大学生でもしっかり稼げる!資産運用の4つの方法

shutterstock_141751435

大学生の方向けの資産運用についていくつかご紹介させて頂きます。

この時代、インターネットを利用して多くの資産を生み出す方も増えてきました。そんな方のブログを見て興味を持ったという方も多いかと思います。また、経済も不安定な状況ですので今後に備えたいという気持ちもあります。そんな中、大学生という若いうちから資産運用を始めるにはどのような方法を選べば良いのでしょうか。

1.大学生の内から金銭への健全な考えを養う

まず、大学生の方といっても実家で暮らしている方、1人暮しをしている方、近年ではルームシェアやホームシェアを行っている方も増えてきました。また、授業がどのくらい入っているのか、バイトやお小遣いの有無まで、皆さん条件が異なるかと思います。
しかし、どの場合でも当面手元に置いておくべきお金に余裕があるかどうかというのは重要なのです。実際、若い方の場合は投資を行う際にそこまでお金を残しておかなくても良いと考える方もいます。しかし、そういう習慣を付けてしまうという恐ろしさもあるのです。若い内から経済に関して健全な考えを持つというのは非常に大切です。そのため、生活や自分の趣味とのバランスを考えた上で資産運用に回す金額を決定しましょう。
また、学生の内から自分の資産がどうなっているのかをしっかり把握する癖を付けます。今現在自分にどれだけの貯金があるのか、今後どのように増えていくと予想されるのかそういったシュミレーションも行いましょう。

2.FX投資や株式投資を利用した資産運用は勉強として行う

最近、大学生に人気がある資産運用の方法の1つがFXです。実際に数億ものお金を手にした方もいらっしゃいます。また、今現在成功している方の中には学生の頃からシミュレーションをしていたという方も少なくはありません。
特に、反射神経を必要とする判断を求められるような手法に対して若い方の方が素早く判断出来るというメリットもあります。長期投資で利益を出すためには、それなりの元手が必要になります。そのため、短期でも結果を出す事の出来る手法で行う方が圧倒的に多いです。
そこで気をつけなければならないのがレバレッジです。これはいわゆる信用取引の事で、元金よりも何倍もの金額を運用する事が出来るのです。しかし、これで損をしてしまうと大きなマイナスをかけてしまう事になります。ちなみに、レバレッジをかけないという選択をする事も出来ます。まだ自信が無い内、安定した収入を得られない大学生の内にはレバレッジをかけずに運用していく方が無難だといえるでしょう。

3.資産運用の情報収集を行う場所には注意をする

大学生の方が資産運用を行う際には、やはり情報収集を行う必要があります。そこで、注意しなければならないのがセミナーを始めとする勧誘です。基本的に、多くの場合はしっかりとした内容のいわゆる勉強会を行っている事が殆ど。しかし、参加者の中には悪質な考えを持った方が紛れ込んでしまっているケースもあるのです。
大学生の方がこういったセミナーに参加している場合、非常に上昇志向の強い方や自分の今後をしっかり考えているという方が殆どです。近年では自己啓発に注目する学生さんが増えており、教材の販売や、宗教団体の関係者が紛れ込んでしまう場合もあります。そのため、セミナーで知り合った相手をすぐに信用してしまうというのは危険です。
SNSもそうですが、情報を得れる、学べる場所としては最適とも言えます。しかし、そこにはデメリットも存在しているのです。特に近年では自分の夢を叶える為に人脈を広げたいとそういった場所に参加する学生さんも増えてきました。しかし、それと同時にそういった若者を狙う方も増えているのでそこは注意をしておきたいですね。

4.リスクとリターンの許容範囲を知る

これは大学生に限った話ではありませんが、資産運用を行う際にはリスクとリターンのバランスを取る必要があります。
ノーリスクハイリターンの運用方法があるとしたら非常に魅力的ではあるのですが、それでは逆に経済が破綻してしまうのです。どのような方法を取ったとしても、ローリスクにはローリターンが返ってきます。そして、逆にハイリスクな方法を取ればリスクの分だけハイリターンが期待出来るのです。
では、どれだけのリスクなら許容出来るのでしょうか?やはり、元本割れをしてしまうのは痛いところ。そこで、元本保証のある日本の個人向け国債を選ぶ事も出来ます。しかし、国債の購入は非常にローリターン。少ない金額を投資しても、うまみの実感は得られないでしょう。では、どのくらいのリターンがあれば納得出来ますか?その納得出来るリターンの範囲の中で、どれだけのリスクを許容出来るのでしょうか。
リスクとリターンの範囲は人によっても異なります。そのため、自分はどのような範囲で運用を行うのがベストなのかを考えていきましょう。どの手法を選ぶのか、そういう考えた方も当然あります。しかし、許容範囲を知る事によって、どの手法や手段を選べば良いのかも自然にわかってくるのです。

まとめ

1.大学生の内から金銭への健全な考えを養う
2.FX投資や株式投資を利用した資産運用は勉強として行う
3.資産運用の情報収集を行う場所には注意をする
4.リスクとリターンの許容範囲を知る

編集後記

今回は大学生の方でも出来る資産運用の方法についてご紹介させて頂きました。やはり、一番の強みは若さではないでしょうか。若いからこそ出来る事というのもたくさんあるのです。そして、すぐに過ぎ去ってしまうこの時間を大切にしていきたいもの。そこで、現在と将来のバランスをうまくとって資産運用にチャレンジしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!