FX投資をはじめる前に!いまさら聞けない初心者入門編

FX投資をはじめる前に!初心者入門講座

これからFXを始めてみようと考えている方のために初心者講座として
基礎知識やなどをわかりやすく解説。

いまさら聞けない疑問や不安も解消して楽しくFX投資をはじめましょう。

FX投資をはじめる前に基礎知識

fx ブログ

fx とは

fx 初心者

fx 入門

fx 税金

fx 必勝 法

fx 比較

fx おすすめ

fx セミナー

fx レバレッジ

fx 会社

fx スワップ

fx 口座

fx ランキング

fx チャート

fx 自動 売買

fx デモ

fx スプレッド

為替 fx

外貨 fx

fx 外為

fx 初心者 入門

fx blog

外為 fx

fx 手数料 比較

fx システム

fx 必勝

fx デイトレ

fx 為替

fx オンライン

fx 情報

fx トレード

fx 取引

fx キャンペーン

fx online japan

fx 外貨

外国 為替 fx

1.FX投資とは?

FX投資と言いますが、正式名称をご存知でしょうか。

正式名称は、日本語では外国為替証拠金取引と言います。

証拠金(保証金)を業者に預託し、主に「差金決済」による通貨の売買を行なう取引のことです。

差金決済とは、現金の受け渡しをせず、反対売買による差額の授受で決済することです。

つまり、実際に現金の受け渡しを行うことなく、二つの国の通貨の差額による受け渡しを行うということです。

日本では、1998年に「外国為替及び外国貿易法」が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始しました。

その後、ブロードバンドの普及に伴って、市場が急速に拡大しました。

商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もあります。

但し手軽であるだけに、取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験が必要です。

また、全世界の通貨が関係するため、市場の動向を24時間常に監視しておく必要があります。

この対抗策として、人工知能 (AI)を使って、市場動向による相場の変化に対応して売り買いする機能を持った個人向け「アプリケーションソフト」が開発されていて、それらの機能を使うことで個人投資家でも、場合によっては高い収益を上げることが可能になっていますが、最終的には自己責任であることはもちろんです。

FX投資の特徴としては、証券取引所にあたるものがなく日曜日以外は取引が行われていまます。

次に、レバレッジがかけることができるということです。

最後に、金利スプレッドの受取、支払いがあることです。

これらが主にほかの投資手段との大きな違いです。

まず、証券取引所に当たるものがないのにどうやって取引するのかというと、FX業者で注文を出し、市場で取引されます。

市場は、東京、ニューヨーク、ロンドンが世界三大市場と言い、それぞれの都市でリレーをしてマーケットを一日中動かしています。

市場といっても、東京証券取引所のようなものはなく、銀行間や機関投資家間のネットワーク市場を通じて取引を行います。

取引所への手数料がないため「FX手数料無料」をうたうFX会社が多くなってきています。

しかし、FX取引での手数料はしっかり取られていて、スプレッドというものでとられています。

相手通貨を買うコールと売るアスクでのレート差がスプレッドといい、これが実質的なFX会社の取り引き手数料となっています。

一日中取引をしているため、ヘッジとしても優秀です。

アメリカの雇用統計の発表時などの統計発表の時などもすぐに動いてくれるので、面白いです。

次に、レバレッジとういシステムについて解説します。

レバレッジとは、簡単に言うと自分のお金の何倍もの資金を動かすことができて、その取引で発生した利益と損失のみを自分が受け取るか、支払いをするかという差金決算のシステムのことです。

外国為替でドルが二倍にも三倍にもなることなんて少ないことはすぐに理解できるでしょうし、数年持っていても大して通貨の価値なんて変わらないことがすぐに理解できるでしょう。

そこで、レバレッジをかけて、数円動いたら何万円、何十万円、何百万円と儲かるように仕組みが作られています。

数円動けば、何倍動いたことにしようというのがレバレッジです。

このレバレッジが逆は、もろ刃の剣で、何倍の利益も出してくれるかもしれませんが、逆に損失も何倍にもしてくれます。

このときはロスカットという損失を防ぐ機能がFX会社で自動出ストップされます。

このレバレッジをかける時に自分の資金以上に動かしている資金は借りている資本ですので、金利がかかります。

しかし、外国為替取引では自分の通過を売って、外国通貨を買い入れるため、金利の差を受け取ったり支払ったりということになります。

これを金利スプレッドといいます。

ドルや、南アフリカランドドル、オーストラリアドルなどの日本の円よりも金利が高い通貨を買い建てた場合には、日本の円の資金分の金利支払いが発生しますが、一方で買ったドルや、南アフリカランドドル、オーストラリアドルなどに対しては金利を受け取ることができます。

自分が買い建てた通貨の金利を、受け取ると同時に自分の金利支払いをしても収支がプラスになる時もあります。

しかし、一方で、ヨーロッパのユーロや、スイスのフランなどを買い建てた場合には、日本の円よりもユーロやフランの方が金利が低いため、自分の支払分の金利よりも受け取ることができる金利が低いため、支払いが発生することとなります。

これらを金利スプレッドと呼びます。

以上が、FX投資がほかの投資法と違い、FX投資をする上で、とても理解しなくてはならないことです。

復習しますと、一日中取引が可能なこと、レバレッジというシステムが採用されており、何倍の動きを設定することができることと、金利スプレッドにより金利差により金利を受け取ったり支払ったりすることがあるという三点をまずは理解しておきましょう。

