macdの分かりやすい5つの使い方

shutterstock_267021026

macdはfxなどにおけるテクニカル指標ですが、使い方は他のテクニカル指標と比べてとても簡単です。

なので、初心者でも簡単に使いこなすことが出来るようになっています。
では、macdの分かりやすい使い方について、紹介していきます。

1.macdには指数平滑移動平均が使われていることを理解する

まず、macdの使い方を知る前に、macdについて理解していきましょう。
macdとは移動平均拡散収束手法と呼ばれていて、移動平均線を基にしたテクニカルツールになっています。

macdのグラフを簡単に言うと、移動平均線をベースにした2本のラインの乖離を表示したテクニカル指標と言うことが出来ます。
シグナルの発生が早く、精度も高いことから、多くのトレーダーに人気があります。

macdは計算によってグラフを出していきますが、その計算に使われるのは「指数平滑移動平均」です。
指数平滑移動平均は、過去の値動きよりも現在の相場に近い値動きを重視する計算方法です。

なので、現在の相場に対しての反応がリアルタイムに反映されています。
これによって、macdの早いシグナルが実現できているのです。

macdを利用するときには、まず、このことを覚えておく必要があります。
それでは、実際にmacdの使い方について見ていきましょう。

2.macdとシグナルのラインを理解して売買のタイミングを計るための使い方を知る

macdの使い方で一番簡単なのは、2本のラインで売買のタイミングを計ることです。
macdには、macdとシグナルという2本のラインがあります。

これは、指数平滑移動平均から割り出したもので、現在の相場がどうなっているのかを判断する基準になります。
相場の判断ができれば売買のタイミングにもなるので、macdを利用するときには、この2本のラインに注目しましょう。

まず「macdのラインがシグナルのラインを下から上につき抜けた」ときには、買いのサインになります。
これはゴールデンクロスと呼ばれるものです。

逆に「macdのラインがシグナルのラインを上から下につき抜けた」ときには、売りのサインになります。
こちらはデットクロスと呼ばれるものです。

この2つのクロスから、売買のシグナルを知っていくことができるのです。

macdの基本的な使い方は、この2つのクロスを見ていくことになるので、ゴールデンクロスとデットクロスについてはしっかり覚えておきましょう。

3.分かりやすい使い方は、0ラインを基準にしてタイミングを計る

macdを使うときには、0ラインを基準にする使い方もあります。
macdではゴールデンクロスやデットクロスだけでも、十分な信頼性のある指標だということが出来ます。

移動平均線のゴールデンクロスなどと比べても、macdで表示されるゴールデンクロスやデットクロスは先に発生するので、とても重要な指標になるのです。
さらに、そのゴールデンクロスやデットクロスの信頼性を高くしたいのであれば、macdの0ラインにも注目をしましょう。

ゴールデンクロスがあったあとで、macd・シグナルのラインが0ラインを下から上につき抜けている場合には、macdのゴールデンクロスの正確性を上げるものと考えられています。

なので、クロスがあったあとに買い取引をしたら、しばらくそのままにしておくべき、というサインになるのです。
逆に、デットクロスのあとでmacd・シグナルのラインが0ラインを上から下に突き抜けていたら、デットクロスの正確性を上げるものになります。

どちらの場合でも、macdの0ラインを超えたらしばらくホールドをするように、というサインだと思うようにすると、賢い使い方をしているといえるでしょう。

4.macdの使い方ではトレンドの流れを見ていくことが大切になる

macdの使い方次第では、トレンドの流れを知ることもできます。
macdはmacdとシグナルの2本のラインで相場をみていくことになります。

一般的にはゴールデンクロスやデットクロスでトレードをしていくことになりますが、もう1つの使い方としては、0ラインを中心にしてチャートを見ていくという方法があります。

この場合、0ラインより上であれば買いトレンド、下であれば売りトレンドになります。
トレンドの判断というのは、チャートを見ていく上でとても重要なポイントです。

「トレンドの波に乗ること」がfxや株では大切になることなので、現在、チャートはどうなっているのかを知るためにも、0ラインというのはとても重要になってきます。

なので、ゴールデンクロスやデットクロスといったシグナルだけを見るよりは、0ラインにも注目していったほうが、より確実な売買を行うことができるのです。

macdヒストグラムでも同じようにトレンド判断をすることが出来るので、macdを使うときには、0ラインにも注目する使い方をしましょう。

5.macdを使うならダイバージェンスを理解して利益を上げる

使い方は色々あるmacdですが、上級シグナルを知っておくと、よりmacdを使いこなすことができます。
macdでは上級シグナルとして、ダイバージェンスというものがあります。

これは、オシレーター系特有のシグナルといわれています。
「逆行現象」とも呼ばれていて、価格が下降しているのにmacdは上昇していたり、価格が上昇しているのにmacdは下降している状態のことを表しています。

ダイバージェンスは相場の転換を示唆するものなので、この後相場がどうやって動いていくかの判断基準になってくるのです。
macdのラインでもダイバージェンスを判断することは出来ますが、ヒストグラムでもダイバージェンスを見つけることが出来ます。

価格が上がっていてもヒストグラムが下がっていって0ラインを超えたりすれば、それはダイバージェンスが発生しているということになるのです。
ダイバージェンスを見つけることは、相場全体を見ることにも繋がるので、macdの使い方の中では重要なシグナルになっています。

まとめ

1.macdには指数平滑移動平均が使われていることを理解する
2.macdとシグナルのラインを理解して売買のタイミングを計るための使い方を知る
3.分かりやすい使い方は、0ラインを基準にしてタイミングを計る
4.macdの使い方ではトレンドの流れを見ていくことが大切になる
5.macdを使うならダイバージェンスを理解して利益を上げる

編集後記

macdの使い方は、とてもシンプルです。

2つのクロスで売買のシグナルを見つけてもいいですし、ヒストグラムを利用してもシグナルを見つけることが出来ます。

macdの使い方は簡単なので、始めたばかりの初心者でも、すぐに使いこなすことができるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

macdの分かりやすい5つの使い方
Reader Rating 1 Vote