fx投資の初心者に覚えて欲しいこと「想定外の借金を背負う前に」

shutterstock_234790162

fx投資は、今、一番人気のある投資方法といっても過言ではありません。

ブームに乗って、初心者でも気軽にfxを行えるようになってきました。
そんなfx投資の初心者には、知っておいて欲しいことがあるので、説明していこうと思います。

1.fxは外貨を取引するためのものである

そもそも、fx投資とは、外貨を取引する行為のことを指しているので、株取引ではないことを初心者には知っておいて欲しいのです。
fxとは、日本語に直すと、外国為替証拠金取引といいます。
つまり、2国間の通貨を利用して、利益を生むための投資方法です。
fxを行う市場は、「東京外国為替市場」といわれています。
一度は耳にしたことがある人も多いと思いますが、「東京外国為替市場」はバーチャルな市場であり、世界三大為替市場でもあるのです。
この為替市場は、ニューヨークやロンドン、オセアニアと繋がっていて、24時間どこかの市場が稼動しています。
そのため、fx初心者の人に教えることは、「fxは24時間、いつでも通貨の取引が出来る投資」であるということです。

2.fx投資とは、利益と損失が生まれるものである

fxは誰でもが勝てるものではありませんから、初心者の人が安易にfxを始めようとすると、投資に失敗してしまうかもしれません。
そもそも、投資であるfxに「必ず勝てる」というのは存在しないのです。
チャートなどを理解して、自分なりに損を出さない計画が立てられれば良いですが、目先の大金に目がくらんでしまうfx初心者は、いつか損をしてしまうのです。
投資なので、利益を得るときもあれば、損をするときもあります。
その中で大切なのは、どれだけ損失を小さく出来るのか、どれだけ損害をカバーできるのか、ということです。
fxは誰でも出来る投資として有名になりましたが、初心者でも必ず勝てるものではないということを覚えておいてください。

3.fx初心者は税金を忘れそうになる

fx投資を始めたばかりの初心者によくありがちなのが、「税金を忘れていた」という点です。
fxにも税金はかかりますので、自分で確定申告をして支払うことが必要になってきます。
この税金を払わないと、脱税とみなされて、莫大な金額を持っていかれてしまうことになります。
そうならないためにも、fxで稼いだときには、しっかり確定申告をしましょう。
fxは累進課税の対象なので、稼いだら稼いだ分だけ、税金が上がってきます。
そのための対策としては、節税をすることです。
fxの税金には、必要経費が認められているので、手数料やプロバイダ料などの一部を経費にしてしまえば、税金対策をすることができます。
fx投資始めたばかりの初心者は、fxにも税金がかかることを忘れないようにしましょう。

4.fx投資初心者は、レバレッジをかけないようにする

fx投資で一番怖いのは、口座残高がマイナスになってしまうことですが、初心者はその原理をあまり知ってはいないのです。
fxは、少額のお金があれば投資をすることができるので、非常に窓口が広くなっています。
少額のお金を保証金として、レバレッジと呼ばれるものを掛けることで、手持ちのお金以上の金額の取引をすることが出来るのです。
例えば「手持ちが1万円」だったとしても、「レバレッジを100倍」にすれば、100万円の投資をすることができます。
とはいえ、レバレッジを掛けていて、投資が失敗した場合、自分の口座残高がマイナスになってしまい、借金を背負うことになるのです。
そうならないためにも、fx投資初心者は、レバレッジを掛けないで投資を行うようにしましょう。

5.投資初心者は、まずスワップポイントから始める

fx投資を始めたばかりの初心者には、スワップポイントを知っていて欲しいと思います。
スワップポイントとは、「金利差」のことです。
通常、fxでは2国間の通貨を売買して、その差が儲けや損失になります。
スワップポイントとは「低金利の通貨を売って」「高金利の通貨を買った」ときに受け取ることが出来る金利差のことをさしています。
例えば、日本円は金利が低いので、日本円を売って、金利の高い豪ドルを買えば、その差額をもらうことができるのです。
このような運用方法は、「スワップ運用」と呼ばれていますが、fxを始めたばかりの初心者には、リスクの少ない投資になるといえるでしょう。

6.fx投資では、損失を限定する

fx投資の初心者に多いのは、相場の読みが外れてしまって、自己資金がなくなりかけるような人です。
損失をどれだけ小さくすることができるかどうかというのは、fxで勝つためには必要な知識でもあります。
fxには、ロスカットという仕組みがあります。
ロスカットとは、投資家自身が決める「どこまでの損失で納めるか」という基準です。
ロスカットの基準を決めておけば、それに従うことで損失を小さくして、次のトレードに移ることができます。
いつまでも負け続けていては、自己資金がなくなってしまって、fxを続けられない事態になってしまうからです。
fx投資初心者に覚えておいてほしいのは「含み損が5%になってしまったら損切りをするようにする」ということなのです。

7.fx投資初心者は、きちんとリスクを理解する

fxは確実に勝てるものでも、絶対に負けるものでもないことは、投資初心者でも分かると思います。
投資には、いつでもリスクが付きまといます。
どれだけチャートを勉強していても、見誤って、トレンドが反してしまうこともあるのです。
そういったリスクを承知の上で、自分の資金の中で、上手くfx投資をしていくことが求められます。
fxを行うときには、「もし損失を出してしまったら」ということを、常に考えておいてください。
すぐにロスカットをすれば、最小限の損切りで済むのですから、一瞬の決断が大切になってきます。
fx投資初心者であれば、常に「最悪の事態」を想定して、取引を行うことが大切なのです。

まとめ

1.fxとは外貨を取引するためのものである
2.fx投資とは、利益と損失が生まれるものである
3.fx初心者は税金を忘れそうになる
4.fx投資初心者は、レバレッジをかけないようにする
5.投資初心者は、まず、スワップポイントから始める
6.fx投資では、損失を限定する
7.fx投資初心者は、きちんとリスクを理解する

編集後記

fxは誰でも始められる簡単な投資というイメージがあるので、初心者が手を出しやすくなっています。
でも、どんな投資にも必ずリスクはあるので、そこをしっかり理解していないと、想定外の借金を背負うことになるのです。
初心者がfx投資を始めるときには、きちんとリスクを理解して、損失を最小限に抑える努力をしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

fx投資の初心者に覚えて欲しいこと「想定外の借金を背負う前に」
3.0Overall Score
Reader Rating 0 Votes