2.各種通貨の特徴

取引できる通貨の種類がどのくらいあるのかというのは、気になることでしょう。

アメリカドル、ユーロ、ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、人民元、ウォン、南アフリカランドドル、シンガポールドル、メキシコペソ、トルコリラ、ノルウェークローネ、スェーデンクローナ、ポーランドズロチなどが、取引することができる通貨の一例です。

世界には多くの国と通貨があります。

FX投資は、2つの通貨の交換レートの値動きに対して、金融商品です。

実際に、様々な通貨取引が可能です。

しかも、FXは証拠金を担保に取引とするため、極端な話ですが、円を証拠金としてもその円を介さないトレードでも可能です。

それでは、各通貨にはどのような特徴があるのでしょうか。

まず「アメリカドル」ですが、何と言っても世界で最もメジャーな通貨です。

毎日のニュースでも「現在の東京外国為替の円相場は1ドル○○円になっています」と言う表現を耳にしますが、それほど日本人にとって身近な通貨です。

このアメリカドルと円の通貨ペアは、一般的に「ドル円」と呼ばれ、この通貨ペアが日本人にとって一番身近な通貨であると共に、FX初心者にとっては最も取引しやすい通貨と言われています。

またアメリカドルは、世界の「基軸通貨」として扱われています。

基軸通貨とは、例えば、円からオーストラリアドルへと両替する場合に、円とオーストラリアドルを直接交換するのではなく、円を1度アメリカドルに交換した後、アメリカドルをオーストラリアドルへと交換することで、円からオーストラリアドルへの両替を可能にしています。

また、発展途上国などでは、自国の通貨価値が非常に低く、また経済情勢や政治情勢により安定した通貨の価値を得られない国などでは、アメリカドルが安心して使用されています。

このように世界的に使用でき、安定した通貨価値を持っているアメリカドルは、「有事のドル買い」と言われほど、経済の不安定な状況や災害などが起きた場合には、日本円以外の世界中の通貨が売られて、アメリカドルが買われる傾向があります。

ドルと円の関係で言えば、日本の通貨である円が世界的に認められているという点と、バブル崩壊以降、日本はデフレ状態となっており、「通貨の価値が著しく下がる事はない」と考えられ、世界情勢が不安になるとドルを売って円を買う動きが出やすい傾向にあると言います。

また、ドル円の動きは1度動き始めると一方通行となる場合が多く、直ぐには戻ってこないことも少なくないため、レバレッジをかけた取引をしている方は、資産配分には十分注意する必要があります。

次に欧州の「ユーロ」ですが、アメリカドルとの取引で一番多い通貨と言われています。

ご存じのように、ユーロは1カ国だけで使われている通貨ではなく、欧州圏のユーロ加盟国の共同通貨です。

従って、ユーロ加盟国1国の経済状態によって通貨の価格が上下すると言うよりも、1国の経済状態が他のユーロ加盟国に波及すると場合が多く、その影響で通貨の価値が上下する傾向にあります。

また、ユーロはポンドと同じく、乱高下しやすい通貨としての特徴を持ち、特に短期トレードで利益を狙うトレーダーに人気のある通貨でもあります。

それだけに、初心者が扱うには少々敷居が高い通貨ですが、大きなトレンドが発生すると一方的な動きを見せること特徴の一つですから、大きな利益を上げているトレーダーも多くいます。

次に、イギリスの通貨「ポンド」ですが、何と言っても荒々しい動きが特徴です。

アメリカドルになる前の「基軸通貨」でもあるポンドは、投機通貨としても知られる通貨で、短期間の間に上下する動きは、特に初心者とっては扱いにくい通貨だと言えます。

しかし、短期売買を得意とするトレーダーやプロの個人投資家からは、短期間で時間効率の良い利益を出すことも可能なために、人気があります。

また、値動きが荒いことから、レンジの幅も比較的大きくなる傾向があり、他通貨で値動きのない相場が続いた時にも、まとまった利益を上げることができます。

ただし、プロに好まれる通貨なだけあって、上手く取引をしないと短期間で大きな損を出す可能性もあるため、初めて取引をするような方は、十分注意をして取引をする必要があります。

次に「オーストラリアドル」ですが、資源国通貨として非常に有名な通貨で、スワップポイントが他の通貨と比較して高いというのが特徴です。

従って、基本的にはオーストラリアドルの買いが多く集まり、少しでも景気の状態が回復の兆しを見せると、一気に買い込まれる傾向があります。

また、オーストラリアの経済は、中国と密接な関係にあるため、中国の経済状態の影響を常に受けた動きをする傾向にあります。

また、資源国通貨ですから、金や原油と言った資源の価格の影響に敏感に反応する傾向にあります。

さらに、アメリカの株価指数であるダウと連動した値動きを見せ、世界的な景気悪化が予想されると真っ先に売られる通貨でもあります。

値動きは、ユーロやポンドほど激しくはありませんが、ドル円やニュージーランドと比べると大きな動きを見せる傾向あります。

特に、スワップポイントを狙った長期投資運用をしている個人トレーダーも多く、近年は初心者からも人気の高い通貨です。

最後に、「ニュージーランド」ですが、オーストラリアドル同じく資源国通貨です。

オーストラリアドル比べて、値動きは穏やかですが、隣国であるオーストラリアの経済状態の影響を受けるため、オーストラリアドルと連動した動きを見せやすい特徴があります。

