宝くじが当たると「寄付願い」が来る5つの理由

shutterstock_281434589

「宝くじで高額当選をしたら、とたんに寄付のお願いが来るようになった」なんていう話を、聞いたことはありませんか?

実は、都市伝説ではなく、事実としてそういった例もあるのです。

では、宝くじが高額当選をしたときに寄付のお願いが来てしまう理由について、考えていきます。

1.「もしかして…」と思われる

宝くじが当たると、どうしても生活が変わってしまって、周りから「もしかして」と思われることで、寄付のお願いをされることがあります。

宝くじの高額当選というのは、とても大きな金額です。

ですから、普段の生活が一変してしまう人も少なくはありません。

前までは一般的な生活をしていたのに、高級車に乗ったり、よく遊びにいくような生活に変わってしまえば、周りの人から見れば「何かがあった」と分かるはずです。

そこで一番可能性があるのは、「宝くじが当たった」という事実なのです。

例えば、仕事で成功したからといっても、遊び歩くことはできないと思います。

何もせずに好きなことばかりをしていられるだけのお金が急に手に入る方法というのは、宝くじ以外では考えられないでしょう。

となると、やはり、寄付を狙っている人は、「寄付をお願いできませんか?」と擦り寄ってくるのです。

宝くじが当たった人というのは、気が大きくなっていて、寄付も簡単にしてくれるであろうという気持ちがあるのです。

宝くじに当たったからといって、生活を一変させて、自ら寄付のお願いを招くような真似はしないほうがいいでしょう。

2.家族が他人に「宝くじが当たった」と話してしまう

宝くじの当選というのは、家族にとっても嬉しいニュースなので、家族がつい「宝くじにあたった!」と話してしまい、寄付のお願いに繋がってしまうこともあります。

例えば、お父さんが宝くじに当選したとき、子どもとしては誇らしい気持ちになるでしょう。

とはいえ、それを学校などで友達に話してしまえば、その友達の親にまで伝わる結果になります。

そこから「寄付をお願いします」という連絡に発展してしまうのです。

人の口に戸は立てられないと言いますが、一度広まった噂というのは、収集がつかなくなることもあります。

そのため、子どもなどが学校で「宝くじが当たったんだよ」と話すだけでも、街中に広まってしまう可能性もあるのです。

そうなってしまえば、寄付をお願いする電話が鳴り止まなくなったり、街でちょっと会っただけでも、寄付の話になったりと、気が休まることはないでしょう。

中学生くらいになれば、子どもも分かってくれると思うので、宝くじに当選したとは言ってはいけないと、しっかり話しておくようにしましょう。

それ以下の子どもには、そもそも、宝くじに当選したことを話さないほうがいいのかもしれません。

宝くじに当選したことを家族がバラしてしまえば、寄付のお願いに繋がってしまうのです。

3.自ら、宝くじに当選したことを話す

宝くじに当たると、どうしても嬉しくなって話してしまうという人がいると思いますが、これは寄付のお願いや要求を、自分から呼び寄せているのと同じなのです。

確かに、宝くじに当選するという滅多にない幸運を手に入れたのですから、嬉しい気持ちは分かります。

その気持ちを誰かと共有したいと思う気持ちも分かります。

でも、不特定多数にその事実を知らせてしまえば、噂はどんどん広がっていくのです。

そもそも、寄付のお願いというのは宗教団体などからの電話がほとんどだと言います。

大人であれば、自分の意思で宗教に入ることも出来るので、そういう人に伝わってしまえば、「うちの宗教に寄付してくれませんか?」と何時間も訴えかけられることになります。

そんな苦労を味わいたくないのであれば、宝くじに当選したことを自分から話すようなことは止めて、寄付のお願いを遠ざけるような行動を取ることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2