初心者におすすめ!ローリスクの4つの資産運用の方法

shutterstock_212867812

資産運用の重要性こそわかっているものの、とにかく理解出来ない!という方は思っている以上に多いかと思います。

実際にやってみれば簡単だと思う事も多いのですが、最初の内はなかなかそうはいきません。難しい用語やリスクへの恐怖で挫折してしまう方も多いのです。そこで、今回はよく挫折してしまうという方でも安心に始められるローリスクの資産運用方法をいくつかご紹介させて頂きます。

1.手軽な資産運用として定期預金を始める

まず、初心者の方が最も始めやすいローリスクな資産運用といえばやはり定期預金です。例えば、学生の内から行っているという方もいらっしゃいます。そのくらいリスクが少ないですし、少額から始められる為、気軽に始める事が出来ます。
では、メリットとデメリットを見て行きましょう。まず、通常の普通預金とは異なり、決められた期間内、お金を引き出す事が出来ません。そのため、何かあった時に困るというケースも多々あります。しかし、これはメリットでもあります。普通預金ではすぐにお金を引き落とす事が出来るため、ついつい落としてしまってなかなか貯金が出来ないという方が多いのです。しかし、定期預金の場合はそもそもおろせないので、半ば強制的に貯金をする事が可能です。
更に、普通預金に比べて金利が高いというのもポイントです。この金利に関してはどの金融機関を利用するかによっても異なりますが、近年増加しているネット銀行の場合は、かなり金利も高くなっています。資産運用を行う上で、まずは貯金をするという癖を付けていくのにも最適な方法です。

2.プロに任せる投資信託で確実に資産運用を行う

逆に、プロに投資を任せるという方法もあります。それがいわゆる投資信託です。この投資信託の簡単なしくみですが、まずあ投資家達から資金を集めます。そして、その集まった資金を投資の専門家が利用し、利益を出していくのです。そして、出た利益をまた投資家に対して分配していくというのが投資信託の形です。実は簡単な仕組みで初心者向けなのですが、まだまだ敬遠されがちという点もあります。
やはり、プロに任せる事が出来るため、初心者の方が自分で運用をしていくよりも利益が出しやすいというのがポイントです。もちろんコストもかかりますが、少額からプロに任せる事が出来るというのは大きなメリットではないでしょうか。ちなみに、現在では1万円前後から投資を行う事が出来ます。
しかし、プロといってももちろんその優劣は存在しています。実際に、自分が任せる事になるプロはどれだけの実力を持っているのか、それはわからないのです。また、個人的に調べようとしたところで、本当の成績がしっかり開示されているのかどうかも不安な点です。しかし、ローリスクで行える資産運用の方法であることは間違いありません。定期預金から一歩進んで新しい運用を始めたいという方にもお勧めの方法です。

3.ローリスクの代表格個人向け国債で資産運用をする

次にご紹介するのは日本国から発行されている個人向け国債です。つまり、国家が発行している借金の事です。国債を購入する事で、日本にお金を貸す事になります。そして、このお金を元にして日本が利益を出していくというのが国債の仕組みです。
ちなみに、国債は1万円から購入する事が出来ます。現在では様々な資産運用の方法で低コストから始められる方法が増えていますが、国債もその一種ですね。ちなみに、最低金利が保証されています。この金利は0.05%という低い数字ですが、それでも損をする事が無いというのが大きなメリットです。そもそも国が完全に破綻でもしない限りはこの最低金利保証はしっかり守られると考えられています。確かに日本も経済的にまだまだ安定しているとは言えないのですが、世界的に見ても日本は信頼のある国。そう考えてみると非常にリスクの低い方法の1つとして考える事が出来ます。
誰でも簡単に少額から始める事が出来て、尚且つリスクは0に等しい数字です。超初心者の方が始める方法としては非常に適していますね。

4.リスクを踏まえて株式投資にチャレンジする

それでは、最後に株式投資についてご紹介させて頂きます。確かに、今までご紹介させて頂いた方法と比べるとリスクは高くなります。しかし、方法によっては非常にローリスクで資産運用を行う事が出来るのです。
まず、株式での利益というのは配当金と売却金が柱になります。ここで注意したいのは配当を実施していない会社もあるという事です。配当金を狙って投資をするという方は気をつけましょう。
また、近年では主婦や年配の方が株式投資を始めるケースが増えています。その理由の1つが株主優待を狙ったもので、どんな優待を得たのかブログにまとめている方も多くいらっしゃいます。そのため、自分がいつも利用している会社の株を購入するという方も多いです。
リスクを避ける方法についてですが、まずはやはり分散させる事も大切です。そして、そもそも株を購入する際に経営状態が安定している会社なのかどうかをしっかり確認しておきましょう。

まとめ

1.手軽な資産運用として定期預金を始める
2.プロに任せる投資信託で確実に資産運用を行う
3.ローリスクの代表格個人向け国債で資産運用をする
4.リスクを踏まえて株式投資にチャレンジする

編集後記

今回はローリスクで行える資産運用方法についてご紹介させて頂きました。もちろん投資というのは大きな金額を投入する事で初めて大きな成果が目に見えるようになります。しかし、少しずつでも金銭を増やしていく癖を付けるというのは非常に重要な事です。また、いきなりハイリスクな投資にチャレンジしても失敗してしまう可能性が圧倒的に高いもの。そこで、まずはローリスクな方法で稼ぐ癖を付けてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!