また、ニュージーランドドルは、ニュージーランドの経済指標発表が日本時間朝6時頃に行われる場合が多く、その時間帯には世界の相場参加者が少なく資金の流動性も低いので、他の通貨が値動きを見せない状態でも、このニュージーランドドルだけが指標発表の影響を受けて、大きな値動きを見せることがあります。

従って、初心者トレーダーは突然の動きには注意しなければなりません。

これは円とその通貨での取引ができるということで、円とアメリカドル、円と南アフリカランドドルが買い建て、売り建て、ともにできるという意味です。

そういえば、買い建て、売り建ての意味を説明していませんが、買い建てとはロングともいいます。

買い建ては円を売って外国通貨を買うことです。

逆に、売り建てとは円を買って外国通貨を売ることをで、売りはショートともいいます。

取り扱う人がいるかどうかわかりませんが、証券会社によっては、ユーロと米ドル、ポンドと米ドル、オーストラリアドルと米ドルの取引ができるようになっているときもあります。

これはユーロを売って米ドルを買う、ユーロを買って米ドルを売るということができるという意味です。

さて、それぞれの通貨の特徴でしたね。

まず、先進国通貨と呼ばれる通貨群があります。

アメリカドル、ヨーロッパのユーロ、イギリスのポンド、そして日本の円です。

これらの通貨は先進国通貨と呼ばれていて、世界的に不況や株安などの時には特に買われ、リスクオフのときには強い通貨たちです。

また、取引されている量もその辺の通貨に比べて非常に多いため、取引の厚みがケタ違いです。

このため、FX初心者は扱うとしたらこのあたりの通貨の売買をすることがよいでしょう。

レバレッジをかけていて、損失が膨らんでいたとしても、ロスカットの注文が出された時にもなんとか約定してくれて損失がある程度のところで止まります。

流動性があると自分の思惑とは逆に行ったときに損失を止めてくれるのです。

この流動性の大切さは喰らってみないとわからないかもしれませんが、初心者だと思ううちは絶対にこの通貨の中で取引をすることをお勧めします。

先進国通貨以外に、順先進国通貨の立ち位置にある通貨群もあります。

それは、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、などです。

これらの通貨は、金利も高く、もっているだけで金利スプレッドがついていって日本での預金よりもはるかに儲かるので、預金のつもりで持っている人が結構いたりいらっしゃいます。

しかし、通貨の安定性はほかの先進国通貨に比べて劣ります。

流動性も先進国通貨には見劣りがするものの、取引がストップすることはあまり起こらないため、比較的安全という通貨たちです。

最後に、新興国通貨と呼ばれる通貨、トルコリラ、南アフリカランドドルなどが挙げられますが、これら通貨は金利が高く、金利スプレッドも高くつきます。

値動きが激しく、何パーセントを通貨で一日の中で動いたりします。

しかし、値動きが激しいことは流動性が乏しいことを意味しますので、流動性が乏しいことが欠点です。

この流動性の乏しさはロスカットを無意味にしてしますことがあります。

流動性が乏しいときに、FX会社がロスカットで損失を抑える注文を出してくれても、マーケットでその注文が処理できないということがおきます。

南アフリカランドドルは早速、2016年1月11日の朝にGMOなどのFX取扱会社でロスカット注文が処理できず、値段もストップしていることで話題になりました。

金利収入がかなりあって、値動きの期待もできる反面、きつい下げと下げた時のロスカットが無効になっているというリスクを負っていることを理解しても突撃できるくらいになってから突撃しましょう。

3.専業トレーダーと兼業トレーダーの境目とは?

