初心者にも分かりやすい!ローソク足の見方・使い方


ローソク足は、株やfxを行う上で見方を知っておいたほうが良い、最もポピュラーなチャートの1つです。

ローソク足を理解すると、投資家心理を理解することができて、自分に有利なトレードをすることができるようになります。
では、ローソク足の基本的な見方について、紹介していきます。

1.ローソク足とは1日の株価の動きを表したものである

見方を知る前に、まずはローソク足について知っておくことが大切です。
ローソク足とは、日々変動していく株価の動きを、一定期間で白や黒の棒で表したものになります。
名前の由来は、火をともすローソクに似ていて、その形から、株価がどのように動いたかの足取りが分かるので、「ローソク足」と呼ばれるようになったのです。
ローソク足は、4つの株価を利用して作られています。
「始値」「終値」「高値」「安値」の4つです。
「始値」はその日(週)で最初に取引された株価のことです。
「終値」はその日(週)で最後に取引された株価です。
「高値」はその日(週)で最も高い株価で、反対に「安値」はその日(週)で最も安い株価のことを表します。
ローソク足を見ると、胴体の部分が白いものと黒いものがあります。
白いものを「陽線」と呼び、始値より終値が高いときに現われます。
黒いものは「陰線」と呼ばれ、始値より終値が安いときに現われます。
ローソク足の基本を知ることが出来たら、いよいよ、見方を覚えていきましょう。

2.ローソク足の見方では、期間に注目する

ローソク足の見方では、まず、設定期間に注目します。
ローソク足は、それぞれの値を取る期間で呼び方が変わっていきます。
期間が1日であれば「日足」、1週間なら「週足」、1ヶ月なら「月足」と言います。
1年の値動きで表されるローソク足は「年足」、分単位なら「分足」というローソク足もあります。
一般的に使われる設定期間としては、日足や週足、月足が多いでしょう。
ローソク足チャートは、それぞれのローソク足をつなげたものになるので、「日足チャート」や「週足チャート」などという呼ばれ方をしています。
それぞれ、同じスペースに表示される期間のローソク足が違うので、月足チャートであれば長い期間の値動きが分かります。
日足チャートであれば、細かい値動きを知ることが出来ます。
ローソク足の見方としては、自分の投資スタイルに合わせたものを選ぶのが一番だと言えるでしょう。
短期トレンドに乗って売買を行うのであれば日足を使うなど、ローソク足の見方も、投資スタイルによって変わってくるのです。

3.買いシグナルの見方も重要になる

ローソク足では、買いシグナルの見方も重要なポイントになります。
ローソク足では、上昇トレンドや下降トレンドが分かるようになっています。
チャートの基本的な見方として、トレンドを探っていくことが大切になります。
どの段階でトレンドが反転するのかなどが分かるようになると、その後のトレードにとても役に立つのです。
その点でいうと、ローソク足の見方を知るということは、トレンドの流れを読む力をつけることにも繋がるのです。
ローソク足が右肩上がりの上昇トレンドであれば、その流れについていくことで利益になります。
下降トレンドになっているのであれば、損切りをすることで、大きな損失を防ぐことが出来ます。
損切りも重要ですが、ローソク足を見るときには買いシグナルの見方も大切なポイントになるのです。
ローソク足では上昇トレンドが継続するために必要な動きというものがあります。
上昇トレンドでも、下降トレンドでも高値を結んだ線をローソク足が越えると買いシグナルとなるのです。
ローソク足はトレンドを判断するのにも有効ですが、買いシグナルの見方を覚えておくといいかもしれません。

4.チャートパターンを知ると売買の基準になる

ローソク足にはいくつかのチャートパターンがあるので、見方を覚えたらパターンも覚えておくといいでしょう。
投資の理想というのは、「底値で買って、天井で売る(安値で買って、高値で売る)」ことです。
なので、底値や天井を知る必要があるのです。
ローソク足のチャートパターンでは、底値や天井を知ることが出来ます。
「ヘッド&ショルダー」と呼ばれるチャートパターンは、高値をつけたあと安値に下がり、再び高値をつけてもう一度下がるという動きをします。
2度目に下がった後にもう一度上昇しますが、これは最高値とはならないことがポイントになります。
これは天井圏であることのチャートパターンなので、売りのサインとしても有効に使うことができます。
逆に、底値圏でのチャートパターンには「逆ヘッド&ショルダー」などがあります。
天井圏のヘッド&ショルダーとは逆で、安値をつけたあとに上昇、再び安値をつけてもう一度上昇します。
その後、安値をつけますが、これは2回目の安値より高い位置になり、その後は上昇していく傾向があります。
こちらは買いのシグナルとして利用することができます。
ローソク足の見方では、チャートパターンを覚えることも必要なことなのです。

5.ローソク足の見方を知ると、投資家心理を理解できる

ローソク足の見方を知ることは、投資家の心理を知ることにも繋がります。
投資家の心理を知ることが出来れば、その後の値動きを予想することが出来るようになるのです。
そのためには、ローソク足の種類をいくつか覚えておくことが大切になります。
陽線で上ヒゲがあるローソク足は、「下がるのではないか」と不安になり売りが進んだときの一般的なローソク足です。
陰線で下ヒゲがある場合には、大きく下落した反動で上昇に期待して株を買う投資家が増えてくることがあります。
小さい陽線に下ヒゲが付いた場合のローソク足の見方は、大きく下落したあとに出ることが多いので、「上昇の期待できる」ローソク足と言えるでしょう。
小さい陰線に上ヒゲが付いたローソク足は、さらに下落する可能性があります。
陽線のみでヒゲがないローソク足の場合には、価格がさらに上昇する可能性があります。
高値圏で長い上ヒゲが出た場合には、その後の下落に備える動きが必要になります。
ローソク足はトレンドの流れを知ったり、投資家の心理を探ることが出来るチャートです。
ローソク足の見方を覚えておくと、投資にはとても有利になるでしょう。

まとめ

1.ローソク足とは1日の株価の動きを表したものである
2.ローソク足の見方では、期間に注目する
3.買いシグナルの見方も重要になる
4.チャートパターンを知ると売買の基準になる
5.ローソク足の見方を知ると、投資家心理を理解できる

編集後記

ローソク足の見方をいくつか説明しましたが、紹介した以外にも覚えておくべき形はたくさんあります。
ローソク足チャートは投資にとても重要な役割を持っているので、是非、見方を覚えておいてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!