ローソク足で見る売買のチャートパターン7選

shutterstock_281229182

ローソク足にはいくつかのチャートパターンがあり、それを基準に売買をしていくことが出来ます。

パターンを覚えておくだけなので、初心者でもすぐに活用することが出来るのです。
では、ローソク足で売買の基準になるチャートパターンを紹介していこうと思います。

1.まずはローソク足の基本の形を知る

まずは、ローソク足の基本のパターンを知ることから始めましょう。
ローソク足は「始値」「終値」「高値」「安値」の4本値で構成されています。
陰線と陽線が「始値」と「終値」を表し、上ヒゲと下ヒゲで「高値」と「安値」を表しています。
ローソク足の基本パターンは、この4つから構成されていくのです。
胴体の長いローソク足は「大陽線」「大陰線」と呼ばれ、大底や大天井を確認することができる典型的なパターンです。
胴体の小さいローソク足は「小陽線」「小陰線」と呼ばれていて、上昇や下落をしたけれど動きは小さいことを表しています。
下ヒゲが長いときには、陽線なら更なる上昇を暗示し、陰線なら相場の反転の可能性があります。
上ヒゲが長いときには、陽線なら上昇が止まる可能性があり、陰線なら下降する可能性があることを示唆しています。
ローソク足の基本パターンは、それだけでも売買のシグナルになるので覚えておきましょう。

2.天井圏で出現しやすいローソク足のパターンは「ヘッド&ショルダー」である

株価が天井圏であるときのローソク足のパターンとして有名なのは、「ベッド&ショルダー」と呼ばれる形です。
「ヘッド&ショルダー」では、高値をつけた後、一度安値に下がって再び上昇します。
そして次の高値は、最初の高値よりも高い位置になります。
2度目に下がって安値をつけても、最初の安値より高いところで反転します。
3度目の上昇では、2度目の高値を抜けずに下がってしまうという特徴があります。
この形は、人間の「左肩・頭・右肩」のように見えることから「ヘッド&ショルダー」と呼ばれているのです。
このローソク足のパターンは天井圏でよく見られるものなので、その後は下落する可能性が高いと言われています。

3.天井圏では「ダブルトップ」のチャートパターンが出やすくなる

ローソク足のチャートパターンでは「ダブル・トップ」と呼ばれるものもあり、これも天井圏でよく見られるものです。
同じような高さの山を2つ描いてから下落していくというパターンになります。
2つの山の間の谷(安値)を超える程度の下落を見せると売りのシグナルとなります。
チャートパターンでは、安値をつけた点を結んだラインをネックラインと呼びます。
ネックラインを超えて値下がりしていくときには、売りのサインと見てもいいのです。
ですが、山が2つだからという理由で必ずしも天井圏であると言い切ることはできません。
このチャートパターンの場合には、いくつかの山を作ったときに出来たネックラインを超えて下落していくラインを描くことで、初めてローソク足のパターンが完成するのです。

4.ローソク足が天井圏に入ると「ソーサートップ」という形になる

ローソク足では、天井圏のチャートパターンとして、「ソーサー・トップ」と呼ばれるものもあります。
お皿をひっくり返したような形なので、このような名前が付いています。
高値圏で小さな上下を繰り返していて、その間に天井圏が形成されるパターンになります。
このパターンではトレンドの反転を知ることができます。
高値圏での小さな値動きがあった場合には、この状態から下に抜け出したところがトレンドの反転になります。
高値圏での反転なので、下落の傾向にあると考えてもいいでしょう。
なので、ネックラインを超えて下落していくのであれば、売りのシグナルと見てもいいローソク足のパターンです。

5.底値圏のローソク足では「逆ヘッド&ショルダー」というパターンになる

底値圏でのローソク足のパターンとして有名なのは、「逆ヘッド&ショルダー」です。
安値をつけた後に上昇して再び下落をし、その後、最初の安値よりも低い位置で安値をつけます。
さらにもう1回上昇して、下落し3度目の安値をつけますが、3度目の安値は2度目の安値より高い位置になります。
この場合、2回上昇したときの点を結んだラインがネックラインになるので、3度目の安値のあとにネックラインを超えていく場合には、その後は上昇傾向にあると見て買いシグナルになります。
天井圏の「ヘッド&ショルダー」を逆にしたような形ですが、底値圏であるためにこれから上昇していくトレンドであると判断する材料になります。
底値圏でのローソク足のチャートパターンでは、上昇傾向を読み取ることが大切になるのです。

6.もみ合い状態のときのパターンではトレンドの継続か反転を知ることが出来る

ローソク足のチャートパターンには、「もみ合い状態」のときがあります。
これは、一時的にでも上にも行かず、下にも行かない状態が続くことです。
この状態のときには、トレンドが一旦停止していると思ってもいいのですが、いずれ、「上に抜ける」か「下に抜ける」という動きで、もみ合い状態が終わりになります。
それまでのチャートパターンが上昇トレンドだった場合、上に抜けるとトレンドが再開する可能性があり、下に抜けると反転の可能性があります。
下降トレンドの場合には、上に抜けるとトレンドの反転、下に抜けるとトレンドの再開の可能性となります。
トレンドが継続するのか、反転するのかの予測が出来るチャートパターンなので、ローソク足のもみ合いには十分に注目しておきましょう。

7.ローソク足は3つのパターンからトレンドを見極める

ローソク足のパターンは、有名なものをいくつか覚えておくといいでしょう。
天井圏でのパターン、底値圏でのパターン、もみ合い状態のパターンの3つは必ず覚えておくことです。
ローソク足というのは、トレンドの流れを知るためにとても重要な役割をしています。
なので、トレンドの反転を知ったり、売買のシグナルを判断する基準になります。
トレンドの反転も、売買のシグナルも、ローソク足のパターンを知らないとわからないことです。
いくつかのパターンを覚えておくと、それだけでもチャートを見ていく上で重要なポイントを見逃さないことに繋がっていくのです。
ローソク足のパターンをしっかり覚えておくことは、それだけでも十分に勝てる要因を作ることになります。

まとめ

1.まずはローソク足の基本の形を知る
2.天井圏で出現しやすいローソク足のパターンは「ヘッド&ショルダー」である
3.天井圏では「ダブルトップ」のチャートパターンが出やすくなる
4.ローソク足が天井圏に入ると「ソーサートップ」という形になる
5.底値圏のローソク足では「逆ヘッド&ショルダー」というパターンになる
6.もみ合い状態のときのパターンではトレンドの継続か反転を知ることが出来る
7.ローソク足は3つのパターンからトレンドを見極める

編集後記

ローソク足のチャートパターンをいくつか紹介しました。
紹介した以外にも、重要なポイントになるパターンはいくつかあるので、覚えておくといいでしょう。
ローソク足のパターンを知ることは、トレンドの流れや売買シグナルを判断する重要な基準になるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ローソク足で見る売買のチャートパターン7選
2.8Overall Score
Reader Rating 0 Votes