専業トレーダーという人たちがいます。

株式でも株式の売買を専業にしている人たちがいますが、外国為替でもその取引を専門にしてそれを生業としている人たちが確かにいることも事実です。

一方の兼業トレーダーとは、自分の仕事をほかに持っていたり、サラリーマンをしていたりしているが、その仕事時間外で取引をしている人たちを兼業トレーダーと言います。

専業トレーダーと兼業トレーダーの境目なんて、FXのみで食べていると専業トレーダーだし、そうでないなら兼業トレーダーというそれだけです。

専業トレーダーについてもう少し調べてみまそうか。

専業トレーダーには、サラリーマン程度の給料を稼ぐ専業トレーダーから、何億という額を稼ぐ大口の個人投資家までがいろいろといます。

専業トレーダーの間の年収のあいだの開きはサラリーマンと社長以上の差があるということがわかります。

専業トーレーダーと兼業の違いといえば、「通勤時間がない」ことにあることでしょう。

自分の家のパソコンとのにらめっこを繰り返していることが仕事のFX専業トレーダーですが、一方で兼業トレーダーは自分の仕事場へ仕事へ行かなくてはなりません。

満員電車に揺られて仕事に行くというようなことがなくてすむようになります。

これは、兼業の人やサラリーマンからみるとうらやましい限りですよね。

また、「煩わしい人間関係がない」ということも大きなプラスでしょう。

上司や部下などといった関係から、お客様などというものに振り回されなくてすむ自由な生活を送ることが幸せになれるような気がしますよね。

しかし、専業トレーダーになることで失うものも多くあります。

失った一番のものは、健康だといわれます。

睡眠時間が、マーケット次第になり寝ることができなくなります。

寝ていてもアラートが来るように、設定をしていたりすると寝起きに起きて対処をしなくてはならない場合にもなります。

ずっとパソコンの前にいることから冷え症や、痔になることも専業トレーダーもいます。

また、精神の安定が侵されます。

勝ち続けなければ飯が食えないという専業トレーダーなので、勝つことがどうしても求められて、そのプレッシャーが半端ではありません。

頭からマーケットを考えることが離れなくなり、どうしようもなくなってしまいます。

ニュースを見てもどの通貨がどう動くかなどの動きにとらわれて、戦争などのニュースもそう見えてくると、専業の末期症状とも言えます。

どちらを取ってどちらを捨てるかという選択の問題です。

4.FX投資と他の投資との違いとは?

FX投資のほかの投資との違いは、最初にも述べたように、「一日中取引ができること」、「レバレッジ」をかけることができること、「金利スワップ」の受取と支払が発生することが主な違いとして挙げられます。

FX投資の他にも、投資商品は多くありますが、FX投資とは何が違うのでしょうか。

まず、「銀行預金」との比較ですが、銀行預金は、現金を銀行口座に預けることで利子が得られる金融商品です。

ただ、日本銀行の金融政策があるため、現在得られる利子は非常に少なくなっています。

従って、金銭的なリターンは、FX投資の方がはるかに大きいといえます。

ただ、銀行預金の最大のメリットは、仮に金融機関が破綻しても、ある程度の規模まで預金が国によって保護されている点です。

現状では1つの金融機関につき1預金者1千万円まで、預金元本と利子は全額保護されています。

一方、FX投資でも、信託分別管理をしている取扱会社であれば、仮に取扱会社が倒産しても預けた証拠金や利益は全額保護されます。

次に、「外貨預金」との比較ですが、外貨預金とは、日本円の代わりに、米ドルなどの外貨を銀行に預ける金融商品です。

外貨預金の金利は、日本円による銀行預金よりも比較的高いので、ある程度高い利子が得られるというメリットがあります。

このほかに、外貨預金では為替差益が得られるチャンスがあります。

為替差益の仕組みは、FX投資と全く同じです。

ただ外貨預金の場合、銀行の営業時間内でないと外貨を円に換える、もしくは円を外貨に換えることができません。

このため、FX投資のように通貨を機動的に交換することができません。

また外貨預金のうち、外貨定期預金の場合、定期期間が過ぎるまで解約することができません。

このため、仮に為替差益が発生しても、満期まで為替差益を確定することができません。

外貨預金では、通貨を交換する際に為替手数料が徴収されます。

また、外貨預金が銀行預金と異なり国による保護が受けられないのもデメリットと言えます。

次に、「外貨MMF」との比較ですが、外貨MMFは、海外の短期債券で運用するマネー・マーケット・ファンド(MMF)と呼ばれる投資信託の一種で、銀行ではなく証券会社で購入する金融商品です。

外貨定期預金と異なり、いつでも解約できるメリットがあるほか、為替手数料が外貨預金に比べて安くなっています。

ただ、外貨MMFは、外貨預金と同様に、国による保護がないほか、証券会社の営業時間内でしか取引ができません。

また、外貨預金よりも低いとはいえ、為替手数料が発生しますので、FX投資に比べてコスト高といえます。

次に、「株式投資」との比較との比較です。

株式とは、株主の権利を表すもので、株式に投資するというのは、株式会社が発行した株式に資金を投資し、株主権を取得することを意味します。

株式会社が上場している場合、株式の価格である株価は、毎日変動します。

このため、株価の変動を利用してキャピタルゲインを得ることも可能となります。

株式を購入する代金は、対象となる会社によって異なりますが、通常は平均で50万円程度の資金が必要となります。

一方、外国為替証拠金取引の場合、一定の証拠金を取扱会社に預けることで、証拠金の数倍の取引をすることができます。

また株式投資の場合、株式を「安い株価で買い、高い株価で売る」ことはできても、逆に「高い株価で売り、安い株価で買い戻す」ことは、現物株式投資ではできません(信用取引という仕組みを利用する必要があります)。

一方、FX投資の場合、特別な仕組みを利用しなくても、「買ってから売る」、「売ってから買う」のどちらも実施することができます。

次に「商品先物取引」との比較です。

商品先物取引とは、将来の決められた時点(限月)に、特定の価格で商品の受け渡しを行なう取引です。

商品先物取引は、決められた時点(限月)の前であれば、受け渡す権利の転売や買い戻しが自由に行なえるため、商品の受け渡しを目的とせず、権利価格の売買差益から利益を得ることも可能となります。

また、FX投資と同様に、証拠金を担保として預けることで、証拠金の数倍の取引が可能です。

このように、商品先物取引は、FX投資と似た点が多くあります。

しかし、商品先物取引では、取引を限月までに終了させる必要があり、仮に限月を超えてポジションを持ちたい場合は、前の限月の取引を終了し、次の限月の取引を開始する必要があります。

