ストキャスティクスを設定するときの5つのポイント

shutterstock_116868523

ストキャスティクスを始めとするテクニカル指標は、それぞれ設定をしていくことが出来ます。

期間を設定して、その期間の相場を基準として判断するものなので、自分のトレード手法に合わせて変更していくことが大切なのです。
では、ストキャスティクスの設定をするときのポイントを紹介したいと思います。

1.ストキャスティクスの設定はパラメータを大きくする

まず、ストキャスティクスの設定というのは、期間の設定のことを指しているということを覚えておきましょう。
ストキャスティクスに限らず、さまざまなテクニカル指標がありますが、それぞれに期間を設定することが出来て、自分のトレード手法などに合わせて変更していくことが可能なのです。
設定を変更することは、売買シグナルの出方が変わるものなので慎重に行っていくことが大切でしょう。
ストキャスティクスの場合、設定期間を短くすると、少し価格が上昇しただけですぐにパラメーターが100%を指したりします。
また、少し下落しただけで0%を指したりと、上下のふり幅が大きくなってしまい、あまり効果的な売買シグナルとはいえなくなってしまいます。
なので、ストキャスティクスの設定値を変えるときには、トレード手法にもよりますが、あまり短い期間にはせず、長い期間の設定をしておくことで、効果的な売買シグナルを見つけることが出来るようになるのです。

2.シグナルが出てもすぐには売買をしないようにする

小さな設定期間でストキャスティクスを使うときには、早めに利益確定をすることが望ましいとされていますが、サインが出たからといってすぐに売買をすることはあまり望ましくありません。
例えば、ストキャスティクスの%Kの設定値を「9」などの小さい数字に設定したとします。
この場合、細かい市場の値動きですぐにグラフが変化していきます。
なので、一時的にすぐ売りサインが出てしまうという欠点があるのです。
このときに売りサインが出たからといってすぐに売りに転じてしまうと、それがダマシであったという場合もあるのです
損をしてしまわないためには、短い期間設定をしたときには、売買シグナルで売買をするのではなく、トレンドが変わったかもしれないという判断基準にするべきなのです。
短い期間設定のストキャスティクスのシグナルは、注意信号だと思って、他の指標もチェックしておくべきであるといわれています。
ストキャスティクスを売買シグナルの判断基準にするのであれば、短い期間設定よりは大きな設定値にした方がいいといわれるのです。

3.ストキャスティクスの設定を小さくするときには早めの利益確定を狙う

とはいえ、小さい設定値にしたストキャスティクスでは、慎重な利益確定をするポイントを探すために利用することが出来ます。
fxなどでは、はやめに利益確定をすることが損をしないためには必要なことです。
利益確定をするポイントが遅行してしまうと、大きな利益を逃してしまったり、損をしてしまったりということがあるのです。
なので、少し利益が少なくなってしまうかもしれませんが、利益確定をはやめにすることで、損をしてしまう確立を少なくすることができるようになるのです。
fxなどを行うときには、利益をどれだけ出すか、ではなく、損をどれだけ少なくするかということがポイントになるのです。
ですから、ストキャスティクスの設定値を小さくすることは、はやめに利益確定をしたいという慎重な売買に役立つのです。
とはいえ、小さい設定値のストキャスティクスのシグナルは注意信号程度と考えるのがベストなので、他の先行性のあるテクニカル指標と組み合わせてみましょう。

4.設定値を小さくするとだましが多くなる

さて、実際にストキャスティクスの設定を小さくすると、チャートにはどのように売買シグナルが現れるかというと、設定値が大きいものよりもダマシが多くなってしまうという欠点があります。
はやい利益確定ができるのが魅力であるストキャスティクスの小さい設定値ですが、実際にチャートを見てみると、ダマシと呼ばれるような売買シグナルが増えてしまうのです。
ダマシであったポイントで売買をしてしまうと損をしてしまうことになるので、ダマシであるかどうかというところの見極めが大切になります。
逆に、設定値を大きくしていくとダマシの数は減っていき、シグナルの正確性が増していきます。
とはいえ、あまりに設定値を大きくしすぎると、売買のポイントになるシグナルが減りすぎてしまうので、大切なポイントまで消えてしまって利益を逃してしまう可能性もあるのです。
なので、ストキャスティクスの設定値は小さくするなら他の指標とあわせたり、大きくするならポイントを逃さないような期間設定することが大切です。

5.銘柄のトレンド期間などを参考にしてストキャスティクスの設定を決める

ストキャスティクスの設定をするときには、それぞれの銘柄によっても変更していくことが大切になります。
一般的には、26前後で設定されることが多いストキャスティクスの設定値ですが、銘柄の成長力も、人気も異なっていくのがfxや株なので、売られすぎや買われすぎと判断するための数値というのはそれぞれ違っていくのです。
ですから、ストキャスティクスを使うときにも、他のテクニカル指標を使うときにも、それぞれの銘柄にあわせて設定値を最適化していくことが大切になるのです。
ストキャスティクスの最適化をするときには、過去のチャートを見ながら「高値」「安値」とストキャスティクスの「山」や「谷」が合うように日数を調整していくことが大切です。
そして、実際にストキャスティクスを利用するときには、「どこまで下がったら上昇に転じるか」「どこまで上がったら下降に転じるか」を調べてから利用しましょう。
ストキャスティクスの設定というのは、銘柄にあわせて選んでいくことが大切になるのです。

まとめ

1.ストキャスティクスの設定はパラメータを大きくする
2.シグナルが出てもすぐには売買をしないようにする
3.ストキャスティクスの設定を小さくするときには早めの利益確定を狙う
4.設定値を小さくするとだましが多くなる
5.銘柄のトレンド期間などを参考にしてストキャスティクスの設定を決める

編集後記

ストキャスティクスの設定をするときには、自分のトレード手法に合わせて期間を決めていきましょう。
ダマシが多くなる設定もあるので、複数のテクニカル指標を組み合わせると良いかもしれません。
ストキャスティクスの設定をするときには、トレード手法や銘柄などの複数の条件から設定していくことをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!