について、投資する対象として見ると

GMOクリック証券について、投資する対象として見ると、どう見えるのかについて見ていきましょう。

GMOクリック証券は、親会社のGMOクリックホールディングスが上場しているので、GMOクリック証券の投資情報についてしらべましょう。

まずは、四季報からどういった情報が載っているのかについて見てみましょう。

設立は2012年1月で、上場は2015年4月です。

特色は、GMOインターネットグループの金融持ち株会社で、傘下には、FX大手のGMOクリック証券などがあります。

また、新しい取引のシステムについても、四季報は述べています。

世界最速クラスの新FXシステムが2月に稼働しました。

約定スピードは従来の6倍の速さになりました。

大和証券グループ本社と業務提携検討をしています。

証券・先物業では時価総額は50社中で12位です。

株主の構成ですが、筆頭株主はGMOインターネットで発行済み株式の92.6パーセントを保有しています。

発行済み株式は116224千株で、時価総額は831億円となっています。

売り上げは2015年の3月ベースで、24958百万円で、前年の14年は21456百万円で伸びていると言えます。

営業利益は14年は5585百万円で15円は、7747百万円と伸びています。

そして、ROEは25.4パーセント、ROAは1.0パーセントとなっています。

この低いROAなのに、ROEが高くなっているのは単純な理由でレバレッジがかなりかかっているからです。

自己資本比率を見てみれば、5.3パーセントとなっています。

25倍のレバレッジをかけているのです。

個人のFXの最高レバレッジぐらいはレバレッジを掛けているのですが、個人の取引を相手にして取引を行うだけの事業なので、このくらいの自己資本とレバレッジでもいいのでしょう。

それにしても、GMOクリック証券がこれだけ儲かるということは、信用取引の金利分でもありえますが、それ以上にFXの取引などで損をしている個人が多いということでしょうか。

他にも色々考えられますが、FXで損をしている人は証券会社やFX会社の財務諸表を一回は見てみてはいかがでしょうか。

あまり見る気にもならないかもいしれませんが。

優待を使ってもっと安く

GMOクリック証券の親会社であるGMOクリックホールディングスですが、株主優待があります。

この株主優待を用いると、GMOクリック証券での取引をもっと安くできます。

そんな株主優待を少し紹介します。

GMOクリックホールディングスの株を100株持っているとキャッシュバックをもらうことができます。

GMOクリック証券における手数料がたいしょうですが 、100株以上300株未満の株主は上限は3000円で手数料のキャッシュバックがあります。

そして、さらに300株以上500株未満のGMOクリックホールディングスの株式を持っていると5000円のキャッシュバックになります。

500株以上で、1000株未満の株主になると7000円を上限にキャッシュバックがあります。

そしてさらに1000株以上もっていると10000円を上限に手数料をキャシュバックしてくれます。

そして、このGMOクリックホールディングスをGMOクリック証券で買い付けるときは、100株以上持っていると株主が買います時は手数料が無料という得点がついています。

最後の買い付け無料は少し謎です。

GMOクリック証券

GMOクリック証券について、まとめました。

GMOクリック証券をほかと比較して、証券会社の使う会社として設定するのはよさそうですね。

いい証券会社だと思います。

何よりもネット大手のGMOのホールディングスの傘下なので安心感がありますよね。

また、その他のいろいろな特典もそうですが優待を使うと、かなり安く取引をすることができます。

GMOクリック証券で取引をして株主優待で割安な手数料をさらに割安にすることで活発な取引をしても手数料があまりかからないのがうれしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

GMOクリック証券口座開設キャンペーンとFX取引完全ガイド
Reader Rating 0 Votes