一方、FX投資では、限月が設定されていないので、取引が清算されるまで取引を継続することが可能です。

この限月の有無は、商品先物取引とFX投資の大きな違いといえます。

また、商品先物取引では、損失が拡大すると、取引業者から追加証拠金(通称=追証:おいしょう)の請求があります。

これは、計算上の損失が証拠金の一定額を超えた場合、証拠金の不足分が請求される仕組みです。

取引を続ける場合は、この追加証拠金を払う必要があり、場合によっては多額の追加証拠金を支払うこともありえます。

さて、ここではもっと詳細に入っていきたいと思います。

「レバレッジが生み出す金利スワップ」について説明します。

レバレッジがかかって取引をするということは説明しました。

自分の自己資本の何倍もの取引をすることができるということです。

ただ、その値動きのみを自分が受け取るのかというとそうでもなくて、たとえば、100万米ドルを購入したとしましょう。

その時には100万米ドルに必要な日本円を日本円で借りてきて、日本円を売って、米ドル100万米ドルを入手するという流れになります。

その100万米ドルを購入するのに必要な資金の担保として自分の資金が取られています。

この100万米ドルは、アメリカの銀行で放置しているとアメリカの銀行などが金利を付けてくれます。

一方で、自分は日本円で米ドル100万米ドル分の金利支払いをします。

そして、受取も支払いも100万米ドル分となります。

金利スワップが小さくても、レバレッジをかけて何倍、何十倍となるとそれなりの規模の収入となります。

この投資法は、オーストラリアドルやニュージーランドドルなどの高金利通貨で多く見ることができます。

値動きに対してとても脆弱なので、あまりお勧めはしませんが、長期で見るとプラスになりやすい傾向にあるようです。

値動きの話がでましたが、値動きで思惑とは反対に動いた時のFX投資独特の「ロスカット」について説明します。

これはほかの投資法との大きな違いです。

ロスカットは証拠金の何パーセントの下落でロスカット注文が執行されます。

これは無条件で行われます。

追証がきても支払わない時にも強制決済が行われます。

決済注文とは、自分が米ドルを買っていたら、米ドルを売る注文が強制的に執行されるという意味です

5.テクニカル分析とは?

FX投資をするときに、用いる投資手法には、テクニカル分析とファンダメンタル分析があります。

テクニカル分析について解説をします。

テクニカル分析とは、過去のチャートの動きから明日の動きを見ようとする試みです。

「試み」といいましたが、絶対ではない未来を見ようとする手法なので、水晶占いなどの占いとあまり次元は変わらないような気がします。

実際、海外ではテクニカル分析は宗教のような扱いを受けることもあるようです。

ただ、テクニカル分析がそんなに宗教で役に立たないかといえば、まったくそういうわけではありません。

テクニカル分析は、過去のチャートで上昇基調なのか、下降基調なのかを判断して、その流れが続くのか、終わるのか、などをチャートを使ってみていきます。

チャートは足チャートや、移動平均線、EMA、ボリジャーバンド、一目均衡表、平均足などを用います。

テクニカル分析で用いる手法として、MACD、RSI、ストキャスティクス、スローストキャスティクス、DMIなどがあります。

代表的なものを解説します。

移動平均線を使って、トレンドフォロー、トレンドを追いかけていき、ゴールデンクロスという長期の移動平均線を短期の移動平均線が抜いて上昇するパターン、逆に長期の移動平均線を短期の移動平均線が抜けるのをデッドクロスといいます。

MACDについては、トレンドフォロー型のテクニカル分析で、Moving Average Convergence Divergence(移動平均集束拡散法)を略したものです。

任意の期間の二つの移動平均を用います。

この移動兵器院は単純に一定時間の価格の平均ではなく、指数平滑移動平均と呼ばれ日付が近いものほど比重が重くなるようにして平均を求めます。

短期の指数平滑平均と長期の指数平滑平均の差をMACDラインと呼び、これが基本線となります。

MACDの値を一定期間分単純平均したものをMACDシグナルと呼び、MACDとMACDシグナルのゴールデンクロスは、下落が落ち着き株価が下げ止まりを示し、デッドクロスでは上昇の勢いが弱まり上昇が終わることを示唆します。

MACDの値が正の値でそのグラフが右肩の場合には上昇トレンドが加速、正でも右肩下がりだと上昇トレンドが減速していると読みます。

MACDの値が負の場合は下降トレンドで、右肩下がりでは下降トレンドが加速、グラフが右肩上がりの時は下降トレンドは減速していると読みます。

トレンドフォローではない指標に、オシレータ系と呼ばれるテクニカル指標があります。

代表的なものに、RSIがあります。

Relative Strength Index(相対力指数)です。

このテクニカル指標は売られすぎ、買われすぎを示し逆張りの売買シグナルになります。

50パーセントが中心で0から100の間の値をとります。

一定期間の価格がすべての期間で上昇ならば100、下落なら0の値をとります。

強いトレンドの時にはずっと0か100の近くにRSIの値が止まります。

もう一つの有名なオシレータ系でストキャスティクス(Stochastics)と呼ばれるものがあります。

一定期間内の最高値と最安値の差を100として、現在の価格から安値を引いた値がどの程度なのか、その割合を示すのが「%K」。

次に、先ほどとは異なる一定期間で「%K」と同じように計算し「%D」を求めます。

「現在値-安値」の期間分合計から、「高値-安値」の期間分合計を割って100倍して算出します。

「%K」の平均した値ともいえます。

もっともシンプルな戦略は、「%K」のみを単体で使うやり方があります。

RSIと同じように、100に近い高水準エリア、ゼロに近い低水準エリアにきたときには逆張りシグナルというシグナルとして使うのが一般的です。

テクニカル分析とは?

