不動産投資に失敗しないための5ポイント「サブリースを利用する?」

shutterstock_234038647

将来的なことを考えて不動産投資をはじめようと考える人はたくさんいますが、その分、失敗している人もたくさんいます。

将来、安定した家賃収入を得るためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

不動産投資に失敗しないためのポイントについて、紹介していきたいと思います。

1.不動産投資で失敗しないためにはサブリースを利用する

不動産投資の失敗で多いのは、物件の運用です。

借主が見つからないで、自分の負担だけで高いローンを払っていかなければいけないという状況になってしまえば、意味がないのです。

不動産投資というのは物件のローンは、借主の家賃で賄うことを目的としている場合がほとんどです。

ですから、借主が見つからないで物件だけを保有しているとなると、それだけ負担が大きくなってしまうのです。

また、物件の運営というのは大変なので、仕事をしながらの不動産投資というのは難しいのです。

そこで、サブリースを利用することをお勧めしたいと思います。

サブリースとは、物件を保有しているオーナーから、不動産会社が一括して物件を借り上げ、運営を行う方法です。

毎月の安定した家賃収入を得ることが出来て、クリーニングなどの必要な手配は不動産会社が行ってくれるのでとても便利なのです。

不動産投資をするなら、失敗しないための方法としてサブリースを活用してください。

2.不動産投資の利回りをしっかり計算することが大切である

株式投資やFXなどを行うときには、利回りを気にする人が多いのですが、不動産投資にも利回りはあり、失敗しないためには利回りを気にすることが大切になるのです。

利回りというのは、年間で何パーセント、自分の資産が増えるのかというものです。

不動産投資の利回りには、不透明な部分が多かったり、実際の利回りとは違うこともあるので、注意が必要です。

不動産投資の利回りで重要になるのは、表面利回りではなく、実質的な利回りのことです。

例えば、5000万円のマンションを購入して、年間で500万円の収入が得られるのであれば利回りは10パーセントということになります。

これは表面的な利回りということになります。

実質的な利回りというのは、この収入からローンの支払い、固定資産税などの税金の支払い、管理費や修繕費を差し引いたもののことをいいます。

なので、色々な経費を差し引くと利回りが悪くなってしまうということもあるので、表面的な利回りに騙されてしまうと、不動産投資に失敗してしまうのです。

3.失敗しないためには家賃保障システムを使う

不動産投資に失敗してしまうケースの多くは、借主が見つからなくて家賃収入が得られない期間があったり、家賃の滞納というリスクがあるからです。

こうしたリスクがあると、不動産投資は本当に安全なのか?と思ってしまう人もいると思います。

そこで、借主が見つからないときや滞納されてしまったときのリスクを減らすために、家賃保障というシステムがあります。

家賃保障というのは、もともと連帯保証人を用意できない借主のために連帯保証人を勤めてくれる会社を用意する制度でした。

ですが、貸主側のリスクを軽減したり、滞納金の回収をする手間を減らしたりするために、賃貸物件を貸し借りするときに、家賃保障会社を建てるケースが増えているのです。

貸主側としては、家賃回収の手間もなく、安定して収入を得ることができるというメリットがあるので、不動産投資に失敗しづらくなるのです。

4.新築と中古の不動産を選ぶときのメリットを考える

不動産投資をするときに、まず行うのは物件選びですが、これにも失敗しないためのポイントがあります。

まず、物件というのは新築と中古の2種類があります。

新築でも中古でも、どちらにもメリットがあり、デメリットもあるのです。

なので、どちらを選べばいいのかというのは条件などにもよって変わってきます。

長期的に考えれば、補修箇所が増えてしまう中古物件よりも、新築物件を購入しておくと費用対効果がよくなるケースが多いといわれています。

長く貸し出す物件であることを考慮すれば、その間の修繕費を少なくすることで、自分の手元に残る利益を増やすことが出来ます。

また、中古物件と新築物件が並んでいたら、新築物件が選ばれる確立の方が高いので、やはり新築を選んでおいた方がいいのかもしれません。

不動産投資に失敗しないためには、新築物件を選んでおくべきでしょう。

5.将来的にも安定している場所で不動産投資をすることが失敗しないポイントである

不動産投資に失敗してしまう人というのは、立地条件が悪いところの物件を購入して投資用に活用しようとしている人です。

不動産投資では、需要と供給のバランスが大切で、「この場所に住みたい!」と思う人が多い場所に物件を購入することで、安定して入居者を確保できて、家賃収入を得ることが出来るのです。

そのため、大都市圏で物件を購入して不動産投資に活用するというのが失敗しないための方法でしょう。

東京などの大都市圏では、物件への需要は増え続けています。

ですが、マンションなどの供給量が減ってきているので、今から不動産投資をしようと思ったら、大都市圏に物件を購入することをオススメしたいと思います。

また、将来的な家賃の下落なども、大都市圏では少ないと見られているので、将来的に収入が減ってしまうというリスクも少なくすることが出来ます。

地方の物件を選ぶより、大都市圏の物件を選んで不動産投資をすることが、失敗しないポイントなのです。

不動産投資に失敗しないためには色々なリスクを回避する必要があります。

なので、物件の購入時から実際に賃貸として貸し出すときまで、あらゆるリスクを想定しておくことが大切です。

投資なので失敗してしまうこともあると思いますが、不動産投資はリスク回避をすれば失敗の少ない投資なのです。

まとめ

1.不動産投資で失敗しないためにはサブリースを利用する 2.不動産投資の利回りをしっかり計算することが大切である 3.失敗しないためには家賃保障システムを使う 4.新築と中古の不動産を選ぶときのメリットを考える 5.将来的にも安定している場所で不動産投資をすることが失敗しないポイントである

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!