株式投資で資産運用を始めよう!初心者が覚えておきたい5つの取引方法

shutterstock_264401531

株の購入方法

ただ株を購入するといっても1つの方法ではなく、5つという種類があります。これから始めようという場合ではどれを選べば良いのか悩んでしまいますよね。そこで今回はメリットやデメリットについてもご紹介させて頂きますね。

1.基本的な資産運用は現物株取引で行う

まず現物株取引についてご紹介させて頂きます。これが皆さんが一般的に考える株の取引の事ですね。自分の資金、つまり自己資金を用いて株式投資を行っていくスタイルです。
ではメリットやデメリットがあるのかといいますと株式投資ですのでリスクはありますがこの方法自体にはメリットもデメリットも存在しません。そのため初心者の方であればまずはこの現物株取引をおすすめ致します。もちろん予算等の関係で選べないという方もいらっしゃるかと思いますが、一部手数料が割高になってしまう方法もありますね。まずはミニ株などで流れを掴んで、その後現物株取引でメインの株式投資を始めるという流れが妥当かと思います。

2.信用取引はリターンとリスクの両方が大きくなる

次にご紹介させて頂くのは信用取引です。資産運用というよりもギャンブル的な楽しみがあるとされる事もありますね。
信用取引の特徴としては、証券会社からお金や株券を借りて取引が出来るという点があります。つまり、実際に所有していなくても大丈夫だという事ですね。しかし、そこにももちろん制限があります。証券会社に保証金となる委託証拠金というお金を預けなければならないのです。現在は大体ですが委託証拠金の3倍程度の金額を取引できるようになっています。
少額でもその3倍の金額を取引出来る事で大きな利益を掴む事も出来るのですが、それだけにリスクも当然大きくなるという事を理解しておかなければならないのです。これは株式投資に限った事ではないのですが、資産運用においてリターンの高いものはそれだけリスクが高いという事を覚えておきましょう。

3.株式ミニ投資は少額から資産運用が可能になる

次は株式ミニ投資をご紹介させて頂きます。その名の通り1/10という単位で取引が行えるというのが特徴ですね。一時期はよく主婦向け雑誌でも特集が組まれていました。資産運用を始めたばかりという方にも始めやすく人気が高いですね。大きなお金を投資に使うのは怖いという方や、現物株取引を始める前にどんな感じなのか体験してみたいという方が主に利用している事が多いです。
しかし証券会社によっては取引出来る銘柄というのも異なりますし、現物株取引に比べると手数料が割高になってしまいます。少額でも投資が出来るというのは大きなメリットではあるのですが、そのあたりのバランスが難しい点でもありますね。そこで次にご説明させて頂く単元未満株取引に最近は人気が流れていっている傾向があります。

4.単元未満株取引では少額で資産運用が行えるので初心者にはおすすめである

次にご紹介させて頂くのは単元未満株取引です。株式ミニ投資と似ていますが、それよりも更に小さな単位で取引を行えるという事が最大の特徴ですね。そのため最近では株式ミニ投資からこちらの単元未満株取引に移ってくる方が多く非常に人気を集めています。
株式ミニ投資の場合、単元株数が500株の会社であれば50株ですが単元未満株取引では5株から取引が可能となりますので更に少額でも株式投資が出来るようになりますね。また、証券会社間で移管する事が可能というのもメリットとしては非常に大きいです。
では、デメリットの面を考えてみましょう。確かに手数料などの問題はあるのですが、株式ミニ投資よりも更に少額で投資が出来るのですから非常に優れた方法だと思えますよね。しかし、この単元未満株取引はまだまだ扱っている証券会社が限られているのです。そこが今はまだ難点といえるでしょう。

5.株式累積投資は毎月積立を行う

最後に株式累積投資をご紹介させて頂きます。特に中長期で資産運用を考えている方に人気のある方法ですね。これはいわゆる積立投資の方法を採用しています。毎月1万円以上から特定の銘柄を購入して積み立てていくのです。貯蓄型商品と似たようなイメージがありますよね。
しかし、現在この株式累積投資で投資出来る銘柄というのは自分で好きに選べるというわけではなく、証券会社側で選んだもののみとなっています。そのため、自分の好きな銘柄でやるというのであれば、こうした方法を取らずに自分で毎月購入していくという形になってしまいます。更に株式累積投資では手数料の面でも現物株取引に比べると若干割高になってしまいますので、自分の好きな銘柄があるという方であれば選ばなくても良い方法ともいえます。

まとめ

1.基本的な資産運用は現物株取引で行う
2.信用取引はリターンとリスクの両方が大きくなる
3.株式ミニ投資は少額から資産運用が可能になる
4.単元未満株取引では少額で資産運用が行えるので初心者にはおすすめである
5.株式累積投資は毎月積立を行う

編集後記

今回は資産運用における株式投資の中でも特に購入の種類によってご説明させて頂きました。現物株取引、信用取引、株式ミニ投資、単元未満株取引、株式累積投資の5つの種類がありますが、皆様はどれをお選びになるのでしょうか。それぞれ特徴もありますし、どの方法が合っているかはやはり個人差がありますので、是非自分に合った方法を選んでみてください。当サイトもそのお役に立てれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

株式投資で資産運用を始めよう!初心者が覚えておきたい5つの取引方法
2.6Overall Score
Reader Rating 0 Votes