資産運用の初心者におすすめ!低額資金で投資を始める5つの方法


資産運用を始めたい!そう考えていても、予算が無ければ…そう思っていませんか?

毎月ほんのわずかな額からでも資産運用を行う事は可能なのです。むしろ、今後はそうした家庭の方が景気の変動や老後に備えて資産運用が大切になってくるのではないでしょうか。そこで今回は予算が少ない方でも始められる資産運用のポイントについてご紹介させて頂きます。

1.生活資金を残しておく

予算が少ないからといって大きな金額を資産運用の方に回してしまうというのはあまり勧められる手段ではありません。いざという時に対応出来るように生活資金を残しておく必要があるのです。例えば、100万円というお金があってそれを資産運用に回す事を考えます。その時に、生活資金はしっかり抑えてあるのでしょうか。毎月収入があったとしても、収入が無くなる事も想定して備えておく必要があるのです。
つまり、予算が少なくても資産運用は可能です。しかし、生活資金はいざという時の為に用意しておく必要があるという事ですね。逆に、毎月の収入に余裕があるのであればそこから少しずつ資産運用に回していったほうが安全ですし無難な方法だと言えます。

2.良い景気だけに騙されず資産運用を始める

基本的に景気が良くなればなるほど資産運用への関心は高まります。しかし、逆にうまみが少ないもしくはリスクを背負ってしまう可能性があるというのはあまり知られてはいないのです。ある一定の値段を付けている場合には、それ以上になる確率というのも低くなります。それだけに高値を狙える確率が少なくなってしまうという事ですね。
逆に、横ばいになっている時はどうでしょうか。長く横ばいになっている時というのは、売買による利益よりも配当による利益の方が確実だと言えます。しかし、そこから値段が上がっていく可能性の方が高いという事であれば売買で利益を出す事も狙えて実際にはお得だという事がわかりますね。
このように、うまく良い状況を見極める事も大切です。どうしても予算が少ないと利益も少なくなってしまいますので、安定した運用を行いつつチャンスに対応出来るようにしましょう。

3.分散して資産運用を行う

投資の基本は分散する事です。そこで、少額での運用の場合はどうなるのでしょうか。少額投資の場合でも、基本的に分散を考える必要があるのです。
例えば、月に3万円をお給料の中から資産運用に回します。そこで、一つの株式に投資した場合はどうなるでしょうか。この場合、非常にリスクが高くなってしまうのです。そこで、わかりやすく1万円ずつ3種類の方法に分散させて資産運用を行ってみてはいかがでしょうか。
2万円を国内へ、1万円を外国株に投資しても良いですし、その割当は個人で考えても良いですね。リスク管理をメインにするのであれば1万円を純金積立へ、1万円を日本の国債へ、1万円を定期預金にするといった方法もありますし、リスクは高くなりますが更に利益を求める方法もありますので、自分好みに分けていきましょう。

4.ハイリスクな資産運用には手を出さない

ついついハイリスクな資産運用に手を出したくなってしまうのは当然の事です。やはり、予算が少ないと少しでも利益を出すためにハイリスクな手段を選びがちなのですが、もしそれでマイナスになってしまったら意味が無いですよね。これは当然の事ではあるのですが、資産を運用するのですから増える事が前提なのです。そこで減ってしまう事が前提になってはいけません。
つまり、資産運用は夢ではなく現実だという事です。確かに少額の予算から大きな金額を稼ぎだした方というのも実際にいらっしゃいますが、時流に乗れた結果でもあります。そう簡単に結果は出ないという事ですね。しかし、それこそが資産運用の本質なのですからそこはしっかり覚えておく必要があるのです。

5.シミュレーションを行う

毎月1万円、3万円という金額だったとしてもしっかりイメージを行う事が大切です。確かに1年そこそこでは利益を出す事は難しいでしょう。しかし、長い目で安定した資産運用を行えば、必ず利益が出るといっても過言ではありません。例えば、国債のようなほぼノーリスクの手法を選ぶという場合もありますね。
自分の中でのモチベーションを保つためにも、こういった金銭的なシミュレーションはしっかり行うようにしましょう。毎月少しずつの金額であっても、いずれは大きな金額になるというイメージを明確に持つ事が大切なのです。
資産運用を行う際には、こうしたモチベーション維持のためのイメージングも非常に重要です。逆に、毎月自分が行っている手法はどのくらいの利益を生み出すのかという事だけではなく、リスクに対してしっかり対応出来るのかなど、さまざまな観点からシミュレーションを行いましょう。

まとめ

1.生活資金を残しておく
2.良い景気だけに騙されず資産運用を始める
3.分散して資産運用を行う
4.ハイリスクな資産運用には手を出さない
5.シミュレーションを行う

編集後記

今回は、予算が少なくても資産運用を行う際のポイントについてご紹介させて頂きました。予算が少ないとなかなか利益は出ませんね。しかし、だからといってハイリスクな手法に手を出してしまうと元も子もない状態になってしまうのです。基本的には長期投資をベースに、景気の変動によるチャンスに乗れるような形にポートフォリオを作っていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!