「テクニカル分析」とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法です。

将来の取引価格の予想を需給、収益性評価、背景となる経済情勢分析に基づいて行う手法「ファンダメンタル分析」とは逆の考え方です。

判定ルールに、少しでもトレーダー自身の相場観や曖昧な視覚的判断を用いた場合、トレード手法としてはファンダメンタル分析と同じ「裁量トレード」に分類されますが、ルールを厳格化したり、コンピュータ分析などを主体的に駆使したりして、相場観や曖昧な視覚的判断を排除したルールを採用している場合には、「システムトレード」に分類されます。

また、テクニカル分析とファンダメンタル分析以外にはアノマリーがあります。

テクニカル分析には、具体的な技法としていくつかの種類が存在しますが、その考え方は次の2つに大別されます。

1.取引価格の上昇トレンドと下落トレンドの転換を見出す方法

2.取引価格に対する値頃感、変動値幅を算出する方法

これらを実行する方法として、「チャート分析による図解的手法」(判定方法の意味づけ、人間による視覚的判断で利用)と「コンピュータで数値的に計算する手法」(分析の自動実行、分析チャートの作図で利用)とがあり、お互いに関連しています。

分析結果の表示は分かりやすくするために、チャート(グラフ・罫線表)を用いるのが一般的です。

テクニカル分析を行う市場参加者は大きく分けて、チャート分析を主として人間の判断により売買を決定するチャーティスト(裁量トレーダー)と、コンピュータを駆使して、判定条件に合うものを自動的に売買するテクニシャン(システムトレーダー)の2種類です。

例えば、両者とも売買ルールに同じテクニカル指標を用いて、「移動平均線をローソク足が下から上へ突き抜けて陽線になれば買い」というルールを採用していた場合でも、チャーティストは「移動平均線の向きやトレンドの方向、オシレーター指標の推移など、曖昧で主観的な要素が入り込みやすいフィルターを取り入れ、総合的に分析して売買するか否かを決定する」のに対し、テクニシャンは「移動平均線の向きに関係なく売買を実行したり、『前日のローソク足の終値がn日前のローソク足の特定の値を上回っているか』など、明確に数値化された材料を基に、容易に過去検証ができる要素のみを判断基準に取り入れて売買するか否かを決定したりする」といった違いが現れます。

6.ファンダメンタル分析とは?

FX投資でのファンダメンタル分析は使うときは低レバレッジのときに限ります。

理由は単純で、「ヤバい」からです。

ハイレバレッジのときにニュース期待で張っても思惑とは逆に動いたときにロスカットで刈られます。

ハイレバレッジをかけてファンダメンタル分析をしてしばらくホールドなんて正気のさたではないです。

資源価格と資源国通貨のように関連性がある通貨を商品先物などの代わりに売買するのは面白いかもしれませんが、長期(1年超え)のFX投資はあまりお勧めできません。

人口動態や、IMF統計などから長期的にどうなるという自分なりに調査して、動向について考えて投資するのが基本、ファンダメンタルな投資で長期向けなのでレバレッジをかけないほうがいいです。

しかし、レバレッジをかけてニュース関連などを期待してFX投資をするのはありです。

ファンダメンタルではニュースを重視します。

選挙の結果、戦争、きな臭い外交状態、石油価格、株価、金利動向などにより決まってきます。

アメリカの利上げのように、すでに前々からマーケットに言われていて、その前情報でマーケットがすでに動いているときには、「織り込み済み」といわれて、きちんと「利上げしました」というニュースで飛び乗ってもすでに考慮されていて取引される値段が決まっていたのでまったく動かないなどということも起こりえます。

何らかの動きが想定されていた、たとえば、アメリカの「雇用統計」の発表のときなども大きく動きますが、市場予測との乖離によってマーケットは動きます。

市場予測よりも、よかった、悪かったなどによって動きます。

どこまでが織り込まれていて、どこまでが想定されているのかまで、考えてのファンダメンタルです。

次の雇用統計がよさそうとか、鉱工業指数がどうとかを予想してマーケットの予想までを読んで買い向かうか売り向かうかを考えることがファンダメンタルの難しさです。

先物取引や外国為替に適用する場合は、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目します。

この用語は、他の種類の定量的な分析や「テクニカル分析」などの投資分析と区別するために、使用されています。

ファンダメンタル分析は過去と現在のデータを用いて行われるが、その目標は業績予想です。

個人投資家は、長期保有を前提に配当などの利回りを重視する立場をとっています。

大手機関投資家、つまり各銀行の含み益にも関係するので、株価に全く無関心なことではありませんが、短期の上げ下げに一喜一憂しないアプローチ手法です。

FX投資について理解しよう

最近よく聞く「FX投資」という言葉ですが、いま一つ理解していないという人が多いのではないでしょうか。

「投資」ですから、正確な知識を持って始めないと思わぬリスクを抱えることになります。

専業トレーダーと兼業トレーダーの境目とは?

