FXをやるなら知っておきたい移動平均線の見方と使い方

shutterstock_263354951

移動平均線は、FXを行う上でとても大切な指標の1つになるので、見方と使い方を覚えておくと、とても役に立ちます。

移動平均線の見方や使い方を知って、FXに役立ててみると、勝てる確立が上がるかもしれません。

1.そもそも、移動平均線とはトレンド系投資指標の1つである

移動平均線の見方や使い方を知る前に、そもそも移動平均線とは何かについて、説明していきます。
移動平均線は、統計学の移動平均法を株などの価格に基調導入したものが元になっています。

現在では、FXや株などのトレンド系投資指標として、広く知られている基本的な指標です。
移動平均線は、一定期間の価格を毎日割り出してグラフ化したものです。

例えば、30日間の移動平均線を出すなら、直近の30日の終値を合計し、30で割ったものが1日目の移動平均になります。

2日目以降も、順番に前日までの合計値に新しい終値を加えると同時に、30日前の終値を除外して30で割っていきます。
このように毎日の平均を求めていき、それをグラフに表したものが、移動平均線なのです。

移動平均線は、FXのようなトレンド系投資には必ず必要な知識なので、見方や使い方を覚えておくようにすると良いでしょう。

2.移動平均線の見方と使い方では、位置関係が大切になる

さて、いよいよ移動平均線の見方と使い方について説明していこうと思います。
移動平均線を見るときには、その位置関係が大切になってきます。

まず、FXの場合には、その通貨の価格が移動平均線の上にあるか、下にあるかに注目しましょう。

一般的には、移動平均線よりも価格が上にあるなら「強気」であり、下にあるなら「弱気」の局面といわれています。
そして、移動平均線の向きにも注目してください。

移動平均線が上昇中の場合には「強気」で、横ばいであれば「小動き」の局面、下降中には「弱気」な局面と考えられます。

この2つの動きと位置に注目してチャートを見てみると、移動平均線が上昇中の時には、移動平均線が下げ止まりの転換点として機能しています。
逆の場合には、上げの抵抗線として機能している場合が多く見られます。

このように、移動平均線と価格の位置関係には、大きな繋がりがあるのです。
移動平均線の見方では、その位置関係に注目しましょう。

3.移動平均線の使い方では、売買のシグナルが分かる

移動平均線は、価格の動きの平均なので、売買のシグナルとしても使う事ができます。

まず、移動平均線を基にした買いの局面ですが、移動平均線が下降のあと、横ばいか上昇しているときに価格が移動平均線を突き抜けた場合には、重要な買いの局面になります。

また、移動平均線が下降中であっても、価格が以上にかけ離れて下落した場合には、短期の買い時であるといわれています。
売りの局面では、移動平均線が上昇後、横ばいか下降しているときに、価格が平均線を下回った場合には、重要な売りの局面になります。

下降中の兵金銭の下落を食い止め得ないのは、売り戻りのサインになります。
このほかにもいくつかのシグナルが、移動平均線には存在します。

なので、そのシグナルを見逃すことなく、チャートを見ていると、売買のポイントはよく分かってくると思います。
売買のポイントは8つほどあるので、それを基にして移動平均線を見たり、使ったりしてみてください。

4.移動平均線を見るときには、期間設定に気をつける

移動平均線を使うときには、期間設定の長さにも注目してみましょう。
まず、移動平均線の期間設定は、短いほど実際の価格の動きに近くなっています。

逆に設定期間が長いほど、動きはなだらかになって長期的な動きの見極めになります。

期間を短くするメリットとしては、トレンドが抽出できるので、素早い儲けに繋がりますが、「だまし」が多くなってきてしまうというデメリットもあります。

長期的な移動平均線のメリットというのは、長期的なトレンドが見えてきて、「だまし」が少なくなるというメリットがあります。
一方で、変化が緩やかなので、認識の遅れに繋がる可能性もあるのです。

このように、移動平均線の期間の取り方によって、メリットやデメリットが異なってきます。

なので、FXで移動平均線を利用するためには、複数の移動平均線の動きを見ておくことが大切になってくるのです。
ですから、移動平均線の使い方としては、麩空の平均線を観察する事が大切になってきます。

5.ゴールデンクロスとデットクロスを使って、移動平均線を見る

移動平均線の見方と使い方では、ゴールデンクロスとデットクロスを見ることも大切になってきます。
まず、この2つについて説明します。

「ゴールデンクロス」とは、短期の移動平均線が中期や長期の移動平均線を、または、中期的な移動平均線が長期的な移動平均線を下からうえに突き上げる動き方をして交差する事をいいます。

逆に、短期的な移動平均線や中期的な移動平均線が、中期的または長期的な移動平均線を上から下に突き抜ける動きで交差することを「デットクロス」といいます。

先ほども説明した通りに、移動平均線は、複数のものを組み合わせてみていく必要があります。

「ゴールデンクロス」は下降していた価格が上向きになるシグナルとして、「デットクロスは」上昇していた価格が下向きに転じ他ことを知るためのしぐなるになります。

どちらのシグナルも、価格の実際の動きには、やや遅れ気味になってしまう事を踏まえて、移動平均線の使い方を知っていってください

まとめ

1.そもそも、移動平均線とはトレンド系投資指標の1つである
2.移動平均線の見方と使い方では、位置関係が大切になる
3.移動平均線の使い方では、売買のシグナルが分かる
4.移動平均線を見るときには、期間設定に気をつける
5.ゴールデンクロスとデットクロスを使って、移動平均線を見る

編集後記

FXで移動平均線を使うときには、見方と使い方をしっかりと知っておく必要があります。
移動平均線は、複数を利用していくとより精度が上がります。
移動平均線を上手く利用して、FXチャートを攻略してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

FXをやるなら知っておきたい移動平均線の見方と使い方
Reader Rating 1 Vote