FXチャートの謎「トレードに役立つ情報ランダムウォーク」


外国為替証拠金取引で初心者を困らせるランダムウォーク

迷走する日本。経済は低迷し阿部政権も継続するものの出口の見えない状況が続いています。そして為替相場も不安定で先が見えません。「ここでなぜそっちに動く?」そんなランダム要素はどこから来るのでしょうか。


ランダムウォークとは?

ランダムウォーク(random walk)とは理論的に予測不可能なことを表しています。
無作為で不確実な動きとして考えられ、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を裏切るのです。為替相場以外、私たちの生活の中にあるランダムウォークには以下のようなものもあります。
例1.水の流れる動き
川は溝に沿って動くため同じ所を流れますが、板や壁などを伝う水はどこに動くか分かりません。例2.空気の流れる動き
風の動きも予測不可能で、気象予報士を悩ませます。例3.動物の動き
猫や犬なども人間の思惑とは違った方向へと動きます。

なぜ無作為に動くか

外国為替証拠金取引(FX)に限らず株式投資でも同じようにレートは不安定です。
誰かが指を使って操作しているような意図も感じます。

▽ランダムウォークさせる要因

  1. 経済指標や政策金利などのファンダメンタルズ要因
  2. グローバル企業などの実需取引
  3. 投機的取引
  4. オプション取引
  5. トレーダーが使用するテクニカル分析のインディケーターの違い
  6. さまざまな投資家の思惑
  7. 見ている時間軸の違い

1は各国のGDPなどの経済状態が影響すると言われます。好結果が出ることでその国の通貨は買われる傾向にありますが、実際には逆行していくことも多いものです。経済指標の発表時には謎の急変が起こることで知られ、アメリカの雇用統計の日には「お祭り」などと言われ注目を集めます。2は企業による通貨の両替行動です。特定の時期に集中して実需取引があるとレートを不安定にさせダマシを作ります。3は個人投資家やヘッジファンドなど短期のトレード(スキャルピングやデイトレード)が主です。バイナリーオプションやコールプットオプションなどが4にあたり、NYカットオプションなどは影響力が大きいのです。5はMACDやストキャスティクスなど自分が信用するインディケーターの違いによるものが考えられます。近年システムトレードも盛んになり、特定のテクニカル状況で注文決済するトレードを行なう人もいるのです。6は機関投資家、ヘッジファンドなどのそれぞれの立場や状況の違いから来るものです。それぞれの投資家はポジション状況や含み損含み益も異なっています。運用できる資金も違えば、決済時期が迫っていたりするのです。7はチャート分析での話です。日足や週足でトレードをしている投資家は5分足や15分足などの短期時間軸はあまり考慮していません。5分足で下降していても日足で見ればまだまだ上昇トレンドが続いているならレートは上がりやすいものです。

ランダムウォークとトレンド

画像は豪ドル円の日足チャートです。
この頃2014年10月、日本銀行の突然の金融緩和によりクロス円は大きく上昇しました。「黒田バズーカ2」と名づけられた大きな上昇トレンドがありました。緑色の矢印がそれまでのトレンド方向です。
黄色の丸の所のようにそれまでのレンジ状態がありました。
この所の動きというものはランダムウォークしている所で、複雑に上下をしています。そして紫色の丸の所で日銀のサプライズがあり、激しい上昇トレンドを作ります。
この部分では明らかに偏った動きをしていて、円が暴落していく様子が確認できるでしょう。為替相場の特徴として、レンジ状態が長く続くとその後に大きく変化しやすい所があります。
そして、レートが下降して谷を作った後にはショートポジションのストップロスを巻き込み上昇するのです。
この時でも突然の円安の動きで損をした個人投資家もいるのではないでしょうか。
この状況では、
1.ダブルトップから下落してくる
2.直近の高値を更新して上昇する
3.直近の高値圏でもみあいになる
この3パターンが考えられます。
実際には2の高値更新でクロス円は大きく上昇しました。トレンドが起きているときはランダムウォークはしにくいものです。
ただし、短い時間軸で見るなら相場は不規則で予測がしづらくなります。その上昇トレンドも一服すると再びランダムウォークし始めます。
黒い丸で囲った部分にあるように、トレンドが落ち着いてくるとボックスになってくるのです。

ランダムウォーク検証.豪ドル円


画像は先ほどの豪ドル円のチャートの紫色の丸で囲った部分を4時間足にしたものです。
上昇トレンドの最中でも短期的には上下動を繰り返しランダムウォークします。4時間足で見た場合でも上下動している様子が分かります。「買ったら下がる」所が黒い丸のところで、ストップロスになったり含み損を抱えることになります。
5分足などで見るなら更に複雑でテクニカル分析が通用しない動きになっているのです。アノマリーとして「大きな上昇があった後は下げやすい」ところがあり、レートはその後もみあいになりました。
「買ったら下がる」
「買わないと上がっていくかもしれない」
そんな思惑が緑色の丸の所に出ているといえます。
その後アベノミクス円安トレンドはまだ継続し再び上昇しました。このようにランダムウォークは投資家の迷いであったり、取引が少ない状態であったりさまざまです。

まとめ

相場は基本的に不安定でランダムウォークします。相場=値段は上下するものだからです。りんごやみかんなどはあまり動きがありませんが、外国の車などは相場が極端に変動することで知られます。これは需要と供給が原因と言われているのです。同じように為替相場でもレートは需要と供給でも変化します。ドルが極端に買われだすならドル円やドルストレートはドル高へと進むのです。つまり、偏った需給バランスがトレンドなのです。こうした特長を把握してトレードに生かしましょう。

編集後記

人生がランダムウォークしている筆者でしたが納得していただける文章になりましたでしょうか?相場も人生もなぞめいた動きで人々を悩ませるものです。安定した動きをしてくれる日はおそらく来ないのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!