FX投資を行う人を「トレーダー」と言いますが、そのトレーダーにも2種類います。

「専業トレーダー」と「兼業トレーダー」です。

専業トレーダーは、FX投資を本業として、トレードで生計を立てる人のことです。

但し、証券会社や銀行に雇われてトレードする人(ディーラー)とは区別されます。

兼業トレーダーは、FX投資でお金を稼ぐ傍ら、主たる収入を別の仕事にたよる人のことです。

サラリーマン、自営業等で本業を持ち、FX投資以外にも決まった収入のある人を言います。

それでは、専業トレーダーのメリットは何でしょうか。

まず何と言っても、時間に拘束されないと言うことです。

従って、兼業に比べるとはるかに大きなお金を稼ぐチャンスがあり、比較的トレードの機会損失がないと言えます(もちろんその人の力量もありますが)。

一方でメリットは、当然のことですが、FX投資で失敗すると生活ができないというリスクを負っていることです。

また、税負担が大きく(FXの場合、分離課税で20%の所得税)、社会との接点が乏しくなり、生活が単調になったり、不規則になったりする恐れがあります。

次に、兼業トレーダーのメリットですが、まずトレード以外に収入があるため安心だという点です。

また、社会的な接点を保つことができ、主たる収入源にもよりますが、税務申告を一緒に出来ます。

一方でメリットは、仕事の制約を受けるため時間が自由に確保できないので、専業トレーダーに比べて大きくは稼ぐことはできません。

もちろん、いきなり専業トレーダーにからスタートする人は、ごく稀ですから、ほとんどの人は兼業トレーダーからスタートし、あることをきっかけに専業トレーダーへ移行される場合が、ほとんどです。そのきっかけとして、2つ考えられます。

1つ目は、特に理由がなく「見切り発車タイプ」です。

思い立ったが吉日、あるいは背水の陣、清水の舞台から飛び降りる心境で、専業トレーダー以外には考えられないと、安定的な仕事を辞め、退路を断ってFX投資に集中しようとするタイプです。

