macdを株式投資で使うときの5つのポイント

shutterstock_282680441

株式投資を行っている人の中には、テクニカル指標としてmacdを使っている人もたくさんいます。

macdは信頼性が高く、確実な結果に繋がるテクニカル指標として人気があります。
では、株でmacdを利用するときのポイントについて紹介したいと思います。

1.macdはオシレータ系、トレンド系のテクニカル指標である

株の流れを知るためのテクニカル指標であるmacdは、オシレータ系指標でもあり、トレンド系の指標でもあります。

オシレータ系指標というのは、「買われすぎ、売られすぎ」を判断するための、逆張りに向いている指標です。

一方、トレンド系指標というのは、相場の流れ(トレンド)に乗るための、順張りに向いている指標のことを指します。

macdは逆張り、順張りのどちらにも使うことができ、また、初心者でもシグナルが分かりやすいことから人気を集めているのです。
macdは移動平均線を基準として、macdとシグナルの2本のラインから、売買のシグナルを見ていくことになります。

売買のサインがあったときに合わせてエントリーとエグジットを繰り返すことで、収益を上げていくのです。
他のテクニカル指標と比べてダマシが少なく、信頼性の高いテクニカル指標と言われています。

その中でも弱点はあるので、株でmacdを利用している人のほとんどは、複数のテクニカル指標と合わせてmacdを利用しています。

2.株でmacdを利用するなら、クロスに注目する

株でmacdを利用するとき、売買のシグナルを見つけたいのであれば、クロスに注目をしましょう。
macdには、macdとシグナルという2つのラインがあります。

この2つのラインを元に、相場のトレンドを判断し、売買のシグナルを探していくのです。
まず、買いのサインから紹介します。

「macdがシグナルのラインを下から上につき抜けたとき」には、ゴールデンクロスと呼ばれる買いのサインになります。
また「macdがシグナル上で反発したとき」にも買いのサインになります。

次に、売りのサインを紹介します。
「macdがシグナルのラインを上から下につき抜けたとき」には、デットクロスと呼ばれる売りのサインになります。

また「macdがシグナル上で反落したとき」も売りのサインです。
macdを利用するのであれば、これらの売買のサインは必ず覚えておくといいでしょう。

株でmacdを利用している人の中には、このサインに合わせて売買を行う人も多いので、トレンドに乗ることができるのです。

3.0ラインに注目するとmacdを有効に利用できる

macdを株式投資に利用するときには、売買のシグナルだけではなく、0ラインにも注目をしていきます。

macdには0ラインというものが存在します。
0ラインを基準にチャートを見ていくと、トレンドを捉えることができます。

macdの値が0ラインよりも上のある状態のときには相場が強い状態、0ラインよりも下にあれば相場が弱い状態を表しています。

macdがシグナルの上にあって、macdとシグナルのラインが平行に近い状態で上向きであれば上昇トレンドとして判断することが出来ます。

逆に、macdとシグナルのラインが平行に下向きであれば、下降トレンドと判断していいでしょう。
この2つのラインの向きが急であるほど、そのトレンドの強さを表しているということもできます。

0ラインを基準にすると、相場全体の流れやトレンドを知ることが出来ます。
株のトレードなどを行うときにはトレンドに乗ることが大切です。

株でmacdを利用するのであれば、0ラインにも注目してトレンドを見つけていきましょう。

4.株トレンドの流れを見つけることが出来る

株のテクニカル指標として使われるmacdはトレンド系指標ともいわれています。
なので、トレンド判断をしていくのにとても有効なのです。

株に限らず、fxなどのトレードでは「相場の流れ(トレンド)」がとても重要になってきます。
株のトレンドというのは、継続しやすいものです。

なので、トレンドに乗ることが出来れば、しっかり利益を上げることが出来るのです。
macdには分かりやすいシグナルとして、ゴールデンクロスやデットクロスといったサインがあります。

この基本を押さえるだけでも、トレンド認識ができるようになっていきます。
また、macdは少々遅効性の指標ともいわれています。

他の指標と比べてみると、クロスの出るタイミングが遅いのです。

その分、信頼性は高いものになっているので、確実にトレンドに乗ってトレードをしていくことができるようになります。
macdを株で使う場合には、トレンド認識をしっかりして、相場の流れに乗ることが大切なのです。

5.株式投資でmacdを使うなら、他の指標と合わせて使う

株でmacdを利用するときには、「ダマシ」に注意をしなければいけません。

一見万能に見えるmacdですが、実は弱点もあります。
macdはサインが出るタイミングが僅かに遅いのです。

なので、急激な相場の変化や、少しの範囲内で行ったりきたりしているようなボックス相場では、macdはもろくなってしまうのです。
つまり、「ダマシ」が多くなってしまうということです。

ダマシがあると、買いのサインだと思って株を買っても、すぐに価格が下がり始めてしまったり、ということがあります。

これでは損をしてしまうばかりなので、macdの弱点を補うようなテクニカルツールと組み合わせて使っていくのが一番良い方法なのではないでしょうか。

macdはトレンド系指標であるという人も多いので、オシレータ系指標であるRSIなどと組み合わせてみるといいかもしれません。

複数のテクニカル指標を組み合わせることで、より精度の高いトレードをすることができます。

株でmacdを利用するなら、macdのみではなく、複数の指標を利用してみてください。

まとめ

1.macdはオシレータ系、トレンド系のテクニカル指標である
2.株でmacdを利用するなら、クロスに注目する
3.0ラインに注目するとmacdを有効に利用できる
4.株トレンドの流れを見つけることが出来る
5.株式投資でmacdを使うなら、他の指標と合わせて使う

編集後記

株トレードの中で、トレンドに乗ることはとても重要なので、macdは大変重宝するテクニカル指標です。
ですが、頼りすぎてしまえば弱点によって損をしてしまうこともあります。

株でmacdを使うなら、弱点を補えるようなテクニカル指標も一緒に利用することをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

macdを株式投資で使うときの5つのポイント
Reader Rating 1 Vote