純金積立で資産運用を行う5の方法

shutterstock_46210387

純金積立で資産運用を行う方法をご存知ですか?

テレビCMなどで見かける事も多くなりましたし、一時期は金価格の上昇がテレビでもよく特集されていました。分散投資を考える際にも非常に頼りになる方法の1つなのですが、もちろん純金積立も万全ではありません。そこで、金の価格が下落してしまう時というのはどういう時なのか、注意点などをご紹介させて頂きます。

1.資産運用の中でも手数料は割高になる

まず、皆さんはどのような方法で資産運用を行っていますか?投資を行う際に常に重要となるのが手数料の存在です。例えば株式投資においてもさまざまな手数料がかかるというのは当然の事ですね。
こうした手数料を考えた際に金への投資というのは優秀とは言えません。むしろ手数料が割高になってしまう事の方が多いのです。一回の取引においては些細な金額だったとしても、それが長く続けばどうでしょうか。実際にかかった手数料の額を計算すると、あまり割りに合わないと感じる事もあるかもしれません。
業者の選定はもちろんですが、手数料が安くなるキャンペーンなどは積極的に狙っていく必要があります。金への投資というのも基本的には中長期で行うものです。それだけの期間にかかる手数料というのは常に頭に入れておく必要があるでしょう。

2.純金積立は売買益は期待出来ない

資産運用を少しでも勉強した方であれば、金の投資というのは「リスク分散」「資産を守る」といった意味合いが強いという事が良くおわかりになるかと思います。しかし、実際に純金積立を始める方の多くは「今後も金は値上がりするだろうから、その時に売却すれば大きな利益を得る事が出来るだろう」という考えを持っているのです。
株式や外貨であれば大きな変動を見せます。しかし、金というのは比較的ゆるやかに変動していますね。それだけに大きな利益を得るというのは難しいのです。更に純金積立の会社を利用していれば手数料はもちろん年間費を取られる事になり、中にはそれでマイナスになってしまったという方も少なくはありません。こういった経費以上に利益を出す必要があるのですが、それはなかなか難しいという事ですね。

3.純金積立の資産運用のリターンは低い

資産運用の中でも純金積立というのはあくまでリスク回避で利用するという考えの方が無難です。というのも、数ある方法の中でも非常にローリターンだからです。資産運用においてはリスクとリターンは比例するというのが一般的な考えですね。つまり、ハイリターンを求めるのであればハイリスクを選ばなければならないですし、ローリターンでも可能だという場合はローリスクなゆっくりとした方法を選ぶ必要があるという事です。
しかし、近年は金の価格が上昇しているという事もあり、純金積立をローリスクハイリターンとまではいかなくても、ミドルリターン程度で考えている方が非常に多いのです。そして、実際にはそこまでリターンが無い事に後から気づくという事が多いですね。
そこで、あくまで金への投資はリスク分散のためと考えると良いでしょう。もし円が破綻してしまった時にも金があれば備えになるのです。

4.業者には倒産の可能性もある

現物投資であれば関係の無い話になりますが、業者による純金積立を利用する場合には倒産のリスクを考える必要があります。現在はどこも安定しているのですが、日本では過去に大きな企業が倒産してしまったというケースもいくつか存在しています。その時は誰もがまさかと思ったでしょう。それだけ知名度も実績もある会社でも倒産する危険性は存在するのです。
では、もし倒産してしまったら今まで積み立ててきた純金はどうなってしまうのでしょうか。これは、金の保管方法によって異なるのです。中には倒産してしまえば金が返却されないという危険性もあります。せっかく積み立ててきたのにそんな事態になってしまったら大損になってしまいますね。もちろん、保管方法によっては倒産しても返却してもらえますが、大多数の会社は前者の保管方法を選んでいます。業者を利用する場合は業者選びも重要な要素となります。

5.資産運用を一時休止出来るかが問題となる

純金積立を行う中でのリスクとして保管方法をご紹介させて頂きました。リスクが高いのは消費寄託という保管方法なのですが、実際にはほとんどの業者がこの方法を選んでいます。では、単純に特定保管をしている会社を選べば良いのかというとそこまで単純な話ではないのです。
まず、金の価格というのは日々変動しています。値段が上がり続けている時というのは売却する方にとっては嬉しいのですが積み立てる場合にはそれだけコストがかかるという事です。そんな時、一時休止してまた値下がりしてから再開する、というのがベストの方法であるように感じます。
しかし、そこで問題となるのが保管方法なのです。実は、特定保管を選んでいる会社の場合は一時休止は出来ないというのが殆ど。実際に調べてみたところ、現在どちらの要因も満たす業者を見つける事は出来ませんでした。つまり、どちらを取るかを考えなければならないのです。

まとめ

1.資産運用の中でも手数料は割高になる
2.純金積立は売買益は期待出来ない
3.純金積立の資産運用のリターンは低い
4.業者には倒産の可能性もある
5.資産運用を一時休止出来るかが問題となる

編集後記

今回は金投資に関するデメリットなどについてご紹介させて頂きました。ただ単純に金が値上がりしている=儲かる、と考えるのは危険ですね。資産運用においてリスク分散の1つとして考えるのが最も無難でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!