とにかく、1年やってみて、だめだったらその時考えようという考え方です。

退路を断っていますから、毎日必死に情報を収集し、一つ一つのトレードも慎重になります。

自分や専業でやれる、集中力があると自覚している人には向いていると思います。

2つ目は、危ない橋は渡らない「石橋をたたいて渡る」タイプです。

ともかく、自分で納得するまで動かない、慎重を期すため、石橋を叩いて渡る、そういうタイプの人です。

だから、いきなり会社を辞めて、専業トレーダーになったりせず、まずは兼業である程度の基礎を作っておこうとするタイプです。

もちろん、今ある仕事を続けながら基礎を学ぼうとするので、専業になるには多少時間がかかります。

FXは手軽な投資方法である

日本で「FX投資」が始まって、20年近くなります。パソコンやスマホの普及で、手軽に参加できますが、正しい知識と日々の情報収集が大事です。

FX証券会社おすすめ比較一覧

会社 特徴
DMM FXDMM FX FX口座数が国内第1位(*1)の最も勢いのあるFX会社。すべての通貨ペアで手数料が業界最安水準。ツールもとにかく使いやすい!新時代のFXスプレッド(手数料)の雄がこのDMM.com証券。低スプレッド(手数料)はもちろんですが、取引ツールをユーザーからの要望に応えて毎月のようにバージョンアップを行うなど、ユーザニーズに応えることを怠らない。【世界第2位!】の取引高を誇る会社の決意は半端ではない。
外為どっとコム外為どっとコム 外為どっとコムはFX会社の老舗。10年連続FX預かり資産No.1という実績から、多くの個人投資家に支持されていることが分かります。
業界最狭水準のスプレッドに、スピード注文や多機能チャートを備えたハイスペックな取引ツールで、プロも満足の取引環境を提供。同社の一押しは業界最強の情報力!年間200本以上開催のセミナーに1日5本以上のレポート、20種類以上の動画コンテンツにニュース配信も5種類と圧倒的な量と質で情報を網羅。トレードバトルも人気!また、同社の顧客ポジション情報は時にミセスワタナベのポジションとして一般紙をにぎわすほど。初心者が一から学べる記事も用語集も揃っています。FX預かり資産が10年連続No.1(※)で最も多くの人が資産を預けているFX会社です。
GMOクリック証券GMOクリック証券 FX界の大手GMOクリック証券は2012~2014年の3年連続で取引高世界第1位となり圧倒的な存在感を放っています!
今回もスプレッド、取引ツールの2部門で1位にランクイン!自社開発で生み出される取引ツールはFXトレーダーなら1度は使ってみたいところ。2016年2月の新システムのお披露目に注目が集まります!通貨ペアも増える様子。毎日のテレビ番組「ビジネスクリック」、ラジオ番組「北野誠のFXやったるで!」の放送も見逃せません。また、FXだけでなく株、CFD、オプションから債券までなんでも取り揃えている商品力も魅力。手数料、スワップ、取引ツールのどれもハイスペックで3拍子揃っているFX会社です。迷ったらココと言えるくらい総合力が高く、FX初心者にもおすすめです。
SBI FXトレードSBI FXトレード 1通貨単位(約4円)で取引ができる貴重なFX会社です。比較的に手数料も安くて、スワップも高いのも魅力のひとつです。情報コンテンツも豊富で、トレードコンテストも開催中!トレードツールも情報集約型かつカスタマイズ性もありユーザビリティ◎スワップポイントも他社に引けを取りません!スプレッド、スワップ、情報力とバランスの取れたFX会社です。
YJFX!YJFX! YahooグループのYJFX!が連続で1位に!若者に支持されている同社は2部門で1位をと獲得しています。
使いやすいインターフェースが特徴で初心者にも好まれるスマホアプリが人気で、随時リニューアルが進んでいます。Yahoo!ファイナンスの提携コンテンツであるファイナンススタジアムは同社だからこそできるソーシャルなFXサービス!注目度の高いトレードコレクターもバージョンアップが進んでおり、今後の盛り上がりにおおいに期待したいところ。レポートやセミナーも人気ストラテジストが担当しており、初心者サービスも拡大中!投資家の声をカタチにしながら進化し続けるYJFX!に今後も期待大です!1000通貨単位で取引できるので比較的少額から始めることができます。取引するとTポイントが貯まります。
LION FXLION FX ヒロセ通商は唯一の大阪FX会社、LIONFXという取引システムを提供しています。FXの取引高がYJFXに次ぐほどの規模。スプレッドや取引ツールの使い易さは業界最高水準なのですが、取扱通貨ペアが50種類もある異例の多さが魅力です。
そしてなによりキャンペーンの多さが半端じゃない。FXランキングの評価に含まれないところが残念ですが、新規口座開設、キャッシュバック、取引高、ぞろ目などなど。ヒロセ通商名物の食品キャンペーンで胃袋を満たして下さい!
また、トレードバトルでは賞金も用意され、優勝者インタビューのほかに小林芳彦氏によるプレミアム反省会まで用意。オリコン顧客満足度ランキング2014年度のFX部門総合No.1で総合力の高いFX会社です。主要FX会社の中では珍しく取扱通貨ペア数も50以上!
Money PartnersMoney Partners 2014年度のオリコン顧客満足度ランキングの初心者部門で1位を獲得。100通貨単位から取引できる少額口座もあり。
インヴァスト証券インヴァスト証券 操作性バツグンでかんたん操作で運用できる独自のシストレツールを完備!50000口座突破のシストレ最大手のFX会社です。
FXブロードネットFXブロードネット 1000通貨からの少額取引ができて、米ドル/円が業界最高水準0.3銭の低スプレッドでパフォーマンスはメジャーなFX会社にも劣らないスペックです。
外為オンライン外為オンライン 「ハイブリットチャート」を搭載した直観的でユニークな取引ツールはカスタマイズ機能も充実しており、独自のアイディアが光る。「ツール」ランキングは1位になるなど、非常に高いポテンシャルの会社です。かんたん操作の自動注文機能を導入!初心者にも使いやすい高機能ツールも提供しているFX会社です。
セントラル短資FXセントラル短資FX セントラル短資FXは100年の歴史を持つセントラル短資のグループ会社です。 短資会社とは簡単に言えば短期金融市場よくFXで話題になるインターバンク市場などもその一つですが、その中において金融機関同士の間に立ち資金の取引を行うプレイヤーですが、 法的に【主としてコール資金の貸付け又はその貸借の媒介を業として行う者で金融庁長官の指定するもの】とされており、現在においては3社しかない短資会社の一つがセントラル短資です。 投資スタイルに合わせて3つの取引口座があり、初心者から上級者までに対応しているので、長く利用できるFX会社です。
 OANDAOANDA 米国のFX会社。1通貨単位での取引が可能。他にはない便利な情報ツールも取り揃えています。OANDA Japanのもっとも大きな特徴は、約定率の高さです。ほかの業者では約定拒否されるような状況でも、OANDA Japanでは約定できたということが多々あります。私はいくつか業者を使っているのですが、OANDA Japanはもっとも約定率が高い業者の一つだと思います。
マネックスFXマネックスFX Monex FX Jooは、注文入力を素早く行う機能や豊富なチャート分析機能を搭載した高機能トレードツールです。
FX取引に特化した専用ツールであるため、高機能でありながらシンプルで分かりやすくなっています。Monex FX Jooは初心者からアクティブトレーダーまで、あらゆるお客様を手助けいたします。少額取引用と大口取引用の口座があります。スプレッドは若干広めに設定されているので手数料の面では他社には劣ります。
ひまわり証券ひまわり証券 初心者の方には、非常におすすめのFX業者になります。
何かトラブルやわからないことがあっても、すぐに電話で対応してくれるのでとても安心です。
ひまわり証券は外国為替証拠金取引を「ひまわりFX」と名付け、1998年に国内で初めて個人投資家向けにサービスを開始した会社です。
ひまわり証券はどんなトレードスタイルでも応えられるよう、3つの取引口座を提供。無料・簡単・選ぶだけの独自のFX自動売買シストレツール「エコトレFX」を展開しているFX会社です。
M2JFXM2JFX マネースクウェア・ジャパンは、FX専業会社では2社目となる上場企業で注目度は高い。トラップリピートイフダンなど、独自のユニークな注文方法を備えているのが特徴。顧客向けの無料セミナーや取引画面の見やすさ、優良な情報の配信は他社にない魅力だ。トラリピなど独自の注文をもつFX会社。小さな利幅を狙う戦略の場合は手数料が割引になるサービスもあり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!