資産運用でお金を稼ぐために知っておきたい4つの方法


資産運用の初心者に知っておおくべき4つの方法

これらの方法は、元本を何倍にしたいという時に、そのために必要な金利等を算出してくれるものなのです。例えば、今持っている元本を2倍にしたい!と考えます。しかし、本当にその考えを念頭に置いたうえで投資の手段を選んでいますか?実際はそうではない方が圧倒的に多いです。しかし、どの投資手段を選ぶかその選択にもこの法則は役立つのです。

1.会計の父が述べたとされる72の法則を知る

では、まずは資産運用における72の法則からご紹介していきます。これは、元本を2倍にするためには大体どのくらいの年数や金利が必要になるのかを簡単に求めるためのものです。使い方もとっても簡単で、「金利(%)×年数(年)=72」という数式を使います。例えば、金利の所に自分が利用を予定している金融商品等の金利を入れてみましょう。すると、元本を2倍にするための年数がわかるのです。逆に、予定している年数から計算すると、金利がわかる事になります。ちなみに、この法則は会計の父とも呼ばれているイタリアの数学者ルカ・パチョーリという方が述べたとされています。1494年頃、スムマと呼ばれている数学書で述べたとされているため、興味の湧いた方は是非調べてみてください。
ちなみに、この法則ですが万全では無く、誤差も存在しています。金利の場合は6%から10%でこの法則を使用するのが無難ですね。ちなみに、一番誤差が小さいと言われているのは8%程度の金利です。また、概算として利用する際には72では無い数字の方が実際には良いと言われています。この数字ですが、69.3ですね。実際に利用する際には72の法則という名前ですが、是非69.3で計算してみてください。

2.中長期資産運用に144の法則を使う

次に、144の法則についてご紹介させて頂きます。こちらも基本的な考えは72の法則と同様です。72の法則の場合は元本を4倍にするためのおおよその金利や年数を出してくれる数式になります。数式も「金利(%)×年数(年)=144」と、72の部分が144になるだけですので覚え方は簡単ですね。実際に、長年資産運用を行えば4倍にするのは決して難しい事ではありません。もちろん、そもそもの元本の大きさやどの手法を利用するかによっても異なりますが、便利な手法の一つです。また、自分の目標を設定するという意味でも非常に役立ちますね。
例えば、20代のうちからこの144の法則を使いこなしている方ですと、どの手法を選べば良いのか曖昧な理由ではなく、明確な理由で判断出来るのです。もちろん、誤差はありますので完全ではありませんが、大体でもその道程がどうなっていくのか判断しやすいので非常に便利ですね。

3.長い資産運用の計画に216の法則を使用する

では、3つめに216の法則をご紹介致します。もう数字からおわかりになるかと思いますが、こちらは元本を8倍にするためのおおよその年利や金利を求めるための数式です。72の法則、144の法則と同様に「金利(%)×年数(年)=216」という数式で表します。
流石に8倍となると金利も年数も大きな数字になりますね。そこで注意したいのが、必ず両方を見てから資産運用の手法を決めるという事です。大きな数字になるからこそ両方のバランスをうまく取る事が大切ですね。例えば、手っ取り早く目標の8倍に到達させるためには高金利の金融商品等を利用する事になります。しかし、リターンの大きいものというのはリスクも大きいという事を理解しておくようにしましょう。
逆に、長い目で見た投資の目標を立てるのにも適しています。若い内から大きな目標を立てておくのも資産運用では大切な事なのです。長い目でうまく資産を運用していくためにも、まずは今回紹介した法則を使ってみてくださいね。

4.比較や目標設定のために法則を活用する

今回は3つの法則についてご紹介させて頂きましたが、それぞれにもちろん誤差も出てしまいます。例えば、現在では非常に低金利時代に突入しています。そのため、72ではなく69を用いた方が誤差が低いのです。ちなみに、金利が2%以下の場合には、69を用いた方が誤差が少なくなりますので覚えておきましょう。4%以上になると72の方が良いですね。
では、この3つの法則をどのように活用していけば良いのでしょうか。やはり、どのような投資の手法を用いるかの選択のために使用すると良いですね。実際に、どの手法を選べば良いのか悩んでいる方が圧倒的に多いのです。それらの比較をする際にも有効的に使えるでしょう。また、資産運用に興味がある方というのは、もちろん自分の資産を増やしていきたい方ですよね。そこで、悩んでしまうのがどの手法を使うかという点なのです。迷っているといつまでたっても始められません。効率良く進めるためにも早く始めたいですよね。そこでこれらの法則をうまく活用してみてください。

まとめ

1.会計の父が述べたとされる72の法則を知る
2.中長期資産運用に144の法則を使う
3.長い資産運用の計画に216の法則を使用する
4.比較や目標設定のために法則を活用する

編集後記

今回は資産運用における72の法則、144の法則、216の法則をご紹介させて頂きました。それぞれ2倍、4倍、8倍となっています。基本的には数字部分を入れ替えるだけで簡単に計算出来てしまう数式ですので、是非お役立てください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

資産運用でお金を稼ぐために知っておきたい4つの方法
4.6Overall Score
Reader Rating 3 Votes